ホーム > ニュース > アート > ロバート メイプルソープの写真展「メメント モリ」シャネル銀座で、美しさの中に刹那を讃えた花々

ロバート メイプルソープの写真展「メメント モリ」シャネル銀座で、美しさの中に刹那を讃えた花々

シャネル(CHANEL)は、ロバート メイプルソープによる写真展「MEMENTO MORI ロバート メイプルソープ写真展 ピーター マリーノ コレクション」を銀座、シャネル・ネクサス・ホールにて開催。会期は2017年3月14日(火)から4月9日(日)まで。また、京都国際写真祭 2017に4月15日(土)から5月14日(日)まで巡回する。

 
左)Orchid,1988 Gelatin Silver Print、右)Tulip, 1984 Gelatin Silver Print
© Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

ニューヨーク出身の写真家、ロバート メイプルソープ。彼は、被写体の個性を鮮明に引き出した肖像画作品で知られるようになり、数々の社交界の名士や有名人、芸術家を撮影してきた。また、とりわけ花を主眼に置いた静物写真や、世間の物議をかもすほどのセンセーショナルな作品も発表。古典から前衛まで、幅広い製作を行いながらも、そこには一貫した彼の鋭い観察眼とセンスを感じさせる。

本展では、シャネル銀座ビルディングを手がけるなど、国際的に活躍する建築家ピーター マリーノのコレクションからメイプルソープによる作品約90点を展示。マリーノ自身が企画、構成にあたり、展示は3つの空間に分けられた。


Ken Moody & Robert Sherman, 1984 Gelatin Silver Print
© Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission
.

白いフロアと白い壁に覆われた最初の2室では、メイプルソープの古典的な彫刻・静物・体の部位のクローズアップが黒い額縁に展示される。一方で、黒1色に統一された重厚な最後の展示室には、私たちの日常的な視点を揺さぶるような挑発的な作品が並ぶ。

「メメント モリ」という本展のタイトルは、ラテン語で「死を忘れるな」という警句的な意味を持つ。その言葉を体現するように、彼の作品は、美しくシャネルにふさわしい気品を感じさせながらも、時にドキッとさせられるような瞬間があり、美しさゆえの儚さや刹那を感じさせる。そしてマリーノの空間演出は、よりいっそう観るものを作品の中に引き込むことだろう。

【詳細】
MEMENTO MORI ロバート メイプルソープ写真展 ピーター マリーノ コレクション
会期:2017年3月14日(火)〜4月9日(日)
開館時間:12:00〜20:00 ※入場無料・無休
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3
■京都 巡回展「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」
会期:2017年4月15日(土)〜5月14日(日)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

ロバート メイプルソープの写真展「メメント モリ」シャネル銀座で、美しさの中に刹那を讃えた花々 画像1
ロバート メイプルソープの写真展「メメント モリ」シャネル銀座で、美しさの中に刹那を讃えた花々 画像2
ロバート メイプルソープの写真展「メメント モリ」シャネル銀座で、美しさの中に刹那を讃えた花々 画像3
ロバート メイプルソープの写真展「メメント モリ」シャネル銀座で、美しさの中に刹那を讃えた花々 画像4

ニュースデータ

日時:2017-01-24 12:15