menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点

展覧会「日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」が、国立西洋美術館にて2019年6月18日(火)から9月23日(月・祝)まで開催される。

フィンランドの近代美術に革新をもたらした女性芸術家

ヘレン・シャルフベック《占い師(黄色いドレスの女性)》1926年 フィンランド国立アテネウム美術館
Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection
Photo: Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen
ヘレン・シャルフベック《占い師(黄色いドレスの女性)》1926年 フィンランド国立アテネウム美術館
Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection
Photo: Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen

「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」では、独立前後のフィンランドを生き、フィンランドの近代美術に革新をもたらした女性アーティストにフォーカス。ヘレン・シャルフベックをはじめ、パリでロダンに学び、彼の代表作《カレーの市⺠》制作時の助手も務めた彫刻家シーグリッド・アフ・フォルセルスなど、7人の女性芸術家を、絵画、彫刻、素描、版画など約90点の作品を通して紹介する。

マリア・ヴィーク《ボートをこぐ女性、スケッチ》1892年頃 フィンランド国立アテネウム美術館
Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection
Photo: Finnish National Gallery / Jenni Nurminen
マリア・ヴィーク《ボートをこぐ女性、スケッチ》1892年頃 フィンランド国立アテネウム美術館
Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection
Photo: Finnish National Gallery / Jenni Nurminen

19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドでは、ロシアからの独立運動や、新国家形成に伴い、社会における女性の立場や役割にも大変革が起こった。美術界においても同様の動向が見られ、フィンランド最初の美術学校では、創立当初から男女平等の美術教育を奨励。当時の女性たちは、奨学金や留学のチャンスをつかみ、国際的な環境で芸術家としてのキャリアを開いていった。

国際的で「モダン」な姿勢を追求

エレン・テスレフ《装飾的風景》1910年 フィンランド国立アテネウム美術館
Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum
Photo: Finnish National Gallery / Yehia Eweis
エレン・テスレフ《装飾的風景》1910年 フィンランド国立アテネウム美術館
Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum
Photo: Finnish National Gallery / Yehia Eweis

「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」で焦点を当てる7人の女性アーティストは、独立に湧いた激動の時代においても、国際的で「モダン」な姿勢を追求した芸術家達。しなやかさと強さを持ち合わせ、⾃⽴したキャリアや⾰新的な表現を求めて生き生きと活動した。

シーグリッド・アフ・フォルセルス《青春》1880年代 フィンランド国立アテネウム美術館
Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum
Photo: Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen
シーグリッド・アフ・フォルセルス《青春》1880年代 フィンランド国立アテネウム美術館
Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum
Photo: Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen

日本でも回顧展も開催された、フィンランドを代表するモダニズムの画家、ヘレン・シャルフベックをはじめ、肖像画家として人気を博したマリア・ヴィーク、革新的な色彩表現を追求したエレン・テスレフ、色彩と光の表現を追求したシーグリッド・ショーマン、文学的な主題の絵を描いたエルガ・セーセマン、彫刻家のシーグリッド・アフ・フォルセルス、彫刻・版画などを手掛けたヒルダ・フルディーンといった女性芸術家を紹介する。

詳細

日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念
モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち
会期:2019年6月18日(火)〜9月23日(月・祝)
会場:国立西洋美術館 新館展示室
住所:東京都台東区上野公園7-7
開館時間:9:30〜17:30 ※毎週金・土曜日 9:30〜21:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、7月16日(火)(ただし、7月15日(月・祝)、8月12日(月・休)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開館)
観覧料金:当日 ⼀般500円(400円)、大学生250円(200円)
※本展は常設展の観覧券で観覧可能。
※( )内は20名以上の団体料金。
※高校生以下及び18歳未満、65歳以上は無料(入館の際に学生証または年齢の確認できるものの提示が必要)。
※心身障害者および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳の提示が必要)。
※毎週金・土曜日の夜間開館時(17:00〜21:00)、および毎⽉第2・第4 ⼟曜⽇は本展および常設展は観覧無料。
※「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」(6月11日(火)〜9月23日(月・祝))観覧当日に限り、同展観覧券で本展も観覧可能。

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

Photos(7枚)

展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像1 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像2 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像3 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像4 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像5 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像6 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像7

Photos(7枚)

展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像1 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像2 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像3 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像4 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像5 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像6 展覧会「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館で、絵画など約90点 画像7

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
東京都内のおすすめ展覧会特集 - 美術館・博物館で楽しめるアート作品&開催スケジュール
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
<2021年>おすすめ音楽アーティスト、スポティファイが選ぶ注目株を人気楽曲と共に紹介
<2021年>おすすめ音楽アーティスト、スポティファイが選ぶ注目株を人気楽曲と共に紹介

スケジュール

「電線絵画展」練馬区立美術館で - 絵画や現代美術などから探る、電線・電柱へのまなざしの変遷
2021.2.28(日)~2021.4.18(日)
「電線絵画展」練馬区立美術館で - 絵画や現代美術などから探る、電線・電柱へのまなざしの変遷
「チームラボ 偕楽園 光の祭」日本三名園の一つ、茨城・水戸の偕楽園が光のアート空間に
2021.3.1(月)~2021.3.31(水)
「チームラボ 偕楽園 光の祭」日本三名園の一つ、茨城・水戸の偕楽園が光のアート空間に
写真家・澤田知子の大規模個展、東京都写真美術館で - “内面と外見の関係”を問うポートレイト作品
2021.3.2(火)~2021.5.9(日)
写真家・澤田知子の大規模個展、東京都写真美術館で - “内面と外見の関係”を問うポートレイト作品
「最果タヒ展」現代詩人の“詩の展示”名古屋&大阪・心斎橋で、歩き回って詩の世界を体感
2021.3.5(金)~2021.3.21(日)
「最果タヒ展」現代詩人の“詩の展示”名古屋&大阪・心斎橋で、歩き回って詩の世界を体感
「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う
2021.3.6(土)~2021.5.9(日)
「機動戦士ガンダム」生みの親“富野由悠季”の展覧会が全国6会場で - 55年間の活動を追う
 スケジュール一覧