FABRICA ALENTEJANA DE LANIFICIOS

ファブリカ アレンテジャーナ デ ラニフィシオス

ファブリカ アレンテジャーナ デ ラニフィシオスについて

ファブリカ アレンテジャーナ デ ラニフィシオス(FABRICA ALENTEJANA DE LANIFICIOS)はポルトガルのテキスタイルブランド。

ラグやブランケット、カーペットといったアイテムは、ポルトガルのアレンテージョ地方に残る、ヨーロッパ最後の手織りのラグ工場で、16世紀から伝わる技術と古くからの図案、柄に当時のままの手法である手織り機を使って織られている。

ポルトガルとスペインの国境近くにあるアレンテージョ地方は中世から羊飼いのマントなどウールのラグを織る工房が多く点在してた。イスラム教の支配下であったという歴史背景を持ち、色や文様など多くの影響を受けた。

オーナーのミゼット・ニールセンは1970年代にこの地方を旅した際に、この土地と手織り機によるラグに恋におち、前オーナーからこの工房を譲り受け、アレンテージョでの暮らしを始めた。

現在は70代になるニールセンが率いる3人の女性によって一枚一枚織られているが、生産量は非常に限られたもので、入手することも難しい状況が続いている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.labora.co.jp/wholesale/fabrica-alentejana/

Data - ファブリカ アレンテジャーナ デ ラニフィシオスの関連データ

用語: ウール テキスタイル

ブランド・デザイナー紹介