menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』感情をなくした4人の若者によるバンド

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』が2019年6月14日(金)、全国でロードショー。

感情をなくした4人の13歳の若者が話題のバンドに…

『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真1

ゾンビのように感情を失ってしまった少年少女がバンド“LITTLE ZOMBIES"を結成。すると意外にも社会現象と呼べるヒットに。それでも小さなゾンビたちは予想もしない運命に翻弄されていく…というストーリー。

4人の若者たちは最後に何を見つけるのか?

監督はサンダンス映画祭グランプリの長久允

『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真13

短編映画『そうして私たちはプールに金魚を、』で大きな注目を集めた長久允。サンダンス映画祭のショートフィルム部門では、その圧倒的なオリジナリティが評価され、日本映画としては初めてグランプリを受賞した。そんな長久允が初の長編映画に挑む。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真4

注目の若手に、脇を固める豪華キャストたち

物語の主人公であり、劇中バンド「リトルゾンビーズ」を演じるのは、『そして父になる』にて主人公の息子を演じた二宮慶多。彼をはじめ、中島セナ、水野哲志、そして天才似顔絵師として話題の奥村門土。彼らを囲むように、佐々木蔵之介、工藤夕貴、池松壮亮菊地凛子らが出演する。

『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真8

『ウィーアーリトルゾンビーズ』あらすじ

火葬場で出会ったヒカリ(二宮慶多)、イシ(水野哲志)、タケムラ(奥村門土)、イクコ(中島セナ)は、両親を亡くしても泣くことが出来なかった。そんなゾンビのように感情を失ってしまった少年少女はこころを取り戻すために、持ち主をなくしたそれぞれの家を巡リ始める。そんな冒険の中でたどり着いたゴミ捨て場で、彼らはバンドを結成する。その名も“LITTLE ZOMBIES"。そこで撮影した映像が話題を集め、社会現象となるまでに大ヒットしてしまう。しかし、小さなゾンビたちは予想もしない運命に翻弄されていく。嵐のような日々の中で、4人が最後に見つけたのはなにか?

『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真3

作品詳細

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』
監督・脚本:長久允
出演:二宮慶多、水野哲志、奥村門土、中島セナ、佐々木蔵之介、工藤夕貴、池松壮亮、初音映莉子、村上淳、西田尚美、佐野史郎、菊地凛子、永瀬正敏 
プロデューサー:山西太平、高橋信一、横山治己、長谷川晴彦
配給:日活
制作プロダクション:ROBOT

©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

Photos(14枚)

『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真1 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真2 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真3 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真4 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真5 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真6 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真7 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真8 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真9 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真10 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真11 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真12 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真13 『ウィーアーリトルゾンビーズ』場面カット|写真14

Photos(14枚)

キーワードから探す