menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点

展覧会「筆魂(ふでだましい) 線の引力・色の魔力─又兵衛から北斎・国芳まで─」が、東京のすみだ北斎美術館にて、2021年2月9日(火)から4月4日(日)まで開催される。

浮世絵の源流“肉筆画”に着目

葛飾北斎「合鏡美人図」個人蔵[前期]
葛飾北斎「合鏡美人図」個人蔵[前期]

浮世絵というと錦絵といった版画が連想されるが、絵師が絵筆をふるった“肉筆画”のほうが起こりは古い。肉筆画とは、「肉」が「生身」を指すように、絵師が絵筆で紙や絹に描いた一点ものの作品であり、複雑で奥深い彩色技法や、描き手の自由な筆遣いを直接見て取ることができる。

歌川国芳「文読美人図」摘水軒記念文化振興財団蔵、千葉市美術館寄託[後期]
歌川国芳「文読美人図」摘水軒記念文化振興財団蔵、千葉市美術館寄託[後期]

展覧会「筆魂(ふでだましい) 線の引力・色の魔力─又兵衛から北斎・国芳まで─」では、浮世絵の源流である肉筆画に着目し、300年に及ぶ浮世絵の歴史を紹介。喜多川歌麿や東洲斎写楽、葛飾北斎など、約60人の浮世絵師の肉筆画約125点から、巧みな線や色彩が織りなす魅力に迫る。

浮世絵の黎明

菱川師宣「二美人と若衆図」個人蔵、福井県立美術館寄託[前期]
菱川師宣「二美人と若衆図」個人蔵、福井県立美術館寄託[前期]

第1章では、浮世絵の黎明期から18世紀前期までにフォーカス。浮世絵の先駆・岩佐又兵衛による重要文化財「弄玉仙図」・重要美術品「龐居士図」の二幅を前後期にわけて公開するとともに、独自の美人画様式で人気を博した浮世絵の始祖・菱川師宣の「二美人と若衆図」などを展示する。

浮世絵の繁栄

東洲斎写楽「中山富三郎・市川男女蔵・市川高麗蔵図」摘水軒記念文化振興財団蔵、千葉市美術館寄託[後期]
東洲斎写楽「中山富三郎・市川男女蔵・市川高麗蔵図」摘水軒記念文化振興財団蔵、千葉市美術館寄託[後期]

第2章では、浮世絵の繁栄をテーマに、勝川春章や喜多川歌麿、東洲斎写楽らの肉筆画を紹介。歌麿の代表作であり、夏の装いの女性が化粧をする様子を描いた「夏姿美人図」や、写楽の筆線をも見て取れる「中山富三郎・市川男女蔵・市川高麗蔵図」など、浮世絵最盛期の絵師たちによる表現にふれることができる。

葛飾派と歌川派──幕末の浮世絵

葛飾北斎「立美人図」個人蔵[後期]
葛飾北斎「立美人図」個人蔵[後期]

第3章では、葛飾北斎と歌川国芳を中心に、幕末に活躍した絵師を紹介。北斎は肉筆画の制作数が多いことでも知られており、本展では初公開となる「合鏡美人図」を筆頭に、美人画の傑作「立美人図」、晩年の北斎が数多く手掛けた龍の肉筆画のひとつ「登龍図」など、北斎肉筆画を多数展示する。

葛飾北斎「登龍図」個人蔵[前期]
葛飾北斎「登龍図」個人蔵[前期]

また、北斎が勝川春好や勝川春英ら4人の勝川派絵師、そして歌川豊国とともに、遊郭の女性と太鼓持ちを描いた“新発見”の作品「青楼美人繁昌図」も公開。本作からは、北斎との不仲説が伝えられる春好、そしてライバル とされる歌川派の人気絵師・豊国との意外な交流関係を垣間見ることができよう。

展覧会概要

展覧会「筆魂(ふでだましい) 線の引力・色の魔力─又兵衛から北斎・国芳まで─」
会期:2021年2月9日(火)~4月4日(日) 前後期で一部展示替えを実施予定
[前期 2月9日(火)~3月7日(日) / 後期 3月9日(火)~4月4日(日)]
会場:すみだ北斎美術館
住所:東京都墨田区亀沢2-7-2
休館日:月曜日
開館時間:9:30〜17:30(入館は17:00まで)
観覧料:一般 1,200円、高校生・大学生 900円、65歳以上 900円、中学生 400円、障がい者 400円、小学生以下 無料
※当面のあいだ、団体受付はなし
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証を要提示
※65歳以上は年齢を証明できるものを要提示
※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などの所持者およびその付添者1名までは、障がい者料金で観覧可(入館時に身体障がい者手帳などを要提示)
※上記料金で会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)も観覧可
※来館の際は、美術館公式ホームページで最新の開館予定を確認のこと
※予告なく開館時間・展覧会開催などが変更となる場合あり
※来館時は、美術館公式ホームページにて最新情報を確認のこと

【問い合わせ先】
すみだ北斎美術館
TEL:03-6658-8936 (9:30〜17:30、休館日のぞく)

Photos(6枚)

すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像1 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像2 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像3 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像4 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像5 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像6

Photos(6枚)

すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像1 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像2 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像3 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像4 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像5 すみだ北斎美術館「筆魂 線の引力・色の魔力」展 - 浮世絵の源流“肉筆画”に着目、北斎ほか約125点 画像6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も

スケジュール

企画展「つながる琳派スピリット─神坂雪佳」富山県水墨美術館で、近代琳派・雪佳の多彩なデザインを紹介
2021.6.22(火)~2021.8.1(日)
企画展「つながる琳派スピリット─神坂雪佳」富山県水墨美術館で、近代琳派・雪佳の多彩なデザインを紹介
特別展「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」東京・奈良で、日本彫刻の最高傑作が東京初公開
2021.6.22(火)~2021.9.12(日)
特別展「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」東京・奈良で、日本彫刻の最高傑作が東京初公開
展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」SOMPO美術館で、モネなどでたどる近代フランス風景画
2021.6.25(金)~2021.9.12(日)
展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」SOMPO美術館で、モネなどでたどる近代フランス風景画
ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡
2021.6.26(土)~2021.8.29(日)
ウィリアム・モリス展が奈良県立美術館で - デザイン作品などからたどる“モダン・デザインの父”の軌跡
展覧会「アイヌの装いとハレの日の着物」渋谷区立松濤美術館で - 多彩なアイヌ文様の着物などを紹介
2021.6.26(土)~2021.8.9(月)
展覧会「アイヌの装いとハレの日の着物」渋谷区立松濤美術館で - 多彩なアイヌ文様の着物などを紹介
 スケジュール一覧