ホーム > ニュース > 映画 > 映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投

映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投

映画『T2 トレインスポッティング』を紹介

トレインスポッティングの続編、映画『T2 トレインスポッティング』、通称“トレインスポッティング 2”が2017年4月8日(土)より日本で公開される。

T2 トレインスポッティング
原題:T2: Trainspotting
監督:ダニー・ボイル
出演:ユアン・マクレガー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ユエン・ブレムナー
日本公開:2017年4月8日(土)よりロードショー
原作:アーヴィン・ウェルシュ

制作陣&主要キャストが再集結

20年の時を経て帰ってくる『トレインスポッティング』待望の続編映画『T2 トレインスポッティング』の監督は、1作目同様ダニー・ボイルが担当、主要キャストのユアン・マクレガー、ロバート・カーライル、ジョニー・リー・ミラー、ユエン・ブレムナー、ケリー・マクドナルドらも再び集結。なお、公開された予告動画では、アンダーワールドの「Born Slippy NUXX」が起用されており、リック・スミスが映画全体の音楽も担当していることが発表された。

2作目の脚本は、小説『トレインスポッティング』の続編に当たるウェルシュの小説『ポルノ』がベースとなっている。この『ポルノ』は、映画公開に合わせ『T2トレインスポッティング』と改題。2017年3月9日に早川書房から刊行される予定だ。

T2のあらすじ「僕らが選んだー20年後の未来」

スコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げし20年ぶりにオランダからこの地に舞い戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。表向きはパブを経営しながら、売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)。刑務所に服役中のベグビー(ロバート・カーライル)。想像通り?モノ分かりの良い大人になれずに荒んだ人生を疾走する彼らの再会、そして彼らが選ぶ未来とはー。

熱狂的に支持された1作目『トレインスポッティング』

画像はパート1より
©1996 Channel Four Television Corporation MCMXCVC

90年代ポップ・カルチャーの象徴の1つとして社会現象を巻き起こした『トレインスポッティング』。公開は1996年。イギリスをはじめカルト的な人気を得て、ユースカルチャーにも大きな影響を与えた。I・ウェルシュの同名小説に、監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・ホッジなど秀作スリラー『シャロウ・グレイブ』のチームが挑んだ作品。

変死した赤ん坊が天井を這いまわる禁断症状中の幻覚シーンをはじめ、斬新でスピード感のあるカメラワークと音楽、そして粋な台詞などが観る者を圧倒した。

『スター・ウォーズ』シリーズにも出演したユアン・マクレガーと『スラムドッグ$ミリオネア』で米アカデミー賞監督賞を受賞したダニー・ボイル監督の出世作としても有名。ラストシーンに使用された「Born Slippy Nuxx」を手掛けたアンダーワールド(Underworld)もブレイクスルー。彼らが参加する「TOMATO」は『トレインスポッティング』のアートワークを手がけデザインでも注目を集めた。

キャストについて

『T2 トレインスポッティング』の疾走感あふれる日本版予告が公開。かつてヘロイン中毒であった自身と2017年のSNSに依存する社会を重ねながら、エディンバラの地に舞い戻ったレントン。さらにかつての仲間たち、シック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)やスパッド(ユエン・ブレムナー)、ベグビー(ロバート・カーライル)などが姿を現す。この日本版予告は2017年4月21日(金)までの限定公開なので、要チェックだ。

マーク・レントン(ユアン・マクレガー)


マーク・レントン役のユアン・マクレガーが語る映画『T2 トレインスポッティング』の舞台裏

レントンは前作で、お金を持って逃げてオランダに行ってから帰ってこなかった。しかし、本作で、彼はぼろぼろの状態でも戻ってくることになる。ちなみに、以前は、薬物中毒だったが、T2ではランニング中毒というキャラクターになっている。

レントン演じるユアン・マクレガーは、 90年代最高の青春映画と言っても過言ではない『トレインスポッティング』で注目を集め、その後『スター・ウォーズ』新三部作では、ダース・ベイダーへと変貌を遂げるアナキン・スカイウォーカーの師 オビ=ワン・ケノービ役を務めていた。2001年製作のアメリカのミュージカル映画『ムーラン・ルージュ』では、華麗な歌声を披露し話題になった。これまでに、ロンドン映画批評家協会賞最優秀男優賞や、エンパイア賞最優秀男優賞などを受賞している。

スパッド(ユエン・ブレムナー)


スパッド役のユエン・ブレムナーが語る映画『T2 トレインスポッティング』の舞台裏

若さからか、20年前は無敵で恐れることは何もなかったスパッド。20年後の本作で、レントンと再会することになる。

レントンの帰国は彼にとって衝撃的だった。再会したレントンはスパッドの薬物中毒を改善するためにランニングシューズをあげるなどし、スパッドにも少しづつ変化が……。

スパッド演じるユエン・ブレムナーは、本作の舞台にもなっているイギリス・スコットランドのエディンバラ出身の俳優。映画『マッチポイント』や、『パール・ハーバー』、『エイリアンVSプレデター』など、多数の映画に出演している。

ベグビー(ロバート・カーライル)


ベグビー役のロバート・カーライルが語る映画『T2 トレインスポッティング』の舞台裏

アルコール中毒でケンカっぱやいベグビー。前作のラストではレントンの裏切りを知って、ホテルの一室を破壊するほどキレた。彼は20年間刑務所にいたが、出所。出て最初にしようとしたことは、もちろん金を持って逃げたレントンを殺すことだった。

ベグビー演じるロバート・カーライルは自身のキャラクターに関して次のように述べている。「今ではこのキャラクターは僕の友達みたいなものだよ。良く彼のこと知っているしね。いろんな国を訪れると、このキャラクターのことを知っててくれるんだ。」

