menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. グルメ   /  
  4. トピック

レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で

新レストラン「ナイン バイ ラ シーム(NINE by La Cime)」が、丸の内テラス9階に2022年7月7日(木)よりオープンする。

トランジットが手掛ける「アッパー」内に新レストラン

ナイン バイ ラ シーム
ナイン バイ ラ シーム

アッパー(THE UPPER)」は、様々な人気飲食店を手掛けるトランジットジェネラルオフィス初のフラッグシップレストラン。丸の内テラスの9階と10階の2フロアにわたって居を構え、それぞれ“静寂”と“活気”をテーマに上質なサービスを提供している。

レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真5

そんな「アッパー」の9階に、新レストラン「ナイン バイ ラ シーム」が誕生。落ち着きのあるラグジュアリーな空間を舞台に、上質な創作フレンチを展開していく。

徳島亨×高田裕介による創作フレンチ

シェフを務めるのは、2021年に「ダイナースクラブ フランスレストランウィーク」のフォーカスシェフに選出された徳島亨。さらに、ミシュラン2つ星を6年連続で獲得し、「Asia’ s 50 Best Restaurant 2022」では6位に輝いた大阪フレンチレストラン「ラ シーム(La Cime)」の高田裕介が、パートナーシェフとして腕を奮う。

レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真7

なお店名は、1桁の数字で最大のものであり、究極を極めて完成する<9>に、フランス語で“頂上”という意味を持つ高田裕介のレストラン名<ラ シーム>を掛け合わせたもの。料理と体験によって「究極の頂きへ導く」という想いが込められている。

“香り”をテーマにしたコース料理

「ナイン バイ ラ シーム」で用意されるのは、“香り”をテーマにした「シーズナルテイスティングメニュー」。伝統的なフレンチをベースに、国内のあらゆる地域の食材を使用した12皿を提供する。

店舗情報

「ナイン バイ ラ シーム」
オープン日:2022年7月7日(木)
場所:丸の内テラス9階(「アッパー」内)
住所:東京都千代田区丸の内 1-3-4
営業時間:18:00~23:00(最終入店 20:00)
定休日:月・火曜日
座席数:13テーブル、個室1部屋

【問い合わせ先】
ナイン バイ ラ シーム
TEL:03-6206-3939

Photos(10枚)

レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真1 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真2 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真3 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真4 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真5 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真6 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真7 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真8 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真9 レストラン「ナイン バイ ラ シーム」“香り”テーマの創作フレンチ、丸の内テラス「アッパー」内で|写真10

Photos(10枚)

キーワードから探す

関連用語