menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『百花』菅田将暉・原田美枝子W主演で親子役に、原作・脚本・監督は『モテキ』の川村元気

映画『百花』が2022年9月9日(金)より公開。菅田将暉、原田美枝子のW主演作品だ。

川村元気の小説『百花』が映画化

『百花』場面カット|写真13

映画プロデューサー・脚本家として活躍する、川村元気の小説『百花』の映画化が決定。『告白』『悪人』『モテキ』『君の名は。』『映画ドラえもん のび太の宝島』など、数々のヒット作品を生み出してきた川村元気が、自身の体験から生み出したという『百花』は、記憶を失っていく母とその息子の物語だ。

親子とは?愛とは?人の記憶の正体とは?

女手一つ息子を育ててきた母・葛西百合子が、記憶を失っていく。一つひとつと思い出が消え去り、すべてを忘れていくなか、残った様々な時代の記憶を交錯させていく母。そんな母の姿を目の当たりにしながら、とある事件をきっかけにすれ違うようになってしまった息子・泉は、改めて親子の思い出を蘇らせていくのだった。

菅田将暉、原田美枝子がW主演

『百花』場面カット|写真3

葛西泉(菅田将暉)

葛西泉は、レコード会社に勤務する青年。社内結婚の後まもなく子供が生まれようとしていたが、記憶を失っていく母を目の当たりにする中、今までの親子としての時間を取り戻すかのように、母を献身的に支えていく。ある日、母の部屋で、泉が知らなかった「秘密」が記された日記を手にする。

息子・泉を演じるのは、菅田将暉。第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、『花束みたいな恋をした』『キャラクター』など2021年もヒット作に出演した若手屈指の演技派俳優だ。

『百花』場面カット|写真4

葛西百合子(原田美枝子)

葛西百合子は、泉の母。ピアノ教室を営む。女手一つで育ててきたが、とある事件をきっかけに泉とすれ違うようになってしまう。認知症で自身の記憶を失い、大好きなピアノも弾けなくなっていく。そんな中、「半分の花火が見たい…」とつぶやくのだが…この半分の花火とは…?

泉の母・百合子を演じるのは女優・原田美枝子。思い出の奥底にある「秘密」に手を伸ばそうとする母親の姿を、圧倒的な存在感で演じきる。

『百花』場面カット|写真5

葛西香織(長澤まさみ)

泉と同じレコード会社で働き、初めての出産を控える泉の妻。

『百花』場面カット|写真6

浅葉洋平(永瀬正敏)

百合子の「秘密」を知り、「事件」と深い関わりを持つ男。

その他、北村有起哉、岡山天音、河合優実、長塚圭史、板谷由夏、神野三鈴らが出演する。

川村元気「初」の長編監督作品

監督・脚本は、原作者である川村元気自身。監督として、2018年カンヌ国際映画祭短編コンペティション部⾨に出品した『どちらを』を手掛けていた川村だが、本作が長編監督デビューとなる。

物語について川村は、「徐々に記憶を失っていく祖母と向き合いながら、私自身が様々なことを忘れていたり、記憶を書き換えながら生きていることに気付かされました。人間は体ではなく記憶でできている。どうしようもない瑣末な記憶ですら、それらは複雑にその人に根ざし、その人を形成している。そんな実感から生まれた小説が「百花」でした。」と話す。小説で描かれた母と息子の物語が、スクリーンでどのように描かれるのか。公開まで期待が高まる。

Photos(14枚)

『百花』場面カット|写真2 『百花』場面カット|写真3 『百花』場面カット|写真4 『百花』場面カット|写真5 『百花』場面カット|写真6 『百花』場面カット|写真7 『百花』場面カット|写真8 『百花』場面カット|写真9 『百花』場面カット|写真10 『百花』場面カット|写真11 『百花』場面カット|写真12 『百花』場面カット|写真13 『百花』場面カット|写真14 『百花』場面カット|写真15

Photos(14枚)

キーワードから探す