menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ハッシュパピー

Hush Puppiesハッシュパピー

ブランドのはじまり

1958年、アメリカ合衆国ミシガン州ロックフォードのウルバリン・ワールド・ワイド社でスタート。

ハッシュパピーについて

ハッシュパピー(Hush Puppies)は、アメリカで誕生したブランド。世界で初めてスニーカーのように履き心地のよいレザー・カジュアルシューズを生み出し、既存のビジネスシューズやワークブーツの概念を打ち破った。柔らかな履き心地で通気性が高く、軽やかにデザインされた靴を展開。フォーマルなシューズから街中で日常的に使えるモデルまで、様々な靴をメンズ・ウィメンズで取り揃える。

ウルバリン社オリジナルの特殊なレザー「ハッシュパピーレザー」は、水や泥をはじく特殊樹脂加工を施した天然のピッグスキン。3cm四方に183個もの毛穴が貫通しているため、通気性も良く、鮮やかな発色が魅力だ。さらに、通気性が良く滑りにくいソールや、長時間歩き続けられる耐久性を備えたソールなど、機能的な素材を組み合わせて、履き心地の良いシューズを作り出している。

最新の機能を取り入れながらも、快適な履き心地を追求したカジュアルシューズを提案。2007年には足にも地球にも優しい「エコシューズ」を発表し、2011年には画期的な機能が備わった「トーニングシューズ」を発表するなど、画期的な商品開発にも挑んでいる。

ブランドのネーミングは、初代セールス・マネージャーのジム・ミュアが、友人宅でアメリカ南部の揚げパンの料理「Hush Puppies」を夕食に食べていたこと、また、1950年代のアメリカではヒリヒリ痛くなった足を俗語で「バーキング・ドッグス」と呼んでいたことがきっかけ。いくら履いても疲れない靴を発信するブランドとして、「しっ!子犬たち、静かに」という意味で、「Hush Puppies」と名付けられた。アイコンキャラクターとして、犬の「バセットハウンド」を掲げている。

世界では160以上もの国・地域で販売されており、日本に上陸したのは1965年。後のアイビーブームとともに、日本にも定着した。日本では、百貨店などでアイテムを販売する他、豊富にアイテムを取りそろえる「スペシャリティストア」や、シューフィッターの資格を持つスタッフが対応するスペシャリストファクトリー「シュー・パブ」を展開。

シューズの他、革小物、バッグ、アパレル、紳士パジャマ、紳士ベルト、ソックスなどのアイテムを販売する。

公式サイト

http://www.hushpuppies.co.jp/

関連用語

関連ブランド

スケジュール

「エヴァンゲリオン展」神戸ゆかりの美術館で - 庵野秀明およびカラー監修、約1,300点の作品・資料
7月21日(土)~9月24日(月)開催
「エヴァンゲリオン展」神戸ゆかりの美術館で - 庵野秀明およびカラー監修、約1,300点の作品・資料
「第10回 和酒フェス in 中目黒」スパークリング&夏に美味しい日本酒100種以上が集結
7月21日(土)開催
「第10回 和酒フェス in 中目黒」スパークリング&夏に美味しい日本酒100種以上が集結
「加賀温泉郷フェス 2018」石川・加賀の山代温泉で - 温泉×音楽を楽しむ温泉フェス
7月21日(土)開催
「加賀温泉郷フェス 2018」石川・加賀の山代温泉で - 温泉×音楽を楽しむ温泉フェス
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る