LAURA ASHLEY

ローラ アシュレイ

ブランドのはじまり

1953年、イギリス・ロンドンでローラ(Laura)&バーナード・・アルバート・アシュレイ(Bernard Albert Ashley)夫妻が自宅でハンド・シルクスクリーンによるささやかなテキスタイル・プリント事業をスタートさせた。

ローラ アシュレイについて

オリジナルデザインのテキスタイルを使ったアパレル、小物、雑貨・インテリア、家具など幅広くライフスタイルの提案を行っている。

設立当初はティータオルやテーブルマットなど日常に必要なものを作っていたが、その後、ファッションとしてのスカーフを製作。同年に公開された映画「ローマの休日」でオードリー・へップバーンがスカーフをしていたことから始まったスカーフブームに乗って、事業を拡大した。

1966年、独特の美しい花柄プリントやフェミニンなシルエットのデザインのアパレルを発表し、ドレス等が世界中で人気となり、様々な賞を受賞。適度にトレンドを取り入れたデザインがブランド本来の持つ上品さと融合した、独特のスタイルを生み出している。

インテリア部門では、200種類以上の生地から作るオーダーメードカーテンやソファを始め、壁紙、クッション、ライティングなどをコーディネートして、心地よい、くつろぎの部屋作りを提案している他、ギフトに最適な陶器・小物なども揃えている。

1977年、イギリスの優秀な企業としてエリザベス女王から賞を受け、バーナードには没後にはナイトの勲章も授与された。このナイトの爵位を受けた著名人にはショーン・コネリーやミック・ジャガー、デヴィッド・ベッカム、ポール・スミスヴィヴィアン・ウエストウッドなど交際的に活躍する人物が挙げられる。

現在、英国を中心に、ヨーロッパ、オーストラリア、日本、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、韓国、南米、中東等、26カ国に461店舗を展開している。日本では、1986年に英国ローラ アシュレイ社とイオン株式会社との合弁企業としてローラ アシュレイ ジャパン株式会社が設立された。現在、日本およびアジアの一部を営業範囲として、2010年度末現在、日本国内に81店舗、アジアに16店舗(台湾11店舗、香港5店舗)を展開している。

2010年秋冬シーズンより、日本のオリジナルのファッションレーベルとして「ローラ アシュレイ ロンドン」がスタート。このラインでは、外部よりクリエイティブ・ディレクターを迎えて、ブランドの伝統と新しい感性が融合したコンテンポラリーフェミニンなファッションを提案している。2011年秋冬シーズンからは、イーリー キシモトの岸本若子がクリエイティブディレクターとして洋服・プリントのディレクションとしてデザインワークを、マーク・イーリーが什器等プロモーション関連のディレクションを手掛けている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.laura-ashley.co.jp

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ローラ アシュレイ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介