KURO

クロ

ブランドのはじまり

2010S/Sシーズンにデニムブランド「KURO(クロ)」がスタート。

クロについて

KURO(クロ)は日本のデニムブランド。

ブランドネームである「KURO」は日本語の「黒」を意味し、縫製や染色、加工などデニム作りにおいて最高峰と謳われる日本のクラフトマンシップにおいて、スタイリッシュかつ徹底的にこだわり抜かれた「メイド・イン・ジャパン」デニムを展開。

独創的なデザインと圧倒的なコストパフォーマンスをもってファーストシーズンを迎えた「KURO」は、世界各国のショールームやそこに集まる世界中バイヤーから高い評価を受ける。

そして、モデル数を増やして臨んだ2010年の秋冬コレクション。「メイド・イン・ジャパン」ならではのクオリティをもってイタリアやドイツ、フランスにて展示会を行い、20カ国以上のエージェントと販売契約を完了させた他、フランスのレクレルール(L'ECLAIREUR)、イタリアのスペース(SPACE)やジェラルド(GERARD)などといった世界各国のハイエンドなセレクトショップと共に、発展性があるプロジェクトを進行することになった。

創業初年度にして、世界各国にある取扱店舗数は約70と高い支持を得ている。

【生地】
日本綿布製デニム:力織機で織られ糸の打ち込みが多いのが特徴。14ozの整理加工がされていない生地(キバタ)で、ヴィンテージ特有の捩れや毛羽感、風合いを表現。シボ感や縦方向の色落ちが非常に際立ち、加工栄えする生地と言える。

吉河織物製デニム:力織機で織られた13ozの整理加工されている生地。濃紺で綺麗な表情が魅力で、オンスが軽いため細めのシルエットと相性が良いのが特徴。加工後には、程良く綺麗な縦方向の色落ちが生まれる。

【縫製】
・糸は単糸(金茶)と単糸(白)を合わせた双糸を使用。強度があり、また、綿糸を使用しているため、加工後、また履き込んでいくうちに、古着のような色や風合いが出ること。

・フロントやバック、コインポケット部分に施されたハンドメイド風のステッチが最大の特徴で、さらに同色の糸で地縫いをしている。限られた工場の高い技術が必要で、通常に比べ2倍の工程が必要となる。

・ハンドステッチ部分の糸は細めのものを使用しており、運針も細かいため洗いをかけた際にパッカリング(縫い縮みやひきつれによる生地のゆがみ)が出やすくなる。

・ベルトループにも、ステッチ間に山ができるようなヴィンテージらしい独特の縫製。また、糸の太さやステッチ幅などを要所で変えることで、ステッチが立体的に見える。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.kurodenim.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

クロ取り扱い店舗

Data - クロの関連データ

用語: ステッチ ヴィンテージ ハイエンド ブランド: ヴィンテージ

ブランド・デザイナー紹介