menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも

チームラボが展開する東京・豊洲のミュージアム「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に、新作アート《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》《憑依する炎》が登場。2021年4月7日(水)から展示される。

“炎”を表現した新作アート

空から噴き落ちる、 地上に憑依する炎 / Universe of Fire Particles Falling From the Sky
teamLab, 2021, Interactive Digital Installation, W6000mm D6000mm H15000mm, Sound: Hideaki Takahashi
空から噴き落ちる、 地上に憑依する炎 / Universe of Fire Particles Falling From the Sky
teamLab, 2021, Interactive Digital Installation, W6000mm D6000mm H15000mm, Sound: Hideaki Takahashi

「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」は、超巨大な4つの作品空間と屋外作品を中心とした計8作品による“水に入るミュージアム”。2018年7月に開館して以来200万人以上の来場を記録している。

新作アート《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》は、屋外に展示されたパブリックアート。空間上に線を描くようにして燃え盛る炎を表現した。人々が作品の上に立つと、黒い絶対的な存在が発生し、炎の形が変化していくインタラクティブな作品だ。

憑依する炎 / Universe of Fire Particles
teamLab, 2021, Digital Installation, Continuous Loop, Sound: Hideaki Takahashi
憑依する炎 / Universe of Fire Particles
teamLab, 2021, Digital Installation, Continuous Loop, Sound: Hideaki Takahashi

《憑依する炎》もまた、躍動感あふれる炎を表現したアート。燃焼することによって発生する、光や熱の生き生きとした現象である“炎”を、細かくかつダイナミックに表現している。

“桜の花”舞う春仕様のアートも

Floating in the Falling Universe of Flowers
teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
Floating in the Falling Universe of Flowers
teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

新作に加え、4月30日(金)までの期間限定で春仕様を楽しめる作品も。巨大なドームの中に桜が咲く《Floating in the Falling Universe of Flowers》では、空間いっぱいに桜の花が広がる幻想的な雰囲気を味わえる。

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity
teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity
teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

また、はだしになって水の中を歩く作品《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング》では、無限に広がる水面に桜の花びらが舞い散り、華やかな空間に。ゆらめく水面を泳ぐカラフルな鯉のグラフィックと、桜の花のみずみずしいコンビネーションを楽しめる。

【詳細】
チームラボ新作《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》《憑依する炎》
展示開始日:2021年4月7日(水)~
場所:チームラボプラネッツ TOKYO DMM
住所:東京都江東区豊洲6-1-16
開館時間:
・3月31日(水)まで 10:00~18:00
・4月1日(木)~4月23日(金) 平日10:00~18:00 土日祝9:00~19:00
・4月24日(土)~5月9日(日) 9:00~19:00
※最終入場は閉館30分前
休館日:4月6日(火)
※開館時間は変更になる可能性あり。詳細は公式ウェブサイトにて告知。

■入場 エントランスパス
料金:大人(18歳以上) 3,200円、大学生・専門学生 2,500円、中学生・高校生 2,000円、小人(4歳~12歳) 300円、シニア(65歳以上) 2,400円、障がい者割引 1,600円
※3歳以下無料
※~2021年4月23日(金)までの期間、チームラボプラネッツの公式サイトで、 チケット購入時にクーポンコード「planets」を入力し「適用」ボタンを押すと、 15%OFFの割引価格で購入可能。

Photos(8枚)

豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも|写真1 豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも|写真2 豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも|写真3 豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも|写真4 豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも|写真5 豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも|写真6 豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも|写真7 豊洲「チームラボプラネッツ」に“燃え盛る炎”の新作アート、“桜の花”が広がる春限定アートも|写真8

Photos(8枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト30選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
原宿の古着屋ベスト30選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
2021.10.23(土)~2021.12.12(日)
建築家・白井晟一の展覧会、渋谷区立松濤美術館で - 初期〜晩年の建築や書・デザインの仕事を紹介
展覧会「MONDO 映画ポスターアートの最前線」東京&京都で、“もう1つの”映画ポスター71点を展示
2021.12.7(火)~2022.3.27(日)
展覧会「MONDO 映画ポスターアートの最前線」東京&京都で、“もう1つの”映画ポスター71点を展示
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性
2021.12.17(金)~2022.4.3(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性

スケジュール

展覧会「MONDO 映画ポスターアートの最前線」東京&京都で、“もう1つの”映画ポスター71点を展示
2021.12.7(火)~2022.3.27(日)
展覧会「MONDO 映画ポスターアートの最前線」東京&京都で、“もう1つの”映画ポスター71点を展示
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
2021.12.9(木)~2022.1.10(月)
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
 スケジュール一覧