menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他

東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターにて、日本アニメーションを紹介する「映画の教室 2017  素材から観る日本アニメーション」が、2017年6月28日(水)から7月26日(水)までの毎週水曜日、全5回開催される。


『ペンギンぼうや ルルとキキ』 (16分、1958年、監督:持永只仁)

日本でアニメーション映画が誕生したとされる1917年から100年を迎えた2017年。今回の「映画の教室」では、今や日本を代表する文化に成長したアニメーション映画を、切り紙、人形、セル画といった、映画を作る“素材”に注目した構成で紹介する。

6月28日(水)に行われる第1回目のテーマは「切り紙・影絵アニメーション」。カラーセロファンによる艶やかな影絵アニメを制作した大藤信郎の作品など、全6作品を上映する。カンヌ国際映画祭でピカソやコクトーが絶賛したという大藤作の『くじら』や、切り紙アニメの傑作『月の宮の王女様』など、注目作品が揃う。

7月5日(水)の第2回目では、ティム・バートンにも影響を与えたとされる持永只仁などの人形アニメーション(パペットアニメ)作品を上映。翌週の第3回目は、1958年に公開された日本初の長編カラーアニメーション映画『白蛇伝』を上映する。

7月19日(水)の第4回目もセルアニメーションにフォーカス。虫プロが倒産する前の最後の作品となった実験的映画『哀しみのベラドンナ』を上映する。「アニメロマネスク」として発表された、文学性の高い大人向けの作品だ。


『頭山 Mt.HEAD』 (10分、2002年、監督:山村浩二)
©Yamamura Animation

最終回は、テーマを「さまざまな素材と手法」として、古いものは1924年から、新しいものでは2002年の『頭山』までの全8作品が紹介される。切り紙と実写を合成した大藤信郎の『煙り草物語』や、写真や紙芝居風の手法を用いた虫プロの作品など、様々な素材やスタイルが交差するラインナップだ。

各回とも、上映に加えて研究員による約15分の解説がつく。定員制となっており、19時20分から(発券は当日19時から)開始する。なお、本上映会は10月11日(水)より別のテーマで後期の開催も予定されている。

【詳細】
「映画の教室 2017  素材から観る日本アニメーション」
開催日:2017年6月28日(水)、7月5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水) ※全5回・毎週水曜日
開始時間:19:20~ ※終了時間は各回異なる。約15分間の研究員の解説付き。
開場・発券:当日19:00~ ※発券は地下1階受付。
※定員制(151名)
※混雑時も19:20まで席を確保できる「映画の教室」会員証(300円)を発売。
会場:東京国立近代美術館 フィルムセンター 小ホール
住所:東京都中央区京橋3-7-6 
料金:一般 520円、高校・大学生・シニア 310円、小・中学生 100円、障がい者と付添者1名・キャンパスメンバーは無料
※定員に達し次第締め切り。発券は1人1枚まで。
※学生・シニア・障がい者・キャンパスメンバーなどは証明できるものを提示。

<スケジュール>
■6月28日(水)「切り紙・影絵アニメーション」約64分
上映作品:『黒ニャゴ』[デジタル復元版](3分・千代紙映画社)、『くじら(KUJIRA)』[デジタル復元版](9分・大藤スタジオ)、『幽霊船(YUUREI SEN)』[デジタル復元版](11分・大藤スタジオ)、『お蝶夫人の幻想』(12分・朝日映画)、『お花のおひめさま』(18分・日本教育映画株式会社)、『新版 月の宮の王女様』[サクラグラフ版](11分・横浜シネマ商会)
■7月5日(水)「人形アニメーション」約61分
上映作品:『ペンギンぼうや ルルとキキ』(16分・人形映画製作所)、『道成寺』(19分・川本プロダクション)、『おこんじょうるり』(26分・桜映画社=エコー社)
■7月12日(水)「セルアニメーション:東映動画」約79分
上映作品:『白蛇伝』(79分・東映動画)
■7月19日(水)「セルアニメーション:虫プロ 」約80分
上映作品:『la sorcière 哀しみのベラドンナ』(80分・虫プロダクション)
■7月26日(水)「さまざまな素材と手法」約53分
上映作品:『煙り草物語』(3分・自由映画研究所)、『AN EXPRESSION(表現)』(3分)、『PROPAGATE(開花)』(4分)、『人間動物園』(2分・久里実験漫画工房)、『めもりい』(6分・虫プロダクション)、『創世記』(4分・虫プロダクション)、『りすのパナシ』(21分・電通=電通映画社)、『頭山 Mt.HEAD』(10分・Yamamura Animation)
※記載した上映分数は、当日のものと多少異なることがある。

Photos(4枚)

日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他 画像1 日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他 画像2 日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他 画像3 日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他 画像4

Photos(4枚)

日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他 画像1 日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他 画像2 日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他 画像3 日本名作アニメを学べる「映画の教室」東京国立近代美術館フィルムセンターで、虫プロの作品や影絵アニメ他 画像4

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
2019年2月1日(金)公開
映画『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、中島美嘉の名曲を映画化 - フィンランドが舞台のラブストーリー
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
【映画】2019年の話題作<洋画編>スパイダーマンやスター・ウォーズの新作が登場
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生
2019年1月8日(火)オープン
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【映画】2019年 邦画作品を一挙紹介 - 人気コミックや小説の実写化作など注目作が満載
【対談】エディ・レッドメイン×ジュード・ロウ、“はみ出し者”を描くファンタビの魅力とは?
【対談】エディ・レッドメイン×ジュード・ロウ、“はみ出し者”を描くファンタビの魅力とは?

スケジュール

「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」横浜・赤レンガ倉庫で開催、日本初含む約420点の衣裳や写真
12月19日(水)~2019年1月20日(日)開催
「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」横浜・赤レンガ倉庫で開催、日本初含む約420点の衣裳や写真
「華やぐ着物 大正、昭和の文様表現」文化学園服飾博物館で - 大正~昭和を生きた女性の“おしゃれ”
12月20日(木)~2019年2月16日(土)開催
「華やぐ着物 大正、昭和の文様表現」文化学園服飾博物館で - 大正~昭和を生きた女性の“おしゃれ”
「アルフォンス・ミュシャ展」が新宿で - 代表作「ジスモンダ」など約400点展示、グッズ販売も
12月26日(水)~2019年1月7日(月)開催
「アルフォンス・ミュシャ展」が新宿で - 代表作「ジスモンダ」など約400点展示、グッズ販売も
田中達也「MINIATURE LIFE展」玉川高島屋で、写真&ミニチュア作品約120点展示
12月29日(土)~2019年1月7日(月)開催
田中達也「MINIATURE LIFE展」玉川高島屋で、写真&ミニチュア作品約120点展示
東京国立博物館で「博物館に初もうで」19年干支“イノシシ”題材の作品群&国宝「松林図屏風」も公開
2019年1月2日(水)~2019年1月27日(日)開催
東京国立博物館で「博物館に初もうで」19年干支“イノシシ”題材の作品群&国宝「松林図屏風」も公開
 スケジュール一覧