menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ベルイマン島にて』巨匠の愛した島で、揺れ動くカップルの行く末は?ミア・ハンセン=ラブ監督

映画『ベルイマン島にて』が、2022年4月22日(金)より公開される。監督・脚本はミア・ハンセン=ラブ。

ミア・ハンセン=ラブ最新作は巨匠ベイルマンへのオマージュ

『ベルイマン島にて』場面カット|写真1

映画『ベルイマン島にて』は、『あの夏の子供たち』『EDEN/エデン』といった作品を手がけ、『未来よ こんにちは』で第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を獲得したミア・ハンセン=ラブによる最新作。スティーヴン・スピルバーグやマーティン・スコセッシに多大な影響を与えた“20世紀最大の巨匠”イングマール・ベルイマンに、彼の彼の熱狂的な支持者の一人であるミア・ハンセン=ラブ監督がオマージュを捧げた作品だ。

『ベルイマン島にて』場面カット|写真8

映画『ベルイマン島にて』の舞台となるのは、北欧スウェーデンの“フォーレ島”。ベルイマンが数々の傑作を生みだした島であり、ベルイマンの原風景と言われている。“フォーレ島”にある彼の仕事場は、現在は世界中のアーティストに開放されているという。

創作活動も夫婦関係も停滞中のカップル、彼らの行く末は?

物語の主人公は、映画監督カップルのクリスとトニー。クリスとトニーは、新作のインスピレーションを得ようと、“フォーレ島”でひと夏を過ごすことにした。一面真っ青で煌びやかな海に、心が晴れやかになるような青空、大自然の緑に囲まれて過ごす2人だったが、<離婚する人が続出した映画>と言われたベルイマン監督の『ある結婚の風景』が撮影された家で過ごすうちに、まるでその魔力にかかったかのようにギクシャクし始めてしまう。

『ベルイマン島にて』場面カット|写真6

そんな中、“フォーレ島”で再会し恋心が再燃するかつての恋人同士の物語を紡ぎ始めたクリス。新作の構想に対して、他人事のようにクールな返事しか返してくれないトニーに、苛立ちを隠せない。やがて、島で見つけた暮らしや思いがけない出会いが、彼女の心模様を変えていき―

クリスとトニー、そしてクリスが紡ぐ物語のカップル。果たして、彼らの物語の行方は―?

ヴィッキー・クリープスやティム・ロスが出演

『ベルイマン島にて』場面カット|写真2

キャストは、『ファントム・スレッド』のヴィッキー・クリープス、『海の上のピアニスト』のティム・ロス、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ、『パーソナル・ショッパー』のアンデルシュ・ダニエルセン・リーといった実力派が揃った。

【詳細】
映画『ベルイマン島にて』
公開日:2022年4月22日(金)
監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ
出演:ヴィッキー・クリープス、ティム・ロス、ミア・ワシコウスカ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー

原題:BERGMAN ISLAND│2021年│フランス・ベルギー・ドイツ・スウェーデン│英語│113分│カラー│スコープ│5.1ch│日本語字幕:平井かおり│映倫区分:G

© 2020 CG Cinéma - Neue Bioskop Film - Scope Pictures - Plattform Produktion - Arte France Cinéma

Photos(9枚)

『ベルイマン島にて』場面カット|写真1 『ベルイマン島にて』場面カット|写真2 『ベルイマン島にて』場面カット|写真3 『ベルイマン島にて』場面カット|写真4 『ベルイマン島にて』場面カット|写真5 『ベルイマン島にて』場面カット|写真6 『ベルイマン島にて』場面カット|写真7 『ベルイマン島にて』場面カット|写真8 『ベルイマン島にて』場面カット|写真9

Photos(9枚)

キーワードから探す

関連用語