menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『波紋』監督・荻上直子×主演・筒井真理子、“絶望”と新興宗教に救いを求める主人公を描く

荻上直子による映画『波紋』が2023年初夏、公開される。

荻上直子監督・脚本の新作映画『波紋』

『波紋』場面カット|写真1

『かもめ食堂』や『めがね』『彼らが本気で編むときは、』そして『川っぺりムコリッタ』など、数々の作品を世に送り出してきた荻上直子が、脚本・監督を務める映画『波紋』が公開へ。

“新興宗教”や老々介護などテーマに絶望を描く

『波紋』は荻上がずっと温めてきたオリジナル作品で、新興宗教や老々介護、震災、障害者差別といったテーマを通じて“絶望”を描き出している。

荻上がとある新興宗教施設の前を通りかかったとき、傘立てに数千本の傘が詰まっていたのを目にした際に、「傘の数と同じだけの人々が、この新興宗教を拠り所にしている」「何かを信じていないと生きていくのが不安な人々がこんなにもいる」と感じたことが、物語を創作するきっかけとなったという。

人生最高の脚本、と荻上が自負する『波紋』。荻上は、「私の中にある意地悪で邪悪な部分を全部投入したような映画になりました」ともコメントを寄せている。

筒井真理子が主演&光石研、磯村勇斗ら共演

夫の失踪をきっかけに新興宗教に救いを求め、のめり込む主人公・須藤依子を演じるのは筒井真理子。また、光石研、磯村勇斗、柄本明、キムラ緑子、木野花、安藤玉恵、江口のりこ、平岩紙ら豪華俳優陣が共演を果たしている。

■主人公・須藤依子…筒井真理子

夫が失踪したことから、新興宗教“緑命会”へのめり込んでいく女性。義父の介護をしている。庭に作った枯山水の手入れが毎朝の日課。演じるのは、映画『淵に立つ』『よこがお』など数々の作品に出演し、幅広く存在感のある演技力を見せる筒井真理子。

■修…光石研

失踪した須藤依子の夫。長い失踪を経て、突然依子のもとに帰ってくる。演じるのは、映画『アウトレイジ ビヨンド』やNHK 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」などの冷徹なヤクザ役からよき父親役まで多彩に演じ、『メタモルフォーゼの縁側』など話題作に出演する光石研。

■拓哉…磯村勇斗

依子、修の息子。『ビリーバーズ』『PLAN 75』『さかなのこ』などにも出演している磯村勇斗が演じる。本作では、手話を披露している。

■橋本昌子…キムラ緑子

新興宗教“緑命会”の代表。

■小笠原ひとみ…江口のりこ

新興宗教“緑命会”の信者。

■伊藤節子…平岩紙

新興宗教“緑命会”の信者。

■門倉太郎…柄本明

依子のパート先のスーパーで迷惑な客。

■水木…木野花

依子と同じスーパーのパート先の清掃員。

■渡辺美佐江…安藤玉恵

依子の隣人。

〈映画『波紋』あらすじ〉
須藤依子は、今朝も1ミリ違わず砂に波紋を描いている。庭に作った枯山水の手入れは、依子の毎朝の習慣であった。“緑命会”という水を信仰する新興宗教に傾倒し、日々の祈りと勉強会に勤しみながら、依子はひとり穏やかに暮らしていた。ある日、長いこと失踪したままだった夫、修が突然帰ってくるまでは―。

【詳細】
映画『波紋』
公開時期:2023年初夏
出演:筒井真理子、光石研、磯村勇斗、安藤玉恵、江口のりこ、平岩紙、津田絵理奈、花王おさむ、柄本明、木野花、キムラ緑子
監督・脚本:荻上直子
エグゼクティブプロデューサー:富田朋子、堤天心、小山洋平、高津英泰、久田晴喜、寺井禎浩
プロデューサー:杉田浩光、渡辺誠
企画・プロデューサー:米満一正

©2022 映画「波紋」フィルムパートナーズ

Photos(1枚)

『波紋』場面カット|写真1

Photos(1枚)

『波紋』場面カット|写真1

キーワードから探す