menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画

展覧会「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」が、静岡市美術館にて2021年11月20日(土)から2022年1月23日(日)まで開催される。その後、2022年2月9日(水)より、茨城県近代美術館に巡回予定だ。

近代フランス風景画の変遷をたどる

クロード・モネ《べリールの岩礁》1886年 Inv. 907.19.191 ランス美術館
クロード・モネ《べリールの岩礁》1886年 Inv. 907.19.191 ランス美術館
© MBA Reims 2019/Photo : C.Devleeschauwer

西洋絵画における風景画は、18世紀ごろまで、主に理想化された情景を扱ってきた。しかし19世紀に入ると、 バルビゾン派をはじめとする画家たちが身近な風景を描くことを試みるようになり、以後、印象派へと続く近代風景画の流れが形成されたのだった。

展覧会「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」では、フランスのシャンパーニュ地方の古都・ランス中心部に建つランス美術館の収蔵作品を中心とする約70点あまりの作品から、近代フランスにおける風景画の変遷をたどる。

コローと19世紀風景画の先駆け

ジャン゠バティスト・カミーユ・コロー《湖畔の木々の下のふたりの姉妹》1865-70年 Inv.887.3.82 ランス美術館
ジャン゠バティスト・カミーユ・コロー《湖畔の木々の下のふたりの姉妹》1865-70年 Inv.887.3.82 ランス美術館
© MBA Reims 2019/Photo : C.Devleeschauwer

フランスで「風景」が絵画の主題として認められるようになったのは、18世紀末のこと。第1章では、詩情あふれる風景画を描いたカミーユ・コローや19世紀風景画の先駆者を紹介。なかでも、ランス美術館の充実したコレクションから、《湖畔の木々の下のふたりの姉妹》や《突風》などのコロー作品16点が出品される。

バルビゾン派の風景画

ジュール・デュプレ《風車》1835年頃 Inv. 907.19.102 ランス美術館
ジュール・デュプレ《風車》1835年頃 Inv. 907.19.102 ランス美術館
© MBA Reims 2019/Photo : C.Devleeschauwer

1820年代から30年代にかけて、バルビゾン派と呼ばれた画家たちは、パリから約60km南東に位置するフォンテーヌブローの森に集まり、自然の客観的な観察に基づいて風景画を制作した。第2章では、テオドール・ルソー《沼》やジュール・デュプレ《風車》など、物語性を排して写実的な風景画を手がけたバルビゾン派の作品を紹介する。

画家=版画家と風景画の発展

シャルル゠フランソワ・ドービニー《カラスのいる木》1867年 個人蔵
シャルル゠フランソワ・ドービニー《カラスのいる木》1867年 個人蔵

ところで、写真技術が浸透するまで、絵画の複製には版画が用いられていた。19世紀には、それまで専門の版画家が作成していた版を画家自らが手がけるようになり、風景画の普及と発展にも寄与した。第3章では、コローやバルビゾン派の画家による風景版画を目にすることができる。

変化に富む空模様を捉えたブーダン

ウジェーヌ・ブーダン《ベルク、出航》1890年 Inv. 907.19.34 ランス美術館
ウジェーヌ・ブーダン《ベルク、出航》1890年 Inv. 907.19.34 ランス美術館
© MBA Reims 2019/Photo : C.Devleeschauwer

第4章では、ノルマンディー沿岸を中心に戸外制作を積極的に行ったウジェーヌ・ブーダンにフォーカス。刻々と変化する空や光の表情を描きとめるブーダンは、バルビゾン派と後の印象派を架橋する役割を担なった。ここでは、《ベルク、出航》をはじめ、変化に富む空模様を繊細に捉えた風景画を展示する。

印象派の展開

ピエール゠オーギュスト・ルノワール《風景》1890年頃 Inv. 949.1.61 ランス美術館
ピエール゠オーギュスト・ルノワール《風景》1890年頃 Inv. 949.1.61 ランス美術館
© MBA Reims 2019/Photo : C.Devleeschauwer

