Alessandro dell'Acqua

アレッサンドロ デラクア

ブランドのはじまり

1996年春夏、自身の名を冠した「アレッサンドロ デラクア(Alessandro dell'Acqua)」のブランドでデビュー。2009年より、レディースブランド「N°21」をスタート。

アレッサンドロ デラクアについて

アレッサンドロ デラクア(Alessandro dell'Acqua)はイタリアのファッションデザイナー。1962年12月21日、イタリアのナポリに生まれる。82年、ナポリの名門美術学校(the Naples Belle Arti's Accademia)でグラフィックを学び、卒業。卒業後はマルゾットグループで働き始める。

1987年、ニットウエアのデザイナー、ピエトロ・ピアンフォリーニ(Pietro Pianforini)のチーフデザイナーに就任。1988年から1993年まで、ジェニー(GENNY)のマリッジコレクションを担当。その後、エンリカ・マッセイ(Enrica Massei)、ヴィルジニア(Virginia)、アイスバーグ(Iceberg)、マスカ(Maska)、レ コパン(Les Copains)、マリエラ・ブラーニ(Mariella Burani)等のブランドを経験する。

1994年に独立。95年、ベル・メーユ社が生産する「A.A.ミラノ(a|a milano)」をスタート。1996年S/S、自身の名を冠した「アレッサンドロ デラクア(Alessandro dell'Acqua)」のブランドでレディースウェアラインをスタート。世界中で好評を博す。1998-1999 A/Wよりフィレンツェのピティウォモに招かれ、初のメンズコレクションを発表。

1999年、ホームウェアとビーチウェアラインが大成功を収め、ヴィクトリアズシークレットがすぐに顧客となる。2000年S/Sコレクションのためのシューズラインの製造ライセンス契約をイリス社と結ぶ。2001年、皮革ブランドボルボネーゼのクリエイティブディレクターに就任。 2003年、ブランドとしてのアレッサンドロ デラクアはアーペル・グループの傘下となる。

2008年、マーロのクリエイティヴ・ディレクターに就任するも、2009年4月に辞任。

2010年3月、2010-11AW ミラノファッションウィークにて、自身がデザインを手掛ける新しいレディスウェアブランド、ヌメロ ヴェントゥーノを発表。

2011年春夏コレクションより、ブリオーニ(Brioni)のデザイナーに就任。

2011-12年A/Wより、グルッポタナカを通じてヌメロ ヴェントゥーノの日本展開を本格的に開始する。

2014-15年A/Wより、ヌメロ ヴェントゥーノのメンズラインをスタートする。同シーズンより、ロシャスのクリエイティブ・ディレクターに就任。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.alessandrodellacqua.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

アレッサンドロ デラクア取り扱い店舗

Data - アレッサンドロ デラクアの関連データ

ブランド: GENNY アイスバーグ ブリオーニ ボルボネーゼ マーロ レ コパン ロシャス

ブランド・デザイナー紹介