シック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)


シック・ボーイ役のジョニー・リー・ミラーが語る映画『T2 トレインスポッティング』の舞台裏

007オタクで女たらしのシック・ボーイは、パブ経営に、売春、ゆすりで稼いでいた。彼を演じるジョニー・リー・ミラーは、自身のキャラクターについて次のようにコメントしている「シック・ボーイは、女性をビジネスとして使ったり、前より人としてダークで悲しい人間になってる」。劇中では、再会したレントンと乱闘を繰り広げたり、森の中いシャベルを持っていたりと、その関係性が気になるところ。

日本版予告も期間限定公開

ワールドプレミア開催、作品の舞台でもあるスコットラン ド・エディンバラ にて

現地時間2017年1月22日(日)に主演のユアン・マクレガー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ユエン・ブレムナーら主要キャスト、ダニー・ボイル監督らが参加したワールドプレミア上映が行われた。

続編の公開を待ち望んでいた大勢のファンや前作『トレインスポッティング』のパネルを持った熱狂的なファンは、本作の舞台にもなったスコットランドの首都・エディンバラのプレミア会場であるファウンテンパーク内「スコットランド・エディンバラ シネワールド」に集結。

会場にはレッドカーペッドならぬ、作品のキーカラーでもあるオレンジのカーペッドが敷かれ、ユアンらキャスト達が登場するとこの日一番の歓声があがった。また、サインや写真撮影をリクエストには、キャスト達は一人一人に笑顔で応じた。

前作から20年後を描いた待望の続編についてダニー・ボイル監督は、「前作は制作時に金銭的な理由からエディンバラでの撮影が出来なかった。この場所撮影での撮影と初演に満足している」と語り、続けて主演のユアンは「続編をつくることは、やはりナーバスにはなりました。前作の評価を落としたくはなかったので。ですが、ジョン・ホッジの脚本を読んで『これはいける』って思いました。」と続編への手ごたえを語った。


作品の舞台スコットラン ド・エディンバラ で行われたワールドプレミアの模様

『T2 トレインスポッティング』オリジナル・サウンドトラックの国内盤CD情報

『T2 トレインスポッティング』オリジナル・サウンドトラック

オリジナル・サウンドトラックの国内盤が、2017年3月29日(水)、映画公開に先んじて発売された。80年代から90年代アーティストをメインに、1作目のサントラに収録されていたアーティストの楽曲も本作に収録。

目玉はアンダーワールドの「ボーン・スリッピー」ならぬ「スロー・スリッピー」。1曲目は前作と同じイギー・ポップの「ラスト・フォー・ライフ」プロディジーのリミックス・ヴァージョンが収録されている。尚、国内盤購入者にはJOURNAL STANDARDプロデュースのオリジナルTシャツ(抽選で10名)とオリジナルクリアファイルを(抽選で100枚)をプレゼントする企画も。

『T2 トレインスポッティング』 2,700円(税込)
品番 : UICP-1178
【収録曲】
1、イギー・ポップ - ラスト・フォー・ライフ(ザ・プロディジー・リミックス) 
2、ハイ・コントラスト - ショットガン・マウスウォッシュ 
3、ウルフ・アリス - シルク 
4、ヤング・ファーザーズ - ゲット・アップ 
5、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド - リラックス
6、アンダーワールド・アンド・ユエン・ブレムナー – イヴェンチュアリー・バット(スパッズ・レター・トゥ・ゲイル) 
7、ヤング・ファーザーズ - オンリー・ゴッド・ノウズ
8、ザ・ラバーバンディッツ - ダッズ・ベスト・フレンド
9、ブロンディー - ドリーミン
10、クイーン - RADIO GA GA
11、RUN-DMC VS ジェイソン・ネヴィンス – イッツ・ライク・ザット
12、ザ・クラッシュ - ハマースミス宮殿の白人 
13、ヤング・ファーザーズ - レイン・オア・シャイン 
14、ファット・ホワイト・ファミリー - ホワイテスト・ボーイ・オン・ザ・ビーチ 
15、アンダーワールド - スロー・スリッピー

コラボBARが東京・渋谷にオープン

映画『T2 トレインスポッティング』の公開に合わせ、渋谷スペイン坂のGALLERY X BY PARCOにて4月6日(木)より、コラボバー「T2 BAR ~T2 Trainspotting Exhibition & BAR~」がオープン。

コラボバーでは映画の世界観を展示・音楽・飲食で再現。『トレインスポッティング』/ 『T2 トレインスポッティング』を通じて登場する“トイレ"を再現したフォトスポットや、前作の本国ポスターなどの貴重な制作物の展示など、ファン垂涎の特別空間が現れる。その他、T2 トレインスポッティングとコラボした会場限定商品も登場。映画の世界観の中でタリスカースパイシーハイボールが飲める期間限定BARとなっている。

【概要】
会期:2017年4月6日(木)-4月11日(火) 6日間
営業時間:12:00~22:00
会場:GALLERY X BY PARCO
住所:東京都渋谷区宇田川町13-17
エントランス:1drink 500円

作品情報

T2 トレインスポッティング
原題:T2: Trainspotting
監督:ダニー・ボイル
出演:ユアン・マクレガー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ユエン・ブレムナー
日本公開:2017年4月8日(土)よりロードショー
原作:アーヴィン・ウェルシュ

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像1
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像2
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像3
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像4
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像5
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像6
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像7
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像8
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像9
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像10
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像11
映画『T2 トレインスポッティング』ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガーら主演陣も続投 画像12

ニュースデータ

日時:2017-04-03 10:05