menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

マーベル映画『アイアンマン2』パワードスーツを纏ったヒーロー再び!物語に忍び寄る影

映画『アイアンマン2』は、前作『アイアンマン』に続くマーベル作品。ロバート・ダウニーJr.が引き続き主演を務める。

アイアンマン再び!

物語の主人公 トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)は、大企業スターク・インダストリーのCEO兼天才科学者。邪悪なテロ組織と闘うために、彼が最先端技術を駆使して開発したパワードスーツ(通称:アーマー)は、防御力、戦闘力、飛行機よりも優れた飛行性能を持つ究極の一着。そんなアーマーを自ら纏い、平和のために戦う“アイアンマン”としての活躍を描いた前作は、全世界で大ヒットを記録した。

スタークに忍び寄る危機

『アイアンマン2 』場面カット|写真1

『アイアンマン2』は、自らが“アイアンマン”であることを公表したスタークに、新たな危機が迫るストーリー。軍事利用のためパワードスーツの没収を命ずる米国政府との対立や、スタークに恨みを抱く新たな敵“ウィップラッシュ”の登場。また敵サイドでは、アイアンマンと互角の強力なパワードスーツが開発されてしまうーー。

最悪のピンチの迫るスタークだが、彼の身体には良からぬ異変が。彼の胸に埋め込まれていたエネルギー源“リアクター”が中毒反応を引き起こし、彼の体をむしばんでいたのだ…。

スタークを取り巻くメインキャラクター

前作からのお馴染みキャクター、ペッパー・ポッツをはじめ、スタークを取り巻く新キャラクターが続々と登場。ハリウッドを代表する豪華キャスト勢の顔ぶれにも注目してほしい。

『アイアンマン2 』場面カット|写真3

ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)
前作ではスタークの秘書だった。『アイアンマン2』ではスタークから依頼され、スターク・インダストリーズのCEOに昇進することに。スタークに恋心を抱いてる?
ジェームズ・ローディ・ローズ(ドン・チードル)
アメリカ空軍の中佐であり、スタークと以前から繋がりがある。アイアンマン姿でハメを外すスタークに激怒。スターク邸にあった他のパワードスーツを纏い、スタークと対決する。
ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)
ペッパーの秘書として登場。実は国家平和組織シールドのスパイ。言語を巧みに操り、格闘術も身につけている。
イワン・ヴァンコ/ウィップラッシュ(ミッキー・ローク)
スタークに恨みを抱くロシアの物理学者。

【詳細】
『アイアンマン2』
製作総指揮・監督:ジョン・ファヴロー
脚本:ジャスティン・セロー
製作:ケヴィン・ファイギ
キャスト:ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロウ、ドン・チードル、スカーレット・ヨハンソン、ミッキー・ローク、サム・ロックウェル、サミュエル・L・ジャクソン

商品情報

『アイアンマン2 』場面カット|写真5

『アイアンマン2』
MovieNEX発売中/デジタル配信中
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2017 MARVEL

© 2017 MARVEL

Photos(5枚)

『アイアンマン2 』場面カット|写真1 『アイアンマン2 』場面カット|写真2 『アイアンマン2 』場面カット|写真3 『アイアンマン2 』場面カット|写真4 『アイアンマン2 』場面カット|写真5

Photos(5枚)

『アイアンマン2 』場面カット|写真1 『アイアンマン2 』場面カット|写真2 『アイアンマン2 』場面カット|写真3 『アイアンマン2 』場面カット|写真4 『アイアンマン2 』場面カット|写真5

キーワードから探す