menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』なにわ男子 道枝駿佑×福本莉子、“号泣”恋愛小説を実写化

小説『今夜、世界からこの恋が消えても』が映画化。なにわ男子の道枝駿佑、福本莉子をW主演に迎え、2022年7月29日(金)に公開される。

“号泣”ラブストーリーが実写映画化

『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真5

小説『今夜、世界からこの恋が消えても』は、『君は月夜に光り輝く』などを輩出した電撃小説大賞の2019年受賞作品。冒頭からは全く予想できないストーリー展開と結末が涙を誘う感動作だ。

物語の鍵を握るのは、眠りにつくと記憶を失ってしまう、実在する難病「前向性健忘」を患ったヒロインと、そんな彼女を献身的に支えるも、自らも大きな秘密を隠し持っている主人公。2人の儚くも切ない愛の物語が、映画『今夜、世界からこの恋が消えても』(通称:セカコイ)としてスクリーンにやってくる。

<映画『今夜、世界からこの恋が消えても』あらすじ>

明日、僕を忘れてしまう君と忘れられない恋をした。

僕の人生は無色透明だった。真織と出会うまでは――。クラスメイトに流されるまま、彼女に仕掛けた嘘の告白。しかし彼女は“お互い絶対に本気で好きにならないこと”を条件にその告白を受け入れた。そうして始まった偽りの恋。やがてそれが偽りとは言えなくなったころ――僕は知る。

「病気なんだ私。前向性健忘って言って、夜眠ると忘れちゃうの。一日にあったこと、全部」

彼女はその日の出来事を日記に記録して、朝目覚めたときに復習することで何とか記憶をつなぎとめていた。その日ごとに記憶を失ってしまい、明日が来ることを恐れながら生きる彼女と、一日限りの恋を積み重ねていく日々。しかし僕には真織に伝えていないことがひとつだけある。だから、真織の幸せを守るために、僕は“ある作戦”を立てた。

なにわ男子 道枝駿佑×福本莉子がW主演

『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真1

■主人公・神谷透...道枝駿佑(なにわ男子)

一家の太陽のような存在だった母を亡くし、バラバラになった家族を気に掛けつつも無気力に生きる高校
生。クラスメイトのいじめを止めるため、同級生の女子・日野真織に嘘の告白をするが予想を外れて付き合うことになる。「前向性健忘」を患う真織と献身的に向き合うが、幸せな日常は長く続かず...透が真織の幸せを守るために仕組んだ“ある作戦”とは―?

主人公を演じるのは、2021年に待望のCDデビューを果たした「なにわ男子」のメンバーであり、日本テレビ系日曜ドラマ「金田一少年の事件簿」の5代目金田一一役で、ドラマ単独初主演を務める道枝駿佑。『今夜、世界からこの恋が消えても』は、待望の初主演映画となる。

『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真2

■ヒロイン・日野真織...福本莉子

高校1年生の時に交通事故に遭い、眠りにつくと記憶を失ってしまう「前向性健忘」を患うヒロイン。日記に1日の出来事を書き留め、朝早く起きて復習することで記憶をつなぎとめている。

ヒロインを担当するのは、2016年開催の第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞し、『思い、思われ、ふり、ふられ』、『君が落とした青空』で主演を務める福本莉子。道枝駿佑と恋人役でW主演を飾る。

その他の登場人物&キャスト

『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真3

綿矢泉(古川琴音)…真織の頼れる親友。真織が「前向性健忘」を患っていることを理解している数少ない人物。当初は、いきなり告白してきた透を怪しんでいたが、透と接するうちに誤解が解けていく。2人を見守り、応援する良き理解者となるが、それゆえに2人の未来を大きく左右することに。物語の鍵を握る重要人物。

『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真4

神谷早苗(松本穂香)…透の姉。父親とのわだかまりを抱え、家を出ているが、そんな家に残してしまった透を気に掛けている。
日野浩司(野間口徹)…真織の父。「前向性健忘」を患う娘を一人心配し、妻・敬子と共に献身的に接する。
日野敬子(水野真紀)…真織の母。娘を常に気に掛け、夫の浩司と共に真織に寄り添う。
神谷幸彦(萩原聖人)…透の父。妻を亡くし、目指していた小説家の夢も挫折。自堕落な日々を過ごしている。
透の母(野波麻帆)
下川(前田航基)…透の友人。透が真織に嘘の告白をするきっかけとなる人物。三枝から嫌がらせを受けている。
三枝(西垣匠)…透や下川のクラスメイト。下川への嫌がらせを止めようとした透に対し、真織に告白するようけしかける。

監督は三木孝浩

監督は、『僕等がいた 前篇・後篇』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など数々の恋愛映画を手掛けてきた三木孝浩。脚本は、『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』の月川翔、『明け方の若者たち』の松本花奈がタッグを組む。

音楽は亀田誠治

音楽は、東京事変のメンバーとしても活躍する音楽プロデューサー・亀田誠治。映画『』で第44回日本アカデミー賞・優秀音楽賞にもノミネートされた亀田誠治が、どのような音楽で映画を彩るのか注目したい。

Photos(6枚)

『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真1 『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真2 『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真3 『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真4 『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真5 『今夜、世界からこの恋が消えても』場面カット|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す

関連用語