menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ベルファスト』ケネス・ブラナーの自伝的作品、愛すべき故郷&少年の成長を描いた人生賛歌

ケネス・ブラナーの自伝的映画『ベルファスト』が、2022年3月25日(金)に公開される。製作・監督・脚本はケネス・ブラナー。第94回アカデミー賞第79回ゴールデングローブ賞では脚本賞を受賞した。

ケネス・ブラナーの自伝的映画『ベルファスト』

『ベルファスト』場面カット|写真1

映画『ベルファスト』は、『ダンケルク』『TENET テネット』などに出演し、『シンデレラ』『オリエント急行殺人事件』『ナイル殺人事件』では監督も務めるケネス・ブラナーの自伝的作品。俳優・監督・演出家として映画や舞台の最前線で活躍し続けるケネス・ブラナーが、自身の手で、故郷へのリスペクトや人間の気高さを描いた。

ケネス・ブラナーは、映画『ベルファスト』について「とてもパーソナルな作品だ。私が愛した場所、愛した人たちの物語だ。」とコメントしている。

第94回アカデミー賞で脚本賞&7部門にノミネート

『ベルファスト』場面カット|写真2

映画『ベルファスト』は、第94回アカデミー賞にて作品賞、監督賞、脚本賞、録音賞、キアラン・ハインズが助演男優賞、ジュディ・デンチが助演女優賞、ヴァン・モリソンによる楽曲「DOWN TO JOY」が主題歌賞と全7部門にノミネート。見事、ケネス・ブラナーが脚本賞に輝いた。

なお、第46回トロント国際映画祭では最高賞にあたる観客賞を受賞、第27回放送批評界協会賞では最多11部門ノミネート、第79回ゴールデングローブ賞では脚本賞を受賞している。

故郷へリスペクト&ひとりの少年の成長を描く

物語は、北アイルランド・ベルファスト出身のケネス・ブラナーが、9歳の少年バディの目線を通して、自身の幼少期を描いたもの。愛と笑顔と興奮に満ちた日常と、激動の時代に翻弄され様変わりしていく故郷ベルファストを、モノクロ映像で克明に映し出す。

困難な状況にありながら、未熟な殻を破り、大人へと転換していくひとりの少年の成長と、その家族の力強い生きざまにも注目。変わりゆく故郷、移りゆく時代の中にあっても、変わることのない人間の気高さや生命力を描いた人生賛歌だ。

登場人物&キャスト

『ベルファスト』場面カット|写真3

主人公・バディ...ジュード・ヒル
9歳の少年。『ベルファスト』で長編映画デビューを果たすジュード・ヒルが、自然な存在感で物語をまぶしく輝かせる。

『ベルファスト』場面カット|写真4

バディの父...ジェイミー・ドーナン
出稼ぎで家を空けがちなバディの父。金にはだらしないが家族を愛し守り抜く。演じるのは、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の若富豪クリスチャン・グレイ役で注目を集めたジェイミー・ドーナン。

『ベルファスト』場面カット|写真6

バディの母...カトリーナ・バルフ
気丈で美しいバディの母。厳しさのなかにセンシティブな一面を併せ持ちながら、母親として妻として家族を正しく導いていく。担当するのは、モデル・女優として活躍するカトリーナ・バルフ。

『ベルファスト』場面カット|写真9

祖父ポップ...キアラン・ハインズ
いつもユーモアと遊び心を忘れないバディの祖父。バディの気持ちをくみ取り、ジョーク交じりで適切な助言を与える。演じるのは、ベルファスト出身のベテラン俳優キアラン・ハインズ。

祖母グラニー...ジュディ・デンチ
静かに家族を見守る祖母。わずかな出演ながら、世界的大女優のジュディ・デンチが圧倒的な存在感で魅せる。

Photos(12枚)

『ベルファスト』場面カット|写真1 『ベルファスト』場面カット|写真2 『ベルファスト』場面カット|写真3 『ベルファスト』場面カット|写真4 『ベルファスト』場面カット|写真5 『ベルファスト』場面カット|写真6 『ベルファスト』場面カット|写真7 『ベルファスト』場面カット|写真8 『ベルファスト』場面カット|写真9 『ベルファスト』場面カット|写真10 『ベルファスト』場面カット|写真11 『ベルファスト』場面カット|写真12

Photos(12枚)

キーワードから探す