Flying Tiger Copenhagen

フライング タイガー コペンハーゲン

ブランドのはじまり

1995年デンマークに雑貨ショップ「タイガー(Tiger)」をスタート。日本では「フライング タイガー コペンハーゲン」として展開。

フライング タイガー コペンハーゲンについて

「タイガー(Tiger)」はゼブラ(Zebra)A/Sが手掛ける北欧、デンマーク・コペンハーゲンを拠点とするブランド。大型雑貨ショップ。

Zebra A/Sは1991年創業。その後、1995年、北欧のデザインとショッピングの楽しさをコンセプトに「Tiger」をスタート。もともと10クローネの均一ショップとしてスタートした。日本で言う100円ショップの位置づけでしばしば北欧の100円ショップと呼ばれている。

居心地の良い店舗、驚くほどの低価格で、お客様にスタイリッシュな商品をお届けすることをミッションとしており、現在はヨーロッパを中心に世界19カ国で220を越える店舗を展開。

日本では2012年7月、タイガーのアジア圏としては初となる店舗「Flying Tiger Copenhagen アメリカ村ストア」を大阪にオープン。オープン時、あまりの盛況に3日目にして在庫がなくなり、4日目より臨時休業するほど多くの人が訪れた。

2013年、日本でのブランド名を「コペンハーゲン」から「フライング タイガー コペンハーゲン」に変更。同年10月2日「フライング タイガー コペンハーゲン表参道 ストア」をオープン。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介