RAW FUDGE

ローファッジ

ブランドのはじまり

河原光(Hikaru Kawahara)が2002年に設立。

ローファッジについて

ローファッジは日本のファッションブランド。

河原は桑沢デザイン研究所を卒業後、TLGF(The Lincoln Graphix Family ltd.)を設立し、Dragon Ashやゆず、AIR等のCDジャケットデザインを手掛けていた。

熊谷隆志が1999年にスタートしたGDCの創立時は、グラフィックを担当していたが、2002年からはGDCのセカンドライン「NARCOTIC」「narcoterrier」、のデザインを担当していたが、2003年にブランドが終了。

2004年春夏シーズンよりRAW FUDGE(ローファッジ)をスタートした。ブランド名の由来は哲学者ラファエル・フォンマーヌの本「I am the resurrection~RAW FUDGE(蘇生論~不平等な戯言)」からの引用。ブランドコンセプトは「大人のロック」。ミリタリーテイストをミックスしたスタイルや、グラフィックがポイント。

河原はブランドFuture Zombieも手掛けている。

[ 続きを読む ]

Data - ローファッジの関連データ

用語: セカンドライン ミリタリー ブランド: GDC

ブランド・デザイナー紹介