SWASH LONDON

スウォッシュ ロンドン

ブランドのはじまり

2004年、ロンドンの<a href="http://school.fashion-press.net/saintmartins.htm">セントマーチンズ</a>で同級生だったSarah Swashと山中俊夫(Toshio Yamanaka)が卒業と同時にブランドを設立。

スウォッシュ ロンドンについて

ブランド設立と同年に南フランスで行われたHyeres国際モードフェスティバルのコンテストでグランプリを受賞。その後、色々なアートプロジェクトやコラボレーションとかかわりながらコレクションを発表している。

不思議なプリントが魅力の、ユーモアと詩心あふれる幻想的なスカーフのコレクションを展開している。大きめのサイズのスカーフは使いやすく、ロンドンを中心に評判となった。デザインは自然のモチーフをベースとしており、モダンで洗練された女性のワードローブに非日常的な+αを与えてくれる。

クラウディア・シファーやニコール・リッチーらセレブにも愛用されている。

イラストレーションは山中聡男自身が描いたもので、日本のバッグメーカーにイラストを提供したり、イギリスのインテリア・ショップhabitatとのコラボレーションでファブリック、カップ&ソーサーなどの生活雑貨にまで表現の幅を広げている。ロンドンの老舗デパート、リバティとのコラボシリーズも人気。

また、2007年にはスペインのマンゴが主催する『MANGO Fashion Awards』のファイナリスト10組に選出された。

さらに2009年にはHyeres国際モードフェスティバルに招待作家として招かれ、カメラマンのスティーブン・マイゼル、ファッションデザイナーのクリスヴァンアッシュと共にインスタレーションを発表し、大きな反響を得た。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.swash.co.uk/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

スウォッシュ取り扱い店舗

Data - スウォッシュ ロンドンの関連データ

用語: スカーフ ワードローブ モチーフ モード ファブリック ブランド: クリスヴァンアッシュ マンゴ

ブランド・デザイナー紹介