menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   デ・ドゥエ

D-dueデ・ドゥエ

デ・ドゥエについて

デ・ドゥエ(D-due)は、スペイン・ガリシア地方を拠点とするドレスメーカーのファッションブランド。デザイナーは、ロサリオ・フロハン(Rosario Froján)、アルフレド・オルメド(Alfredo Olmedo)。

細部にまでこだわり抜かれたデザインと、ユニークで上質な素材、熟練したパターンメイキングによる着心地の良さが最大の魅力。

もともとは、フランスのオートクチュール発展を支えた職人たちが多く住むガリシアで、仕立てのよい服作りの文化を地元の人々に提供するため、ロサリオ・フロハンの母が1968年にドレスメーカーを創業したのが始まり。

その後、ガリシアそして母のアトリエの価値を国際的に発信する為、娘のロサリオがバルセロナやミラノでデザインを学び、2002年にインブランドとして「デ・ドゥエ」を立ち上げた。

ブランドには2つのラインがあり、コレクション(Collection)とラボ(LAB)で構成されている。

コレクションは、ドレスメーカーという母体をいかした“仕立ての良さ”を、“最高峰の素材”で贅沢に発信すう。コンセプトは、「オートクチュールの魅力をデイリーに楽しんでいただく」こと。

ラボはコンセプトワークやアートに特化した実験的な提案を行うライン。インスピレーション・ソース自体から創造をするため、シーズンごとに絵本を制作し、その絵本を題材にコレクションを作成している。

ブランド名の「デ・ドゥエ」には「2つの方向から」という意味がある。物事を複数方向から見ることで、より進化した考えに至ることを教訓に含めている。デザインおよびコンセプトワークは異なる視点で考えるため、クリエイティブチームはロサリオ以外に、グラフィックデザイナーのアルフレド・オルメドや建築家のホセ・フロハンといった異業種のデザイナーで成り立っている。

彼らのダイナミックな視点から生まれるシーズンコンセプトは、母の代より40年以上もの経歴をもつベテラン職人らとともに、服として仕立てられていく。

続きを表示

公式サイト

http://www.hpfrance.com/ddue/

関連用語

スケジュール

ソフィア・コッポラ監督にインタビュー、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』
2月23日(金)公開
ソフィア・コッポラ監督にインタビュー、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』
写真家・瀧本幹也の展覧会がラフォーレ原宿で『海街diary』など映画やCM作品約400点
2月23日(金)~3月14日(水)開催
写真家・瀧本幹也の展覧会がラフォーレ原宿で『海街diary』など映画やCM作品約400点
ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 18年春夏 - パジャマコレクション新登場
2月23日(金)発売
ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 18年春夏 - パジャマコレクション新登場
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る