menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ディーパンの闘い』難民たちが掴もうとした、新しい家族の絆 - カンヌ映画祭最高賞パルムドール

映画『ディーパンの闘い』が2016年2月12日(金)、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開される。2015年カンヌ国際映画祭において、パルムドール(最高賞)を受賞した注目の作品だ。

セザール賞新人監督賞を受賞した『天使が隣で眠る夜』でデビューを飾り、その後もフランス国内の数々の賞を獲得してきた鬼才映画監督ジャック・オディアール。そんな彼が今回メガホンをとったのは、人種・宗教・移民問題に揺れる欧州の今を背景にした人間ドラマ。内戦下のスリランカを逃れ、フランスに入国するために偽装家族となる、元兵士ディーパンと女と少女の物語だった。

パリ郊外の集合団地に腰を落ち着け、ささやかな幸せに手を伸ばした矢先、新たな暴力に見舞われる3人。作品には、そんな彼らが暴力や戦いを捨て、愛、そして新しい家族の絆を掴もうとするために闘う姿が描き出されている。

キャスティングにもこだわりが光る。主人公ディーパンを演じたのは、スリランカ内戦の元兵士であり、亡命後、作家として活躍するアントニーターサ ン・ジェスターサン。監督のオディアールは、演技経験のない彼を巧みに操り、荒削りの魅力の中に悩めるディーパンの魂を見出し、スクリーンに浮かび上がらせる。劇中音楽は、エレクトリック・ミュージックの気鋭、ニコラス・ジャーが担当した。

世界で話題を呼び、世界が喝采を送った彼の作品は、この冬見逃せない一本になるだろう。

【作品情報】
『ディーパンの闘い』
公開:2016年2月12日(金) TOHOシネマズ シャンテほか
監督:ジャック・オディアール
脚本:ノエ・ドプレ、トーマス・ビデガン、ジャック・オディアール
音楽:ニコラス・ジャー
出演:アントニーターサン・ジェスターサン、カレアスワリ・スリニバサン、カラウタヤニ・ヴィナシタンビ
2015年/フランス/フランス語、タミル語、英語/115分/
原題:DHEEPAN
日本語字幕:丸山垂穂
© 2015 WHY NOT PRODUCTIONS – PAGE114 – FRANCE 2 CINEMA

Photos(3枚)

『ディーパンの闘い』場面カット|写真1 『ディーパンの闘い』場面カット|写真2 『ディーパンの闘い』場面カット|写真3

Photos(3枚)

『ディーパンの闘い』場面カット|写真1 『ディーパンの闘い』場面カット|写真2 『ディーパンの闘い』場面カット|写真3

キーワードから探す