menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

藤ヶ谷太輔主演の映画『そして僕は途方に暮れる』自堕落なフリーター青年の“逃亡劇”を描く

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔主演、映画『そして僕は途方に暮れる』が、2023年1月13日(金)よりTOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

“青年の逃亡劇”を描いた舞台作品

『そして僕は途方に暮れる』場面カット|写真1

2018年にシアターコクーンで上演された舞台『そして僕は途方に暮れる』は、主演に藤ヶ谷太輔×作・演出に『愛の渦』『娼年』の三浦大輔を迎えた話題作。ほんの小さなことの積み重ねで、自らの人間関係を断ち切っていく自堕落な青年の逃亡劇は、「忘れがたい感覚を植え付けていく作品」「藤ヶ谷太輔の憂いある表情、声、すべてがよかった」など、当時多くの観客から熱い支持を集めた。

再タッグで映画化

そして2022年にそんな舞台作品が、藤ヶ谷太輔×三浦大輔の再タッグで映画化を実現。主演を務める藤ヶ谷太輔が、再び“あらゆることから逃げ出す”フリーターの・菅原裕一を演じる。

藤ヶ谷太輔コメント

主演の藤ヶ谷太輔は、物語について「前半は、裕一のことをこいつクズだなぁって鼻で笑っていたけど、だんだん「あれ?これ自分にもこういうところあるかな」とか思えたりする。人間の中には、どこか今まで逃げてきたこととか、避けてきたことがあって、そこに罪の意識みたいなものがあるのかなと思います。三浦監督はそこの深いところを描いて、突いてっていう…やっぱり三浦監督ワールドですよね。」とコメント。

現場での思い出についても触れ、「時間もそうですが、精神的にも体力的にも、今までにないくらい追い込まれたので、そういうことも、僕が演じた裕一と重なって描かれていればいいなぁと思います。」と語っている。

<映画『そして僕は途方に暮れる』あらすじ>

自堕落な日々を過ごすフリーターの菅原裕一は、長年同棲している恋人・里美と、些細なことで言い合いになり、話し合うことから逃げ、家を飛び出してしまう。その夜から、親友、大学時代の先輩や後輩、姉のもとを渡り歩くが、ばつが悪くなるとその場から逃げ出し、ついには、母が1人で暮らす苫小牧の実家へ戻る。だが、母ともなぜか気まずくなり、雪降る街へ。行き場を無くし、途方に暮れる裕一は最果ての地で、思いがけず、かつて家族から逃げていった父と10 年ぶりに再会する。「俺の家に来るか?」、父の誘いを受けた裕一は、ついにスマホの電源を切ってすべての人間関係を断つのだが――。

【詳細】
映画『そして僕は途方に暮れる』
公開日:2023年1月13日(金) TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
原作:シアターコクーン「そして僕は途方に暮れる」(作・演出 三浦大輔)
脚本・監督:三浦大輔
出演:藤ヶ谷太輔
製作:映画「そして僕は途方に暮れる」製作委員会
製作幹事・配給:ファントム・フィルム

Photos(2枚)

『そして僕は途方に暮れる』場面カット|写真1 『そして僕は途方に暮れる』場面カット|写真2

Photos(2枚)

『そして僕は途方に暮れる』場面カット|写真1 『そして僕は途方に暮れる』場面カット|写真2

キーワードから探す

関連用語