ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > 富山県美術館が富岩運河環水公園に17年8月オープン - 20世紀美術を中心に、アートとデザインを繋ぐ

富山県美術館が富岩運河環水公園に17年8月オープン - 20世紀美術を中心に、アートとデザインを繋ぐ

「富山県美術館」が、富岩運河環水公園に2017年8月26日(土)よりオープンする。2016年12月に閉館した富山県立近代美術館が、名前をあらたに移転リニューアルする美術館だ。アートとデザインという2つの大きな軸で展開していく。

これまで多くの名作を紹介してきた富山県立近代美術館

富山県立近代美術館は、城南公園の一角に位置。白御影石とミラーガラスに囲まれたシンプルな外観に、広い展示空間で、多くの人に親しまれてきた。作品としては、ピカソ、ミロ、シャガール、ウォーホール、草間彌生など、有数のアートコレクションを紹介してきたが、2016年12月28日をもって閉館した。

新しく誕生する富山県美術館

美術館の外観と空間

富山県美術館は、富岩運河環水公園に移動。運河の記憶を残す公園の一角に、巨大な船のような造形の外観で建設される。建物の東向きの一面は、全てガラスで覆われ開放的な空間となる。設計を手掛けるのは内藤廣。

屋上には、芝生広場が広がる。ふわふわ、ぐるぐる、ひそひそなど、たくさんの「オノマトペ」であふれた遊具が、子どもたちの想像力の源になりそう。アートとデザインで未来へと想像力、創造性を繋いでいくだろう。

美術館の各フロア

1階フロアにはカフェやミュージアムショップ、ギャラリーがあり、2階がメインの展示フロアとなっている。常設展示室では約2カ月に1回のペースで展示替えが行われ、20世紀から今日までの自慢の所蔵コレクションが披露される。企画展示室では、20世紀美術を中心に、アートやデザインを感じられる展覧会が開催される予定だ。

2階のホワイエは壁面全体がガラス張りで、立山連峰のダイナミックな展望を楽しめる。3階はアートとデザインをつなぐフロアとして、ポスターや椅子を中心としたデザインコレクションを展示する展示室や、富山県出身の美術評論家・瀧口修造と、音楽家シモン・ゴールドベルクの集めた名品や資料を展示する部屋も備える。ほかに、図書コーナーやホール、キッズルーム、「日本橋たいめいけん」が出店するレストランなどが設置される。

新しいロゴマーク

富山県美術館の新しいロゴマーク及びロゴタイプの制作は永井一正が担当した。TOYAMAの頭文字「T」をベースにAとDで構成。白く輝く立山が映える空の色と、富山湾の深いブルーをイメージしている。

概要

富山県美術館
開館日:2017年8月26日(土) ※2017年春にレストラン、カフェなど一部開館。
住所:富山市木場町3-20
開館時間:9:30~18:00 ※屋上庭園は8:00~22:00まで
休館日:水曜日(祝日除く)、祝日の翌日、年末年始
料金:常設展 300円
※児童、高校生以下の学生、学校教育、社会教育活動としての生徒の引率者、各種手帳を持参の障がい者は常設展・企画展無料。70歳以上の人は常設展無料。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

富山県美術館が富岩運河環水公園に17年8月オープン - 20世紀美術を中心に、アートとデザインを繋ぐ 画像1
富山県美術館が富岩運河環水公園に17年8月オープン - 20世紀美術を中心に、アートとデザインを繋ぐ 画像2
富山県美術館が富岩運河環水公園に17年8月オープン - 20世紀美術を中心に、アートとデザインを繋ぐ 画像3
富山県美術館が富岩運河環水公園に17年8月オープン - 20世紀美術を中心に、アートとデザインを繋ぐ 画像4
富山県美術館が富岩運河環水公園に17年8月オープン - 20世紀美術を中心に、アートとデザインを繋ぐ 画像5

ニュースデータ

日時:2017-01-24 15:00