menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ファントム・スレッド』P.T.アンダーソン×ダニエル・デイ=ルイス、再びタッグ

映画『ファントム・スレッド』が2018年5月26日(土)により全国で公開される。

『ファントム・スレッド』場面カット|写真1

1950年代ロンドンのファッション業界が舞台

男は完璧な身体を求め、女は究極の愛を与えた

『ファントム・スレッド』場面カット|写真15

『ファントム・スレッド』の舞台となるのは1950年代のロンドン。主人公は、イギリスのファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びる、オートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックだ。

ある日、レイノルズは若きウェイトレスのアルマと出会い互いに惹かれ合う。レイノルズはアルマをミューズとして迎え入れ、魅惑的な美の世界に誘い込む。しかしアルマの出現により、完璧で規律的だったレイノルズの日常に変化が訪れる。やがて2人が辿り着く究極の愛の形を描いた作品となっている。

作中に登場する美しいファッションや、静かな狂気を秘めた愛の駆け引き、こだわりの映像美が見所となっている。

主演はダニエル・デイ=ルイス

『ファントム・スレッド』場面カット|写真9

主演は、役作りを徹底して行うことで有名、そして史上最多となるアカデミー主演男優賞を3度受賞したダニエル・デイ=ルイス。その3作品を簡単に紹介すると…

『マイ・レフトフット』:先天的な重度の脳性小児麻痺に冒され唯一動かせる左足で作品を残したアイルランドの画家を演じる。
『リンカーン』:スティーヴン・スピルバーグ監督作。史上最も愛された大統領と言われるリンカーン大統領が、国の将来を左右する重要な決断に苦悩し奔走する様子を演じる。
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』:石油王に登りつめた男が欲望に満ちた争いにまみれ、破滅への道へ追い込まれていく様を熱演。

ポール・トーマス・アンダーソンとタッグを組むのは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』に続いて2作目。そして繊細でエキセントリックな演技を見せた『ファントム・スレッド』では、4度目のアカデミー賞獲得に期待がかかるが、残念ながら本作で俳優業の引退を表明している。

なお、ダニエル・デイ=ルイスは90年代後半より、ギャング・オブ・ニューヨークに主演するまでの期間にも引退(俳優活動を休止)。マーティン・スコセッシに説得されて俳優に戻るまでの期間、イタリアの伝説的なシューズ職人ステファノ ベーメルに弟子入りしてシューズ職人として活動していた。

徹底した役作り

ダニエル・デイ=ルイスは過去にも驚異の役作りで有名な俳優。刑務所に入ったり、車椅子で生活したり、19世紀の英語の文体で手紙の交換をおこなったり…とあげればきりがないが、いずれも他の俳優を愕然とさせる内容だ。

『ファントム・スレッド』に向けては、撮影前に約1年間ドレス作りの修行を実施。ドレスの仕立てについて大量の著作を読み、NYのメトロポリタン美術館を訪れ、保管されている歴代のデザイナーのドレスを見て学び、さらにはニューヨーク・シティ・バレエの衣装監督マーク・ハッペルの元で洋裁の修行をしたそう。最終的には、バレンシアガのスーツをそのまま複製できるほどの腕前になったという。

『ファントム・スレッド』場面カット|写真6

ダニエル・デイ=ルイスのコメント

私は1957年生まれだから、映画の背景であるこの時代にとても親近感を感じます。当時、イギリスでの物事の発展の仕方はとても特徴的でした。社会の色々な面で、規制が残っていた。僕たちが調べたデザイナー達は、社会的な流れに反していながら も、そのなかで非常に活躍していた。時代の流れに反していくのは難しいことだけど、それはどこかとても魅力的でもあったんです。

監督はポール・トーマス・アンダーソン

『ファントム・スレッド』場面カット|写真12

監督を手掛けたのは『ブギーナイツ』『マグノリア』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『インヒアレント・ヴァイス』のポール・トーマス・アンダーソン。自身の監督作品では脚本も手掛けている。過去、社会における人々の関係性や、親子の関係性、心の葛藤を描いた作品を多数発表してきた。

『パンチドランク・ラブ』ではカンヌ国際映画祭の監督賞、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でベルリン国際映画祭の銀熊賞、『ザ・マスター』でヴェネツィア国際映画祭の銀獅子賞を受賞。3大映画祭全てで監督賞を受賞した、稀有な経歴を持つ。

