fashionpress[ファッションプレス]

fashionpress x fashionpress instagram 検索
menu

fashionpress[ファッションプレス]

share_icon
  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『生きててごめんなさい』黒羽麻璃央主演で若者たちの“病み”を描く、藤井道人が企画

映画『生きててごめんなさい』が、2023年2月3日(金)より順次公開される。藤井道人がプロデュースを務める。

藤井道人プロデュースで“若者の病み”を描く

『生きててごめんなさい』場面カット|写真1

映画『生きててごめんなさい』は、『余命10年』を手がけ、『ヴィレッジ』『最後まで行く』の公開も控える藤井道人がプロデュースする作品。監督は、綾野剛主演のドラマ「アバランチ」で、藤井道人と共に演出を担当した新鋭・山口健人が務める。

物語は、現代の日本の若者たちが抱える「病み」を描くという内容。同棲生活を送る1組のカップルを主軸に、若者たちの内面を鋭く繊細に描写していく。

黒羽麻璃央が主演

『生きててごめんなさい』場面カット|写真12

■主人公・園⽥修⼀...⿊⽻⿇璃央

出版社の編集部で働く主人公。清川莉奈と同棲中。⼩説家になるという夢を抱いているが諦めかけている。高校の先輩で大手出版社の編集担当・今日子と再会し、相澤の出版社の新人賞にエントリーすることになる。しかしそれもなかなか上手く行かず…。

主演を務めるのは、ミュージカル「⼑剣乱舞」のメインキャラクターである三⽇⽉宗近役を演じた⿊⽻⿇璃央。

『生きててごめんなさい』場面カット|写真7

■清川莉奈...穂志もえか

園⽥修⼀の彼女。何をやっても上⼿くいかず、いくつもアルバイトをクビになり、家で独り過ごすことが多い。そんな中、修一と共に出版社で働く事となるのだが…。

映画『少⼥邂逅』で初主演を務め、今泉⼒哉監督作品『街の上で』にも出演した穂志もえかが演じる。

『生きててごめんなさい』場面カット|写真4

■相澤今⽇⼦...松井玲奈

修⼀の⾼校の先輩で、⼤⼿出版社の編集者。修⼀に、出版社の新⼈賞にエントリーするように勧める。

『生きててごめんなさい』場面カット|写真6

■⻄川洋一...安井順平

修⼀が編集を担当することになる売れっ⼦コメンテーター。担当に原稿をすべて書かせる。西川はふとしたきっかけで莉奈に目を止め、莉奈が修一と同じ出版社で働くきっかけを作る。

映画『生きててごめんなさい』あらすじ

『生きててごめんなさい』場面カット|写真8

出版社の編集部で働く園田修一は清川莉奈と出逢い、同棲生活をしている。修一は小説家になるという夢を抱いていたが、日々の仕事に追われ、諦めかけていた。ある日、修一は高校の先輩で大手出版社の編集者・相澤今日子と再会し、相澤の務める出版社の新人賞にエントリーすることになる。一方、修一は、コメンテーター西川洋一を担当することになるが、西川のやり方に戸惑いつつ、時間がなく全く小説の執筆に時間がさけなくなり焦り始める。

そんな中、莉奈はふとしたきっかけで西川の目に止まり、修一と共に出版社で働く事となる。西川も出版社の皆も莉奈をちやほやする光景に修一は嫉妬心が沸々と湧き、莉奈に対して態度が冷たくなっていく。いつしか、喧嘩が絶えなくなり。

作品詳細
映画『生きててごめんなさい』
公開日:2023年2月3日(金)よりシネ・リーブル池袋、ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開
出演:黒羽麻璃央、穂志もえか、松井玲奈、安井順平、冨手麻妙、安藤聖、春海四方、山崎潤、長村航希、八木アリサ、飯島寛騎
監督:山口健人
企画・プロデュース:藤井道人
脚本:山口健人、山科亜於良

Photos(17枚)

『生きててごめんなさい』場面カット|写真1 『生きててごめんなさい』場面カット|写真2 『生きててごめんなさい』場面カット|写真3 『生きててごめんなさい』場面カット|写真4 『生きててごめんなさい』場面カット|写真5 『生きててごめんなさい』場面カット|写真6 『生きててごめんなさい』場面カット|写真7 『生きててごめんなさい』場面カット|写真8 『生きててごめんなさい』場面カット|写真9 『生きててごめんなさい』場面カット|写真10 『生きててごめんなさい』場面カット|写真11 『生きててごめんなさい』場面カット|写真12 『生きててごめんなさい』場面カット|写真13 『生きててごめんなさい』場面カット|写真14 『生きててごめんなさい』場面カット|写真15 『生きててごめんなさい』場面カット|写真16 『生きててごめんなさい』場面カット|写真17

キーワードから探す