menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点

展覧会「わが青春の上杜会─昭和を生きた洋画家たち」が、愛知の豊田市美術館にて、2021年1月5日(火)から3月14日(日)まで開催される。

昭和を駆け抜けた「上杜会」の軌跡

小磯良平《着物の女》1936年 神戸市立小磯記念美術館
小磯良平《着物の女》1936年 神戸市立小磯記念美術館

「上杜会(じょうとかい)」とは、東京美術学校(現東京藝術大学)始まって以来の“秀才揃い”と称された1927年西洋画科卒業生が結成した美術団体だ。

牛島憲之《秋川》1934年 熊本県立美術館
牛島憲之《秋川》1934年 熊本県立美術館

在学中に帝展に初入選を果たした者も多く、戦前には10名以上がヨーロッパ留学を経験。官展や在野展への参加や結成など、各々が独自の道を歩みながらも多くは昭和期終盤まで画家として活躍した。なかでも、牛島憲之、小磯良平、荻須高徳という3人の文化勲章受賞者を輩出しているのは極めて稀なことである。

矢田清四郎《五月の出雲路》1975年 個人蔵
矢田清四郎《五月の出雲路》1975年 個人蔵

戦時中、壮年期を迎えていた上杜会メンバーからは、従軍画家として小磯良平や猪熊弦一郎らが戦地を訪れてはいたものの、多くは兵役を免れた。しかしそれゆえ終戦直後には、画壇や体制に対する変革への強い要求に向き合うことに。画家として自らなすべきことを自問した彼らは、洋画壇の主軸を担ったり、異国に新境地を求めたり、地方の美術振興に尽力したり、あるいは画壇から離れたりと、独自の道を歩むこととなった。

昭和の洋画壇の一様、そして画家としての生きざま

猪熊弦一郎《或晴れた一日》1992年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
猪熊弦一郎《或晴れた一日》1992年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
© 公益財団法人ミモカ美術振興財団

展覧会「わが青春の上杜会─昭和を生きた洋画家たち」では、昭和という激動の時代を駆け抜けた上杜会メンバーの軌跡を、その作品約120点を通して紹介。

岡田謙三《入江》1973年 京都国立近代美術館
岡田謙三《入江》1973年 京都国立近代美術館

小磯良平の《着物の女》、上杜会の継続と発展に大きく寄与した小堀四郎の《冬の花束》、そして海外でも活躍した岡田謙三の《入江》や猪熊弦一郎の《或晴れた一日》など、当時もっともアカデミックな美術教育を受けながらも、その作風は多岐にわたる作品の数々を目にすることができる。

展覧会概要

展覧会「わが青春の上杜会─昭和を生きた洋画家たち」
会期:2021年1月5日(火)〜3月14日(日) 会期中に一部展示替えあり
[前期 1月5日(火)〜2月7日(日) / 後期 2月9日(火)〜3月14日(日)]
会場:豊田市美術館
住所:愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1
休館日:月曜日(1月11日(月・祝)は開館)
開館時間:10:00~17:30(入場は17:00まで)
観覧料:一般 1,000円(800円)、高校・大学生 700円(500円)、中学生以下 無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※障がい者手帳の所持者(介添者1名を含む)、豊田市内在住又は在学の高校生および豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)
※前売券の販売場所は、豊田市美術館(12月13日(日)まで)、T-FACE 2Fインフォメーション(1月4日(月)まで)

■出品作家
青山襄、石井清夫、犬丸順衛、猪熊弦一郎、牛島憲之、大月源二、岡田謙三、荻須高徳、 荻野暎彦、加山四郎、小磯良平、高野三三男、小堀四郎、近藤啓二、島野重之、杉浦俊雄、染木煦、高島功、高橋弘二、永田一脩、中西利雄、橋口康雄、菱田武夫、深井修次、 藤岡一、水上信雄、森達雄、矢田清四郎、山口長男
〈顧問〉藤島武二、岡田三郎助、和田英作、小林萬吾、長原孝太郎

【問い合わせ先】
豊田市美術館
TEL:0565-34-6610(代表)

Photos(8枚)

展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像1 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像2 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像3 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像4 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像5 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像6 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像7 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像8

Photos(8枚)

展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像1 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像2 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像3 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像4 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像5 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像6 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像7 展覧会「わが青春の上杜会」豊田市美術館で - 小磯良平や荻須高徳など、昭和の洋画約120点 画像8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報

スケジュール

「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.1.22(金)~2021.3.7(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.1.22(金)~2021.3.28(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
2021.1.22(金)~2021.4.11(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
2021.1.22(金)~2021.3.22(月)
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
2021.1.23(土)~2021.2.7(日)
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
 スケジュール一覧