menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介

展覧会「包む─日本の伝統パッケージ」が、東京の目黒区美術館にて、2021年7月13日(火)から9月5日(日)まで開催される。

「伝統パッケージ」と岡秀行のまなざし

《卵つと》山形県 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)
《卵つと》山形県 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)

日本のデザイン黎明期に、国内の伝統的なパッケージの収集と研究を続けたデザイナー、岡秀行。木や竹、藁といった自然の素材が生かされたパッケージに日本人ならではの“美意識”と“心”を見出し、「伝統パッケージ」と呼んだ岡は、写真集『包』などの書籍や展覧会を通じて、伝統的な技術や美に光をあてたのだった。

《ささらあめ》宮城県/熊谷屋 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)
《ささらあめ》宮城県/熊谷屋 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)

本展では、日本人の自然観と美意識、微妙な手わざによる造形美が宿る日本の伝統パッケージを、岡の視点を交えつつ紹介。「卵つと」や「釣瓶鮓」、「岡山獅子」など約400点を、岡の収集コンセプトに基づき、主に素材別で展示する。

岡のコレクションを紹介する、目黒区美術館では3度目の展覧会

《岡山獅子》岡山県/中尾正栄堂 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)
《岡山獅子》岡山県/中尾正栄堂 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)

1970年代半ば、岡のコレクションは世界巡回展へと発展し、「TSUTSUMU(包む)」という言葉とともに大きな反響を呼ぶ。そして1988年に、このコレクションを日本の美術館で初めて本格的に紹介したのが目黒区美術館であった。本展は、岡から譲り受けた「〈包む〉コレクション」の全容を2011年に紹介して以来、10年ぶりの展覧会となる。

日本の素材と美意識が織りなすデザイン

《澤之鶴》兵庫県/沢の鶴株式会社 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)
《澤之鶴》兵庫県/沢の鶴株式会社 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)

岡が収集した「伝統パッケージ」の特徴には、まず素材の面が挙げられる。木、竹、笹、藁など、日本の風土に育まれた自然素材や、陶器、 和紙、絣(かすり)といった、古来より日本人に馴染みある素材が使用されている。

《釣瓶鮓》奈良県/釣瓶鮓弥助 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)
《釣瓶鮓》奈良県/釣瓶鮓弥助 撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)

一方、デザイン面での特徴は2つに大別される。ひとつは「生活の知恵の結晶として生み出された形」である点であり、実用性を主眼に余分なものを省くことで、シンプルな造形美と機能美を実現している。もうひとつは「高度な包装技術と美的感覚を持つもの」である点。すなわち、“包むこと”それ自体に重要な意味を付与してきた美意識と、“いかに美しく包むか”という職人や作り手の誇りと手わざの妙を見てとることができるのだ。

《おひねり》撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)
《おひねり》撮影:酒井道一 (岡秀行著『包』毎日新聞社、1972年 所収)

本展では、自然素材を生かした伝統パッケージの数々を通して、それらに向けられた岡のまなざし、そして「包む」ことに込められた日本人の心、手わざの美にふれることができるだろう。

展覧会概要

展覧会「包む─日本の伝統パッケージ」
会期:2021年7月13日(火)〜9月5日(日)
会場:目黒区美術館
住所:東京都目黒区目黒2-4-36
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(8月9日(月・休)は開館)、8月10日(火)
観覧料:一般 800円(600円)、大高生・65歳以上 600円(500円)、中学生以下 無料
※障がいのある方と付添者1名は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※目黒区在住者・在勤者・在学者は受付で証明書類を提示することで、団体料金にて観覧可(他の割引と併用は不可)
※会期などは変更となる場合あり
※掲載している画像はいずれも参考写真

【問い合わせ先】
目黒区美術館
TEL:03-3714-1201

Photos(6枚)

「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像1 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像2 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像3 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像4 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像5 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像6

Photos(6枚)

「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像1 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像2 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像3 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像4 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像5 「包む─日本の伝統パッケージ」目黒区美術館で、日本の素材と美意識が織りなす“伝統パッケージ”を紹介 画像6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
箱根のおすすめ美術館情報 - 展覧会の開催スケジュール&展示アート作品も
箱根のおすすめ美術館情報 - 展覧会の開催スケジュール&展示アート作品も
岐阜・飛騨高山/奥飛騨の人気・おすすめ観光地、歴史&自然を楽しむ旅行プランに
岐阜・飛騨高山/奥飛騨の人気・おすすめ観光地、歴史&自然を楽しむ旅行プランに
抹茶アフタヌーンティー2021、全国ホテルのおすすめを厳選!東京・大阪・京都 他
抹茶アフタヌーンティー2021、全国ホテルのおすすめを厳選!東京・大阪・京都 他

スケジュール

建築家・隈研吾の大規模個展が東京国立近代美術館で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.6.18(金)~2021.9.26(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京国立近代美術館で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
風景画の巨匠・吉田博の展覧会、静岡市美術館で - 雄大な自然を捉えた多色摺木版を一挙公開
2021.6.19(土)~2021.8.29(日)
風景画の巨匠・吉田博の展覧会、静岡市美術館で - 雄大な自然を捉えた多色摺木版を一挙公開
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が東京・兵庫・長野で、原画やスケッチなど約180点
2021.6.19(土)~2021.8.15(日)
絵本『ねずみくんのチョッキ』初の大規模展覧会が東京・兵庫・長野で、原画やスケッチなど約180点
展覧会「めぐりあいJAXA─ながのとながめ」長野県立美術館で、人工衛星が見る長野の姿を迫力の映像で
2021.6.19(土)~2021.8.15(日)
展覧会「めぐりあいJAXA─ながのとながめ」長野県立美術館で、人工衛星が見る長野の姿を迫力の映像で
画家・猪熊弦一郎の“ニューヨーク時代”に着目した展覧会、香川で - 画業を紹介、初公開映像も
2021.6.19(土)~2021.9.5(日)
画家・猪熊弦一郎の“ニューヨーク時代”に着目した展覧会、香川で - 画業を紹介、初公開映像も
 スケジュール一覧