menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

MOREAU PARISモロー・パリ

ブランドのはじまり

19世紀初頭、フランスで創業。

モロー・パリについて

モロー・パリ(MOREAU PARIS)は、19世紀初頭にフランスで創業したバッグやトランクの老舗ブランド。1882年、フランス・パリのサントノレ通りにブティックをオープン。ブランド休止期間を経て、2011年、フェドール・ジョージ・サヴチェンコ(Fedor Georges Savchenko)がクリエイティブ・ディレクターに就任し「モロー・パリ」として再生する。

ブランド発祥時のトランクに使われていた意匠である、柳の小枝を編み込んだ格子柄「モロープリント」と鮮やかな「ロイヤル・ブルー」がアイコン。

すべての商品は「実用性の中の美(Practical Aesthetic)」という信条のもと、「メイド・イン・フランス」にこだわり、フランスの伝統的なレザーグッズの技術を継承した職人により1点、1点ハンドメイドで丁寧に作られる。ブルスキンをはじめ、カーフスキン、ゴートスキンとフランス産高品質のレザーを使用し、高い品質、軽量ながら強い耐久性がある製品を生み出している。様々な色や素材の組み合わせが可能なカスタム・オーダー(パーソナリゼーション)も行う。

パリ、ロンドンにある直営ブティックをはじめ、欧州、中東、北米、アジアにて展開。

モロー・パリのデザイナープロフィール

クリエイティブ・ディレクターのフェドール・ジョージ・サヴチェンコ(Fedor Georges Savchenko)は、ウクライナのKyiv National University of Technologies and Designのテキスタイル科、パリのステュディオ・ベルソーを卒業後、オートクチュールとプレタポルテの両分野で経験を積む。

2011年よりモロー・パリのクリエイティブ・ディレクターに就任。

公式サイト

https://moreau-paris.jp

関連用語

スケジュール

SUQQU最高峰スキンケア「ヴィアルム」誕生、“大人の艶肌”を作る3ステップケア
2020.10.2(金)
SUQQU最高峰スキンケア「ヴィアルム」誕生、“大人の艶肌”を作る3ステップケア
ゲルハルト・リヒターをモデルにした映画『ある画家の数奇な運命』激動のドイツに生きた若き芸術家の半生
2020.10.2(金)
ゲルハルト・リヒターをモデルにした映画『ある画家の数奇な運命』激動のドイツに生きた若き芸術家の半生
“本物そっくり”フルーツ革小物「アールスフェボリット」がラフォーレ原宿に、触って驚く“リアル”質感
2020.10.2(金)
“本物そっくり”フルーツ革小物「アールスフェボリット」がラフォーレ原宿に、触って驚く“リアル”質感
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る