menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『前科者』岸善幸監督で人気漫画が実写化、有村架純が犯罪者と向き合う“保護司”に&森田剛も出演

映画『前科者』が2022年1月28日(金)に全国公開。原作・香川まさひと、作画・月島冬二による漫画「前科者」を実写映画化する。監督は岸善幸、主演は有村架純が務める。

“保護司”にフォーカスした漫画「前科者」が実写映画化

『前科者』場面カット|写真8

「前科者」は、2018年1月から「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載がスタートした漫画。同作品でフォーカスしているのは、罪を犯した「前科者」たちの更生・社会復帰を助ける“保護司”の仕事だ。国家公務員であるものの報酬は一切なく、あくまでボランティアとして仕事に励む“保護司”が、罪を犯した者たちと向き合い、奮闘していく姿を描いた作品で、2019年の「第3回さいとう・たかを賞」では最終候補に選ばれた。

原作者は、テレビドラマ「監察医 朝顔」の原作や『クヒオ大佐』『羊の木』など映画の脚本も担当している香川まさひと。また、作画は月島冬二が務めている。

映画は完全オリジナルの社会サスペンス作品

実写映画版は、完全オリジナルの社会サスペンスとして制作。映画『前科者』の劇場公開に先駆け、新人“保護司”・阿川佳代が様々な「前科者」と向き合い成長する姿を描く職業ドラマを2021年11月より放送・配信するが、映画ではその数年後の世界を描く。

主人公の保護司に有村架純

『前科者』場面カット|写真1

コンビニでアルバイトをしながら“保護司”という仕事に就く不器用で真っ直ぐな主人公・阿川佳代。映画『花束みたいな恋をした』や『るろうに剣心 最終章 The Final』の好演が記憶に新しい有村架純が演じる。

主演・有村架純にインタビュー

主演・有村架純にインタビュー

ファッションプレスでは主演の有村架純にインタビュー。保護司という役を演じたことでの心境の変化、物語を通して考えた理想の社会の在り方など様々な話を伺った。

森田剛が“約6年ぶり”映画出演

『前科者』場面カット|写真2

さらに、有村演じる佳代の元で更生し、社会復帰へ近づいていたのだが、ある日、忽然と姿を消し、再び警察に追われる身となる男・工藤誠役を、森田剛が演じる。森田剛が映画に出演するのは、約6年ぶりだ。

磯村勇斗や若葉竜也、リリー・フランキーらも出演

『前科者』場面カット|写真10

その他、劇中には磯村勇斗、若葉竜也、石橋静河といった若手俳優のほか、リリー・フランキー、木村多江といった豪華俳優陣が集結。

『前科者』場面カット|写真11

滝本真司(磯村勇斗)...警察庁の刑事であり阿川の中学時代の同級生。複数の事件の容疑者として工藤が浮かんだ際、工藤の保護司である阿川と再開する。

遠山史雄(リリー・フランキー)...幼いころ工藤を置いて消えた義父。工藤を虐待し、その母親であり妻を殺害した前科を持つ。出所後は警備員として働く。

宮口エマ(木村多江)...阿川に助言をする弁護士。遠山の裁判で弁護士を務めた。

(若葉竜也)...工藤の前に現れる謎の男。

鈴木充(マキタスポーツ)...滝本の上司でバディとして行動を共にするベテラン刑事。

斉藤みどり(石橋静河)...阿川の最初の対象者で、今は更生し便利屋を営む。阿川の悩みに寄り添う優しい一面を持つ。

高松直治(北村有起哉)...東京保護観察所の保護観察官。阿川を優しく、時に厳しく指導する。

松山(宇野祥平)...阿川が働くコンビニの店長。保護司として奔走する阿川を優しく見守る。

監督・脚本は『あゝ、荒野』の岸善幸

『前科者』場面カット|写真3

Photos(12枚)

『前科者』場面カット|写真1 『前科者』場面カット|写真2 『前科者』場面カット|写真3 『前科者』場面カット|写真4 『前科者』場面カット|写真5 『前科者』場面カット|写真6 『前科者』場面カット|写真7 『前科者』場面カット|写真8 『前科者』場面カット|写真9 『前科者』場面カット|写真10 『前科者』場面カット|写真11 『前科者』場面カット|写真12

Photos(12枚)

キーワードから探す