BIG JOHN

ビッグジョン

ブランドのはじまり

ビッグジョン(BIG JOHN)は1940年、創業者尾崎小太郎によってマルオ被服縫製業としてスタート。

ビッグジョンについて

ビッグジョン(BIG JOHN)は日本のデニムブランド。ジーンズだけでなく、 小物、アクセサリー、コラボレーション商品も展開している。また、日本で初めてジーンズを国産で生産したブランドとしても知られる。企業理念はQuality Comes First.(品質は全てに優先する)。

ビッグジョンの前身であるマルオ被服縫製業は、現在世界的に有名なデニムの聖地である岡山県倉敷市児島で、戦後初めて国産デニムを発表するなど、その先駆けとなった存在。 現在も同住所に本社を構えている。

元々は、児島で被服で作業着、ユニフォームを縫製していたノウハウを、デニムにつぎ込み、1967年、コーンミルズ社(アメリカ)から生地を輸入し使用した「ビッグジョン(BIG JOHN)」が誕生。「革新する伝統のデニムブランド、ビッグジョン」をコンセプトにハイクオリティなジーンズを生産している。

なお、株式会社ビッグジョンは他にも、ワールドワーカーズ(WORLD WORKERS)、WOLVO、ブラッパーズ(BRAPPERS)、ジーエルハート(GL HEART)、ジョージアラブ(GEORGIA LOVE)などのブランドも展開してる。

■歴史
1940年同ブランドはマルオ被服として岡山県倉敷市にある児島に誕生。当時は学生服・ユニホーム・作業服、そして米軍式パンツを製作していた。 終戦後の50年代、ジーンズなどの米国製中古衣料の販売を開始。社員たちはそれまで日本になかったデニム生地に魅力を感じ、ヒップが大きすぎたジーンズを日本人に合わせてリサイズし展開していた。

1963年に輸入自由化後、。箱根から西はマルオ被服が生産販売権を持ち、1965 年4月にアメリカのCANTONブランドとマルオ被服製の国産ジーンズ第1号が児島で生まれた。10月には世界初となるワンウォッシュのジーンズを販売。

1967年、「ビッグジョン(BIG JOHN)」が誕生。

1969年にはベルボトムジーンズ、カラージーンズなど日本では革新的なジーンズを様々発表。

1972年、国内初のデニム生地を開発、翌年日本初となる純国産のジーンズを発売。

1980年、世界初のムラ糸を開発し、力織機で織り上げた「レアジーンズ」が完成。のちのビンテージ・ レプリカブームの先駆けとなる。

2002年、ディッキーズ(Dickies)とのサブライセンシー契約を締結。日本における商品開発・販売を行う。

2010年、ビッグジョン(BIG JOHN)は創立70周年を迎えた。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.bigjohn.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ビッグジョン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介