menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『スティルウォーター』マット・デイモン主演のサスペンス・スリラー、トム・マッカーシー監督

サスペンス・スリラー映画『スティルウォーター』が、2022年1月14日(金)に公開される。主演はマット・デイモン、監督はトム・マッカーシー。

トム・マッカーシー監督の最新作

『スティルウォーター』場面カット|写真1

映画『スティルウォーター』は、第88回アカデミー賞作品賞、脚本賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』のトム・マッカーシー監督による最新作。フランス・マルセイユを舞台に、殺人罪で捕まった娘の無実を証明するため、父親が真犯人を探し出すというサスペンス・スリラーだ。

「娘を取り戻したい」父が辿り着く“真実”とは?

予告動画には、故郷の米オクラホマ州・スティルウォーターから言葉も通じない異国の地フランスへ単身渡る父親ビルの姿が。現地の協力者を得るも、ほとんどの地元民は探りを入れてくる余所者のビルと口をきこうともしない。諦めないビルは、わずかな手がかりを頼りに危険を顧みずさらなる深みへと身を投じる…。

行動を起こすも、「娘を救えずあなたも投獄だ」と地元民に忠告を受けるビル。警察もビルの元へ訪れ、次々と不穏な事態。真実を追い求める旅路の果てに、ビルを待ち受ける結末とは―?

マット・デイモンが主演

『スティルウォーター』場面カット|写真2

主演は、『オデッセイ』『ジェイソン・ボーン』を代表作に持ち、リドリー・スコット監督の最新作『最後の決闘裁判』でも注目を集めるマット・デイモン。『スティルウォーター』では、泥臭くもリアルな父親を演じきり、海外メディアから高い評価を得ている。

娘役は、『リトル・ミス・サンシャイン』『ゾンビランド:ダブルタップ』で好演したアビゲイル・ブレスリンが担当。

<登場人物>
ビル(マット・デイモン)
殺人罪で捕まった娘アリソンの無実を証明するために奮闘する父親。異国の地での真犯人探しに奮闘するアメリカ人。

アリソン(アビゲイル・ブレスリン)
留学中にガールフレンドを殺した罪で逮捕される。

賞レースにも期待がかかる一本

『スティルウォーター』場面カット|写真3

映画『スティルウォーター』は、第74回カンヌ国際映画祭でワールドプレミア上映され、5分間のスタンディグオベーションを受けた。賞レースにも期待がかかる一本だ。デイモンは「心打つ美しい物語。これまで演じたどの役よりも素晴らしく、演じられて幸運だ」と語っている。

トム・マッカーシー“10年を費やしても”描きたかったものとは?

実は、アカデミー賞作品賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』よりも前にアイデアが練られていたという『スティルウォーター』。トム・マッカーシー監督は、「着想が生まれたのは10年ほど前で、地中海の暗黒小説に感化されていた。これらの小説は、事件を取り巻く人物の人生を描写し犯罪小説というジャンルを超えていた。同じことを、私の映画を通じてやりたかった」と明かした。構想10年の時を経て、監督が本当に描きたかったものとは?劇場で確かめてほしい。

【詳細】
映画『スティルウォーター』
公開日:2022年1月14日(金)、TOHO シネマズ シャンテ、渋谷シネクイントほか全国公開
監督・脚本:トム・マッカーシー
脚本:マーカス・ヒンチー、トーマス・ビデガン、ノエ・ドブレ
撮影監督:高柳雅暢
出演:マット・デイモン、アビゲイル・ブレスリン、カミーユ・コッタン、リル・シャウバウ、イディル・アズーリ

2021年/アメリカ/カラー/デジタル/ビスタサイズ/英語・フランス語/原題:STILLWATER/映倫G/字幕翻訳:松浦美奈

© 2021 Focus Features, LLC.

Photos(4枚)

『スティルウォーター』場面カット|写真1 『スティルウォーター』場面カット|写真2 『スティルウォーター』場面カット|写真3 『スティルウォーター』場面カット|写真4

Photos(4枚)

『スティルウォーター』場面カット|写真1 『スティルウォーター』場面カット|写真2 『スティルウォーター』場面カット|写真3 『スティルウォーター』場面カット|写真4

キーワードから探す

関連用語