menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介

特別展「はるかなる古伊万里 400年の物語」が、広島県立美術館にて、2021年10月8日(金)から12月5日(日)まで開催される。

伊万里焼の歴史をたどる

《色絵花籠文八角大壺》(右) 1700~1730年代  佐賀県立九州陶磁文化館
《色絵花籠文八角大壺》(右) 1700~1730年代  佐賀県立九州陶磁文化館

伊万里焼は、今から約400年前に生まれ、その多彩なデザインと技術の高さにより世界各地で人気を博した。とりわけ、17世紀後半に完成された繊細優美な柿右衛門様式と絢爛豪華な金襴手様式の作品は、数多くのヨーロッパ王侯貴族を魅了し、宮殿や邸宅に飾られた。

《色絵菊文輪花大皿》1650年代 佐賀県立九州陶磁文化館
《色絵菊文輪花大皿》1650年代 佐賀県立九州陶磁文化館

特別展「はるかなる古伊万里 400年の物語」では、輸出用古伊万里を中心に約135件の作品を通して、草創期から最盛期、そして近年再評価されている幕末明治期まで、伊万里焼の展開を紹介する。

伊万里焼の誕生

佐賀県重要文化財《染付山水文水指》1610~1630年代 佐賀県立九州陶磁文化館
佐賀県重要文化財《染付山水文水指》1610~1630年代 佐賀県立九州陶磁文化館

伊万里焼は、17世紀初頭に日本初の磁器として誕生し、17世紀中頃には色絵を完成させて多彩色へと発展する。本展では、初期伊万里のなかでも最初期の作品である《染付山水文水指》や、器面全体を寒色系で彩った《色絵菊文輪花大皿》などを展示し、中国や朝鮮の技術を導入しつつ革新を遂げてゆく様子を紹介する。

海外市場への進出と人気

重要文化財《色絵花卉文輪花鉢》17世紀後半 広島県立美術館
重要文化財《色絵花卉文輪花鉢》17世紀後半 広島県立美術館

伊万里焼の生産体制が整い始めたころ、世界の磁器市場をほとんど独占していた中国磁器の輸出が明末清初の動乱に伴って滞り、これを契機に伊万里焼は海外市場へと進出。そうしたなかで特に人気を博したのが、1670〜90年代に完成した柿右衛門様式であった。会場では、ドイツの名窯マイセンの創始者でもあったザクセン選帝侯アウグスト強王旧蔵の《色絵花卉文輪花鉢》をはじめ、ヨーロッパの王侯貴族を魅了した作品の数々を目にすることができる。

幕末明治期の伊万里焼

《色絵亀甲割鳳凰文大花瓶》1870~1880年代 佐賀県立九州陶磁文化館(南里裕美子氏寄贈)
《色絵亀甲割鳳凰文大花瓶》1870~1880年代 佐賀県立九州陶磁文化館(南里裕美子氏寄贈)

中国の動乱が収束して中国磁器が世界市場に戻ると、伊万里焼は輸出量を減じ、国内市場を拡大するようになる。しかし幕末の19世紀半ばには再び海外市場へ進出、万博での成功によって、その名声は世界へと広まることになる。本展では、《色絵亀甲割鳳凰文大花瓶》など、欧米好みの和洋折衷デザインや、西洋の技術を導入した製品を紹介する。

展覧会概要

特別展「はるかなる古伊万里 400年の物語」
会期:2021年10月8日(金)〜12月5日(日) 会期中無休
会場:広島県立美術館
住所:広島県広島市中区上幟町2-22
開館時間:9:00〜17:00(金曜日は19:00まで)
※10月8日は10:00開館
※入場は閉館30分前まで
料金:一般 1,400円、高・大学生 1,000円、小・中学生 700円
※前売り・20名以上の団体は当日料金より200円引き
※学生券を購入・入場の際は学生証を提示のこと
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳の所持者および介助者(1名まで)の当日料金は半額(手帳を提示のこと)
※前売券販売所については美術館ホームページを参照
※開館情報に変更が生じる場合あり(最新情報については美術館ホームページなどを確認のこと)

【問い合わせ先】
広島県立美術館
TEL:082-221-6246

Photos(9枚)

特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真1 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真2 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真3 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真4 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真5 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真6 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真7 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真8 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真9

Photos(9枚)

特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真1 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真2 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真3 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真4 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真5 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真6 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真7 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真8 特別展「はるかなる古伊万里」広島県立美術館で - ヨーロッパの王侯貴族を魅了した磁器などを紹介|写真9

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
2021.9.11(土)~2021.11.14(日)
「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
日本のモダンデザインの先駆者・杉浦非水の展覧会、島根県立石見美術館で - ポスターなど約300点を展示
2021.9.11(土)~2021.11.14(日)
日本のモダンデザインの先駆者・杉浦非水の展覧会、島根県立石見美術館で - ポスターなど約300点を展示
八戸市美術館開館記念「ギフト、ギフト、」浅田政志や向井山朋子ら11組が参加、“八戸三社大祭”を起点に
2021.11.3(水)~2022.2.20(日)
八戸市美術館開館記念「ギフト、ギフト、」浅田政志や向井山朋子ら11組が参加、“八戸三社大祭”を起点に
日本画家・上村松篁の展覧会、松伯美術館で - 伝統と自然が織りなす松篁芸術の“美の構成”を探る
2021.11.2(火)~2022.2.6(日)
日本画家・上村松篁の展覧会、松伯美術館で - 伝統と自然が織りなす松篁芸術の“美の構成”を探る
前衛陶芸家・八木一夫の写真をまとめて紹介する初の展覧会、京都国立近代美術館で
2021.11.11(木)~2022.1.16(日)
前衛陶芸家・八木一夫の写真をまとめて紹介する初の展覧会、京都国立近代美術館で

スケジュール

“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
2021.10.30(土)~2022.3.21(月)
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
2021.10.30(土)~2021.11.15(月)
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.10.30(土)~2021.11.28(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
 スケジュール一覧