menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会

「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」が、ちひろ美術館・東京にて2022年10月8日(土)から2023年1月15日(日)まで開催される。

子どもの本の画家・いわさきちひろ

いわさきちひろ 母の日 1972年
いわさきちひろ 母の日 1972年

いわさきちひろは、生涯子どもを描き続けた日本を代表する絵本画家。「世界中の子どもの平和と幸せ」をテーマに描かれた多くの美しい水彩画の作品は、彼女がこの世を去った今なお多くの人々に愛され続けている。

いわさきちひろのアトリエから見る“くらし&絵”

いわさきちひろ アトリエの自画像 『わたしのえほん』(新日本出版社)より 1968年
いわさきちひろ アトリエの自画像 『わたしのえほん』(新日本出版社)より 1968年

戦争の中で一度は夢を見失いながらも、戦後、懸命に絵を描き、子どもの絵本画家として奮闘したちひろ。同時に家族とのくらしもちひろにとってかけがえのないものだった。

アトリエで絵を描くいわさきちひろ 1967年
アトリエで絵を描くいわさきちひろ 1967年

画家としての出発点である「神田の下宿」、家族と暮らした「練馬の自宅」、そして信州の黒姫高原に建てた「黒姫山荘」3つのアトリエはちひろやちひろの作品を知る上で重要な場所だ。

ちひろ美術館・東京の復元アトリエ
ちひろ美術館・東京の復元アトリエ

本展では、ちひろの“アトリエ”にフォーカス。くらしと仕事を大事にしながら、絵本画家としての自分の人生を切り拓いたちひろの生き方を、それぞれのアトリエで描かれた作品や彼女自身のことば、資料などを紹介する。

【詳細】
「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」
開催期間:2022年10月8日(土)~2023年1月15日(日)
会場:ちひろ美術館・東京 展示室1・2・3・4
住所:東京都練馬区下石神井4-7-2
開館時間:10:00~16:00(最終入館は15:30まで)
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12月28日~2023年1月1日)
入館料:大人1,000円/高校生以下無料/年間パスポート3,000円
※10名以上の団体、65歳以上、学生証の提示者は800円
※障害者手帳所持者、その付添者1名まで無料

【問い合わせ】
TEL:03-3995-3001(テレホンガイド)
TEL:03-3995-0612(代表)

Photos(15枚)

「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真1 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真2 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真3 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真4 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真5 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真6 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真7 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真8 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真9 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真10 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真11 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真12 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真13 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真14 「くらし、えがく。ちひろのアトリエ」ちひろ美術館・東京で、ちひろの生き方をアトリエを軸に紹介する展覧会|写真15

キーワードから探す