特にダニエル・デイ=ルイスとタッグを組んだ『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は、ポール・トーマス・アンダーソンの最高傑作との呼び声も高い社会派作品。それだけに『ファントム・スレッド』でも期待は高まるのだが、本作もファッション業界を舞台にした男女の愛を描き、新境地を開いたと言われている。アカデミー監督賞にもノミネートされた。

『ファントム・スレッド』場面カット|写真11

Photos(26枚)

『ファントム・スレッド』場面カット|写真1 『ファントム・スレッド』場面カット|写真2 『ファントム・スレッド』場面カット|写真3 『ファントム・スレッド』場面カット|写真4 『ファントム・スレッド』場面カット|写真5 『ファントム・スレッド』場面カット|写真6 『ファントム・スレッド』場面カット|写真7 『ファントム・スレッド』場面カット|写真8 『ファントム・スレッド』場面カット|写真9 『ファントム・スレッド』場面カット|写真10 『ファントム・スレッド』場面カット|写真11 『ファントム・スレッド』場面カット|写真12 『ファントム・スレッド』場面カット|写真13 『ファントム・スレッド』場面カット|写真14 『ファントム・スレッド』場面カット|写真15 『ファントム・スレッド』場面カット|写真16 『ファントム・スレッド』場面カット|写真17 『ファントム・スレッド』場面カット|写真18 『ファントム・スレッド』場面カット|写真19 『ファントム・スレッド』場面カット|写真20 『ファントム・スレッド』場面カット|写真21 『ファントム・スレッド』場面カット|写真22 『ファントム・スレッド』場面カット|写真23 『ファントム・スレッド』場面カット|写真24 『ファントム・スレッド』場面カット|写真25 『ファントム・スレッド』場面カット|写真26

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』オリジナル版の続編をジェイソン・ライトマン監督で描く
2022.2.4(金) 公開予定
映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』オリジナル版の続編をジェイソン・ライトマン監督で描く
2022年公開予定の“注目”映画一覧 - 洋画・邦画・アニメ・実写化・マーベル作品など
2022年公開予定の“注目”映画一覧 - 洋画・邦画・アニメ・実写化・マーベル作品など
映画『コーダ あいのうた』家族の中で“一人だけ”健聴者の少女は「歌うこと」を夢見た、爽快な感動作
2022.1.21(金)
映画『コーダ あいのうた』家族の中で“一人だけ”健聴者の少女は「歌うこと」を夢見た、爽快な感動作
映画『マトリックス レザレクションズ』キャリー=アン・モスにインタビュー、トリニティーの“心”への愛
映画『マトリックス レザレクションズ』キャリー=アン・モスにインタビュー、トリニティーの“心”への愛
“ダニエル・アーシャム×ポケモン”東京5会場で展覧会 - ショートアニメや彫刻、ペインティングも
2022.2.5(土)~2022.2.26(土) 開催予定
“ダニエル・アーシャム×ポケモン”東京5会場で展覧会 - ショートアニメや彫刻、ペインティングも

スケジュール

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』“音だけ”で真実を暴くサスペンススリラー、ピエール・ニネ主演
2022.1.21(金)
映画『ブラックボックス:音声分析捜査』“音だけ”で真実を暴くサスペンススリラー、ピエール・ニネ主演
映画『コーダ あいのうた』家族の中で“一人だけ”健聴者の少女は「歌うこと」を夢見た、爽快な感動作
2022.1.21(金)
映画『コーダ あいのうた』家族の中で“一人だけ”健聴者の少女は「歌うこと」を夢見た、爽快な感動作
映画『真夜中乙女戦争』主演キンプリ永瀬廉×池田エライザ×柄本佑、作家Fの小説「真夜中乙女戦争」映画化
2022.1.21(金)
映画『真夜中乙女戦争』主演キンプリ永瀬廉×池田エライザ×柄本佑、作家Fの小説「真夜中乙女戦争」映画化
映画『前科者』岸善幸監督で人気漫画が実写化、有村架純が犯罪者と向き合う“保護司”に&森田剛も出演
2022.1.28(金)
映画『前科者』岸善幸監督で人気漫画が実写化、有村架純が犯罪者と向き合う“保護司”に&森田剛も出演
映画『ノイズ』藤原竜也×松山ケンイチW主演、孤島が舞台のサスペンス漫画が実写化へ
2022.1.28(金)
映画『ノイズ』藤原竜也×松山ケンイチW主演、孤島が舞台のサスペンス漫画が実写化へ
 スケジュール一覧