なおも風景画が低い地位にあった19世紀後半、クロード・モネやカミーユ・ピサロといった若い世代の画家は積極的に戸外での制作を行い、近代化が進むパリの都市風景や郊外の自然風景をいきいきと描きだした。

筆触分割による明るい色彩と大胆な筆跡を特徴とする彼らの作品は幾たびと非難されたものの、その革新的表現は近代絵画に大きな転換をもたらすこととなった。第5章では、そうした「印象派」の展開に目を向け、モネ《べリールの岩礁》やルノワール《風景》などを展示する。

展覧会概要

展覧会「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」
会期:2021年11月20日(土)〜2022年1月23日(日)
会場:静岡市美術館
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
休館日:毎週月曜日、年末年始/12月27日(月)~1月1日(土・祝)
※ただし1月3日(月)・1月10日(月・祝)は開館、1月4日(火)・1月11日(火)は休館
開館時間:10:00~19:00 ※展示室入場は閉館30分前まで
観覧料:一般 1,300円(1,100円)、大高生・70歳以上 900円(700円)、中学生以下無料
※( )内は前売及び当日に限り20名以上の団体料金
※障がい者手帳等持参者および介助者原則1名は無料
※前売券は10月9日(土)~11月19日(金)の期間販売
※日時指定予約は静岡市美術館 公式ホームページにて受付

■巡回展
・茨城県近代美術館
会期:2022年2月9日(水)~3月27日(日)
住所:茨城県水戸市千波町東久保666-1

■終了した会場
・北九州市立美術館
会期:2020年7月25日(土)〜9月6日(日)
住所:福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21-1
・島根県立美術館
会期:2020年9月12日(土)~11月3日(火・祝)
住所:島根県松江市袖師町1-5
・福井県立美術館
会期:2021年2月27日(土)〜3月21日(日)
住所:福井県福井市文京3-16-1
・名古屋市美術館
会期:2021年4月10日(土)~6月6日(日)
住所:愛知県名古屋市中区栄2-17-25 芸術と科学の杜・白川公園内
・SOMPO美術館
会期:2021年6月25日(金)〜9月12日(日)
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1
・宮城県美術館
会期:2021年9月18日(土)~11月7日(日)
住所:宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1

※画像写真の無断転載を禁ずる。

Photos(17枚)

展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真1 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真2 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真3 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真4 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真5 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真6 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真7 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真8 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真9 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真10 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真11 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真12 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真13 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真14 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真15 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真16 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真17

Photos(17枚)

展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真1 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真2 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真3 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真4 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真5 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真6 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真7 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真8 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真9 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真10 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真11 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真12 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真13 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真14 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真15 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真16 展覧会「風景画のはじまり コローから印象派へ」静岡で、モネなどでたどる近代フランス風景画|写真17

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
パリで活躍した画家・荻須高徳の展覧会、愛知・広島で - 街並みを描いた油彩画など展示
2021.10.23(土)~2021.12.19(日)
パリで活躍した画家・荻須高徳の展覧会、愛知・広島で - 街並みを描いた油彩画など展示
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
2021.12.25(土)~2022.3.21(月) 開催予定
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
田部光子展が福岡市美術館で -《人工胎盤》や《プラカード》ほか、九州派時代〜現在の軌跡をたどる
2022.1.5(水)~2022.3.21(月) 開催予定
田部光子展が福岡市美術館で -《人工胎盤》や《プラカード》ほか、九州派時代〜現在の軌跡をたどる
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性
2021.12.17(金)~2022.4.3(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性

スケジュール

展覧会「MONDO 映画ポスターアートの最前線」東京&京都で、“もう1つの”映画ポスター71点を展示
2021.12.7(火)~2022.3.27(日)
展覧会「MONDO 映画ポスターアートの最前線」東京&京都で、“もう1つの”映画ポスター71点を展示
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
2021.12.9(木)~2022.1.10(月)
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
 スケジュール一覧