menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示

静岡市立芹沢銈介美術館では、開館40周年記念展─秋編─「芹沢銈介の日本」を、2021年10月9日(土)から12月12日(日)まで開催する。

芹沢が愛した日本の四季・手仕事・風景に着目

「八雲村道文着物」1955年 柏市蔵
「八雲村道文着物」1955年 柏市蔵

芹沢銈介(せりざわ けいすけ)は、静岡市生まれの染色家であり、民藝運動に携わったことでも知られる。生涯の師・柳宗悦と、沖縄の染物・紅型(びんがた)との出会いを契機に、型染を中心とする染色の道を歩み始めた芹沢は、従来の染色の枠組みに囚われない創意あふれる作品を次々と制作。1956年には重要無形文化財「型絵染」の保持者として、人間国宝に認定された。

「四季曼荼羅図二曲屏風」1971年 柏市蔵
「四季曼荼羅図二曲屏風」1971年 柏市蔵

芹沢銈介が寄贈した作品など約5,800点を所蔵する静岡市立芹沢銈介美術館では、開館40周年を記念して、四季それぞれになぞらえた4回の展覧会を開催。その秋編となる企画展「芹沢銈介の日本」では、芹沢が愛した日本の四季、手仕事、そして風景をテーマにした代表作約150点を展示する。

四季にちなんだ型染作品

「苗代川春景」1943年頃 静岡市立芹沢銈介美術館蔵
「苗代川春景」1943年頃 静岡市立芹沢銈介美術館蔵

芹沢がもっとも好んだ作品の主題のひとつが四季であり、四季それぞれにちなんだ作品ばかりでなく、4つの季節を取り込んだ作品や、「春夏秋冬」の4文字を散りばめた作品なども手がけた。本展では、「四季曼荼羅図二曲屏風」や「苗代川春景」をはじめ、四季のモチーフを型染で表現した芹沢の作品を紹介する。

日本の手仕事や風物

「箕図二曲屏風」1957年頃 静岡市立芹沢銈介美術館蔵
「箕図二曲屏風」1957年頃 静岡市立芹沢銈介美術館蔵

芹沢はまた、日本の手仕事や職人の世界をこよなく愛した。地方独特の風土から生まれる素材や用途、職人の動きや手さばき、工房のたたずまいや道具類、そして村の風景などを観察し、スケッチして作品のモチーフとした。会場では、「箕図二曲屏風」など、日本の手仕事や風物に取材した作品を目にすることができる。

芹沢が収集した工芸品も

「獅子頭」東北地方
「獅子頭」東北地方

さらに、芹沢が日本各地で収集した工芸品にも着目。芹沢は収集品を常に身辺に置き、自身の作品のヒントやモチーフにもしていた。本展では、染織から絵画、木工、陶磁器、漆器、玩具まで、多岐にわたる日本工芸を展示する。

展覧会概要

静岡市立芹沢銈介美術館開館40周年記念展─秋編─「芹沢銈介の日本」
会期:2021年10月9日(土)〜12月12日(日)
会場:静岡市立芹沢銈介美術館
住所:静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
休館日:月曜日、11月4日(木)・24日(水)
開館時間:9:00〜16:30
観覧料:一般 420円(370円)、高校生・大学生 260円(200円)、小学生・中学生 100円(80円)
※( )内は30名以上の団体料金
※未就学児、静岡市内在住の70歳以上および小中学生(通学含む)は無料
※障がい者手帳などの提示により、本人および同伴者1名は無料

【問い合わせ先】
静岡市立芹沢銈介美術館
TEL:054-282-5522

Photos(9枚)

「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真1 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真2 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真3 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真4 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真5 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真6 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真7 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真8 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真9

Photos(9枚)

「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真1 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真2 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真3 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真4 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真5 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真6 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真7 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真8 「芹沢銈介の日本」静岡市立芹沢銈介美術館で - 日本の四季や手仕事に着目、型染など約150点を展示|写真9

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
2021.9.11(土)~2021.11.14(日)
「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
2021.9.18(土)~2021.11.7(日)
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
日本のモダンデザインの先駆者・杉浦非水の展覧会、島根県立石見美術館で - ポスターなど約300点を展示
2021.9.11(土)~2021.11.14(日)
日本のモダンデザインの先駆者・杉浦非水の展覧会、島根県立石見美術館で - ポスターなど約300点を展示
企画展「フィリア─今 道子」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で、幻想的なイメージに満ちた写真作品を展覧
2021.11.23(火)~2022.1.30(日) 開催予定
企画展「フィリア─今 道子」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館で、幻想的なイメージに満ちた写真作品を展覧
“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示
2021.11.23(火)~2022.1.30(日) 開催予定
“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示

スケジュール

「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
2021.10.26(火)~2022.1.30(日)
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
 スケジュール一覧