menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「東アジアの動物」大和文華館で - 動物の表現とその意味に着目して陶磁器や漆器などを紹介

展覧会「東アジアの動物─やきものと漆─」が、奈良の大和文華館にて、2022年7月8日(金)から8月14日(日)まで開催される。

東アジア美術における動物の表現

重要文化財《青磁九龍浄瓶》朝鮮・高麗時代
重要文化財《青磁九龍浄瓶》朝鮮・高麗時代

東アジアの美術のなかには、龍や鳳凰、魚や鹿、鳥など、さまざまな動物の姿があらわされている。その種類は、実在する身近な動物から、長寿や子孫繁栄、富貴栄華といった良い意味を付けて表現された動物、そして祥瑞(しょうずい)、つまり吉祥のしるしとされた想像上の霊獣まで、多岐にわたる。

《螺鈿水禽文輪花盆》中国・明時代
《螺鈿水禽文輪花盆》中国・明時代

このように美術作品にあらわされた瑞獣や動物の表現には、人と動物の多様な関係を垣間見ることができる。人とは異なる姿や能力を持つ動物へと抱く畏敬や憧憬の念は、こうした動物や想像上の生き物に対する信仰を生みだすことになり、あるいは身近な愛らしい動物は、慈しみ、愛翫する対象ともなったのだ。

重要文化財《沃懸地青貝金貝蒔絵群鹿文笛筒》伝本阿弥光悦作 日本・江戸時代
重要文化財《沃懸地青貝金貝蒔絵群鹿文笛筒》伝本阿弥光悦作 日本・江戸時代

展覧会「東アジアの動物─やきものと漆─」では、美術のなかにあらわされた動物の表現に着目し、古代から近世にかけて、中国や朝鮮半島、日本など東アジアで作られた陶磁器や漆器を中心に紹介。《青磁九龍浄瓶》や《沃懸地青貝金貝蒔絵群鹿文笛筒》(いずれも重要文化財)など98件を展示し、その表現に込められた意味に光をあてる。

展覧会概要

展覧会「東アジアの動物─やきものと漆─」
会期:2022年7月8日(金)~8月14日(日)
会場:大和文華館
住所:奈良県奈良市学園南1-11-6
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:00まで)
休館日:月曜日(7月18日(月・祝)は開館、7月19日(火)
入館料:一般 630円、高校・大学生 420円、小・中学生 無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※障がい者手帳の所持者および同伴者1名は2割引き

【問い合わせ先】
大和文華館
TEL:0742-45-0544

Photos(3枚)

展覧会「東アジアの動物」大和文華館で - 動物の表現とその意味に着目して陶磁器や漆器などを紹介|写真1 展覧会「東アジアの動物」大和文華館で - 動物の表現とその意味に着目して陶磁器や漆器などを紹介|写真2 展覧会「東アジアの動物」大和文華館で - 動物の表現とその意味に着目して陶磁器や漆器などを紹介|写真3

Photos(3枚)

展覧会「東アジアの動物」大和文華館で - 動物の表現とその意味に着目して陶磁器や漆器などを紹介|写真1 展覧会「東アジアの動物」大和文華館で - 動物の表現とその意味に着目して陶磁器や漆器などを紹介|写真2 展覧会「東アジアの動物」大和文華館で - 動物の表現とその意味に着目して陶磁器や漆器などを紹介|写真3

キーワードから探す

関連ショップ・スポット