menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点

がまくんとかえるくん誕生50周年記念「アーノルド・ローベル」展が、東京・立川のプレイ ミュージアムにて2021年1月9日(土)から3月28日(日)まで開催される。さらに、2021年4月3日(土)から5月23日(日)には広島に、その後は関西、東北に巡回する予定だ。

“がまくんとかえるくん”のアーノルド・ローベル、日本初の展覧会

『ふたりはきょうも』(1979)表紙スケッチ
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1979 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
『ふたりはきょうも』(1979)表紙スケッチ
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1979 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.

「アーノルド・ローベル」展では、「がまくんとかえるくん」で知られる絵本作家のアーノルド・ローベルの、絵と言葉による豊かなクリエーションにフォーカス。貴重な原画やスケッチ、アニメーションを紹介する、日本初の展覧会となる。

『ふたりはともだち』(1970)「すいえい」レイアウト
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1970 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
『ふたりはともだち』(1970)「すいえい」レイアウト
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1970 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.

深い友情で結ばれた「がまくんとかえるくん」の物語は、シリーズ最初の本が出版されてから半世紀を経てもなお世界中で愛されている。日本でも、小学校の教科書に採用されるなど、広く親しまれてきた。アーノルド・ローベルは絵本作家として、「がまくんとかえるくん」シリーズをはじめ、54年間の生涯の中で100冊もの絵本を世に送り出した。

約30冊の絵本を原画・スケッチなど約200点を通して紹介

『ふくろうくん』(1975)表紙スケッチ
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1975 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.
『ふくろうくん』(1975)表紙スケッチ
Courtesy of the Estate of Arnold Lobel. © 1975 Arnold Lobel. Used by permission of HarperCollins Publishers.

エリック・カール絵本美術館との共同企画となる、今回の「アーノルド・ローベル」展では、「がまくんとかえるくん」を中心とする約30冊の絵本を、約200点もの貴重な原画やスケッチを通して紹介する。さらに、アニメーション作家の加藤久仁生による、がまくんとかえるくんの日常を描いたアニメーション作品「一日一年」も特別上映。様々な角度から、アーノルド・ローベルの作り出す世界観を楽しめそうだ。

図録・オリジナルグッズも販売

また、展覧会に合わせて展覧会図録やオリジナルグッズも販売される。

【詳細】
がまくんとかえるくん誕生50周年記念「アーノルド・ローベル」展
会期:2021年1月9日(土)~3月28日(日)
会場:プレイ ミュージアム
住所:東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
TEL:042-518-9625
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:会期中無休
入場料:一般 1,500円、大学生1,000円、高校生 800円、中・小学生 500円
※未就学児無料

■割引制度(併用不可)
・立川市在住・在学の場合、[立川割]の対象。証明できるものの提示が必要。
[立川割]一般 1,000円 、大学生 600円、高校生 500円、中・小学生 300円
・[障害者割引]障害者手帳を提示した人とその介添人1名は半額
・[相互割引]「一般」で入場した人は、プレイ パークを200円引きで利用できる。
※「企画展」「常設展」の2つの展覧会を観覧可能。 
※特典つき
※当日に限り入退場自由
※平日は当日券のみ/休日はオンラインチケットの日付指定券を販売(希望者向け)
※会場内はすべて写真・動画撮影可

■同時開催
オープン記念常設展「エリック・カール 遊ぶための本」
開催期間:2020年6月10日(水)~2021年3月28日(日)

■巡回展
・広島
開催期間:2021年4月3日(土)~5月23日(日)
場所:ひろしま美術館
住所:広島県広島市中区基町3-2 中央公園内
※その後、関西、東北にも巡回予定。

Photos(12枚)

“がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像1 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像2 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像3 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像4 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像5 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像6 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像7 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像8 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像9 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像10 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像11 “がまくんとかえるくん”絵本作家「アーノルド・ローベル」展が東京・広島で、原画など約200点 画像12

Photos(12枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品

スケジュール

「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.1.22(金)~2021.3.7(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.1.22(金)~2021.3.28(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
2021.1.22(金)~2021.4.11(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
2021.1.22(金)~2021.3.22(月)
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
2021.1.23(土)~2021.2.7(日)
H.R.ギーガー×空山基の展覧会が心斎橋パルコで開催、記念書籍や限定ベアブリックも
 スケジュール一覧