menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「鹿児島市立美術館 名品展」松本市美術館で - モネや黒田清輝など、西洋と日本の近代美術を紹介

企画展「鹿児島市立美術館 名品展」が、長野の松本市美術館にて、2022年10月8日(土)から11月27日(日)まで開催される。

鹿児島市立美術館所蔵の名品を一挙紹介

黒田清輝《アトリエ》1890年 鹿児島市立美術館蔵
黒田清輝《アトリエ》1890年 鹿児島市立美術館蔵

「鹿児島ゆかりの画家たちの作品」、「19世紀末から現代につながる西洋美術」、そして「郷土の風土に取材した作品(桜島コレクション)」などの収集方針のもと、約4,350点の作品を所蔵している鹿児島市立美術館。企画展「鹿児島市立美術館 名品展」では、鹿児島市立美術館が所蔵する日本や西洋の近代美術の名品を紹介する。

藤島武二《鉸剪眉》1927年 鹿児島市立美術館蔵
藤島武二《鉸剪眉》1927年 鹿児島市立美術館蔵

日本の近代美術では、黒田清輝や藤島武二、和田英作をはじめ、東郷青児、海老原喜之助などの洋画家の作品を展示。また、夏目漱石『吾輩ハ猫デアル』(初版本)の装幀を手がけた橋口五葉の多方面にわたる画業も紹介する。

クロード・モネ《睡蓮》1897-98年頃 鹿児島市立美術館蔵
クロード・モネ《睡蓮》1897-98年頃 鹿児島市立美術館蔵

一方、西洋美術では、黒田清輝などの洋画家がパリで師事した画家ラファエル・コランに始まり、モネ、セザンヌ、ピカソ、マチス、そしてダリなどの作品を通して、印象派の時代から現代に至る流れを通覧する。

展覧会概要

企画展「鹿児島市立美術館 名品展」
会期:2022年10月8日(土)〜11月27日(日)
会場:松本市美術館 企画展示室
住所:長野県松本市中央4-2-22
開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料:大人 1,200円、高校生・大学生・70歳以上の松本市民 800円、中学生以下 無料
※障がい者手帳の携帯者およびその介助者1名無料
※20名以上の団体は各200円引き
※高校生、大学生・70歳以上の松本市民は、観覧当日、証明書(学生証、免許証など)の呈示が必要

※画像の無断転載を禁ずる。

【問い合わせ先】
松本市美術館
TEL:0263-39-7400

Photos(3枚)

「鹿児島市立美術館 名品展」松本市美術館で - モネや黒田清輝など、西洋と日本の近代美術を紹介|写真1 「鹿児島市立美術館 名品展」松本市美術館で - モネや黒田清輝など、西洋と日本の近代美術を紹介|写真2 「鹿児島市立美術館 名品展」松本市美術館で - モネや黒田清輝など、西洋と日本の近代美術を紹介|写真3

Photos(3枚)

「鹿児島市立美術館 名品展」松本市美術館で - モネや黒田清輝など、西洋と日本の近代美術を紹介|写真1 「鹿児島市立美術館 名品展」松本市美術館で - モネや黒田清輝など、西洋と日本の近代美術を紹介|写真2 「鹿児島市立美術館 名品展」松本市美術館で - モネや黒田清輝など、西洋と日本の近代美術を紹介|写真3

キーワードから探す

関連ショップ・スポット