Casely-Hayford

ケイスリー ヘイフォード

ブランドのはじまり

1985年、ジョー ケイスリー ヘイフォードが自身の名を冠したブランドを開始。

ケイスリー ヘイフォードについて

ケイスリー ヘイフォード(Casely-Hayford)はイギリスのファッションブランド。メンズウェアを展開。

デザイナー、ジョー・ケイスリー・ヘイフォード(Joe Casely-Hayford)と、その息子チャーリーがブランドのデザインを手がけている。コレクションのキーワードは「伝統のその先」。ジョーのスキルとキャリアをベースに、サヴィル・ロウのテーラリングなどイギリスの伝統と技術をベースとしつつ、モダンな解釈でデザイン。時代の先を2人の感性で表現している。

ジョー ケイスリー ヘイフォードは1956年、イギリスのケント生まれ。イギリスでもっとも活躍している黒人デザイナーの一人。サヴィル・ロウのテーラーで見習いからキャリアをスタート、その後、ロンドンのテーラー・アンド・カッター・アカデミーで学ぶ。

セントマーチンズに入学し79年に卒業、その後、インスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アーツで美術史を学び。現在では、セントマーチンズで若手デザイナーの育成にも努めるている。

85年、自身のコレクションブランド「ジョー・ケイスリー・ヘイフォード」を開始。89年、「ブリティシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」にノミネート。 91年「フィフス・サークル」というイギリスのメンズウェアデザイナーから構成されるグループの一員としてロンドンコレクションにデビュー。96年にパリ・メンズコレクションに初参加。

2005年、サヴィル・ロウで200年の歴史を持つ有名ブランド「ギーブス&ホークス」及びそのプレタポルテラインの「ギーブス」のクリエイティヴ・ディレクターに就任。2006-2007A/W より、同ブランドでパリ プレタポルテ・コレクションに参加。

2009年春夏コレクションより、子供のチャーリーとともに、ラグジュアリーなメンズウェアブランド「ケイスリー ヘイフォード(Casely-Hayford)」を立ち上げる。

U2の「Zoo TV」ワールドツアーの衣装をはじめはず数のミュージシャンの衣装、デレク・ジャーマンの映画「エドワードⅡ」、ジョナサン・バロウのバレエ「Very」など映画、音楽、バレエ等さまざまな分野で活躍。タナー賞を受賞したアーティスト、クリス・オフィリとのコラボレーションで作成したTシャツはイギリス文化の中の黒人の存在を示したものとされ、話題を呼んだ。

2017年秋冬より、ウィメンズコレクションをスタートし、2017年1月にロンドンで発表。ウィメンズコレクションは全17型で、内6型は国内生産となる。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ケイスリー ヘイフォード取り扱い店舗

Data - ケイスリー ヘイフォードの関連データ

用語: サヴィル・ロウ テーラー テーラリング ラグジュアリー コンテンポラリー ブランド: ギーブス&ホークス

ブランド・デザイナー紹介