menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. インタビュー

登場人物たちと同じ高校時代、浜辺さんはどのような学生生活を送られていましたか。

高校時代はお仕事をしつつ、芸能コースがある高校に通っていました。なので、学校のイベントとかにあまり参加していなくて。どうしてもお仕事のことを優先して生活してしまっていたので、ちょっと勿体無いことしたなというか、もう少し頑張ればもっと楽しい高校生活を送れていたかもと、今回改めて高校生の役を演じて思いましたね。

文化祭のシーン
文化祭のシーン

でも、今回、エキストラの高校生の方々との文化祭のシーンがあったんです。その撮影が本当の文化祭なんじゃないかってくらい盛り上がって、学生の青春を味わえた気がしました。とても楽しくて、印象的な現場でした。

では、浜辺さんの今までの人生の中で最も青春を感じた時期はいつでしたか。

中学時代はすごく楽しい学生生活でした。私は吹奏楽部に所属してフルートをやっていたのですが、部員みんなで土日も学校に行って練習して、ご飯食べて、遊んで、みたいな。青春でしたね(笑)

中高一貫校だったので、フルートが上手な高校生の先輩を見て、その人に憧れたりして…キラキラしている人や時間で溢れていました。

幼い頃の夢と“女優”

浜辺美波 インタビュー|写真3

今回演じられた朱里は通訳になるという夢を持っていましたが、浜辺さんの子供の頃の夢は何でしたか?

周りがお花屋さんやケーキ屋さんになりたいと言う時期に、私は歯医者さんになりたいと思っていました。(笑)

自分の虫歯が多かったのも理由の一つですが、歯医者さんになりたいってと言ったらお母さんが喜んでくれて。それで結構長い間、歯医者さんになることが夢でしたね。その後、『シルクドソレイユ』を観てからサーカス団員にも憧れて、芸能界に入るまではそのどちらにするかで迷っていました。

浜辺美波 インタビュー|写真13

女優というお仕事を志したのはいつ頃からでしたか?

母の勧めでオーディションを受けてデビューしたので、私自身が元々女優というお仕事自体に興味があってこの業界に入った訳ではないんです。

なので、ちゃんと女優をお仕事にしていくことを決めたのはデビューした後でした。『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』というドラマ作品で、ヒロインを演じさせて頂いた中学2年生の頃ですね。

映画『屍人荘の殺人』より
©2019『屍人荘の殺人』製作委員会
映画『屍人荘の殺人』より
©2019『屍人荘の殺人』製作委員会

当時ヒロインを演じさせて頂いて、楽しかったというよりも圧倒的に反省点が多かったことがすごく悔しくて。その時に、ちゃんと自分でも納得して、自信や誇りを持てるような女優さんになりたいと思ったのがきっかけです。

それから、女優というお仕事で生きていくと明確に決心しました。なので、高校も東京で芸能のお仕事が出来る学校を選んで、全く迷い無く決めて進学しましたね。

『映画 賭ケグルイ』『屍人荘の殺人』など、映画では振れ幅のある様々な役どころを演じられていますが、演技をする上で常に意識していることを教えてください。

作品のイメージと自分のイメージを一致させるということですね。作品のテンション感とか雰囲気とか、何となく「この作品は“何色”なんだろう」とかをよく考えます。

『映画 賭ケグルイ』より
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会
映画 賭ケグルイ』より
©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

例えば『賭ケグルイ』ならギラギラした赤、『思い、思われ、ふり、ふられ』は薄い水色のようなイメージが自分の中にあるんです。その自分の中のイメージと作品の雰囲気をすり合わせて、演技で自分のイメージが出すぎないように調整していきます。

今後はどのような女優を目指していきたいですか。

映画『アルキメデスの大戦』より
©2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 ©三田紀房/講談社
映画『アルキメデスの大戦』より
©2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 ©三田紀房/講談社

一番の目標は長く演技を続けるということです。

それ以外で言うと、もっと演じる役に寄り添えるような女優さんになりたい。演じる役の考え方とか感情を、もっと豊かに、柔らかく表現出来るようになりたいです。そして、お芝居を見て頂く方々の感情を動かせていけたらいいなと思っています。

浜辺美波 インタビュー|写真4

作品情報

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』〈実写版〉
公開時期:2020年8月14日(金)
原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社「別冊マーガレット」連載)
監督:三木孝浩
脚本:米内山陽子、三木孝浩
出演:浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二

©2020 映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 ©咲坂伊緒/集英社

Photos(17枚)

浜辺美波 インタビュー|写真1 浜辺美波 インタビュー|写真2 浜辺美波 インタビュー|写真3 浜辺美波 インタビュー|写真4 浜辺美波 インタビュー|写真5 浜辺美波 インタビュー|写真6 浜辺美波 インタビュー|写真7 浜辺美波 インタビュー|写真8 浜辺美波 インタビュー|写真9 浜辺美波 インタビュー|写真10 浜辺美波 インタビュー|写真11 浜辺美波 インタビュー|写真12 浜辺美波 インタビュー|写真13 浜辺美波 インタビュー|写真14 浜辺美波 インタビュー|写真15 浜辺美波 インタビュー|写真16 浜辺美波 インタビュー|写真17

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

「ファッション業界」を描くドキュメンタリー映画特集、モード界で波乱の人生を歩むデザイナーたち
「ファッション業界」を描くドキュメンタリー映画特集、モード界で波乱の人生を歩むデザイナーたち
2021年公開<邦画の注目作>を一気にチェック!人気漫画の実写映画からアニメ作品まで
2021年公開<邦画の注目作>を一気にチェック!人気漫画の実写映画からアニメ作品まで
2021年公開「おすすめホラー&スリラー映画」邦画&洋画の“恐怖のウォッチリスト”
2021年公開「おすすめホラー&スリラー映画」邦画&洋画の“恐怖のウォッチリスト”
【2021年公開】おすすめミステリー&サスペンス映画特集 - コナン新作や話題の洋画など
【2021年公開】おすすめミステリー&サスペンス映画特集 - コナン新作や話題の洋画など
2022年公開予定の「ミステリー・サスペンス映画」どんでん返しが待ち構える?!話題の洋画&邦画
2022年公開予定の「ミステリー・サスペンス映画」どんでん返しが待ち構える?!話題の洋画&邦画

スケジュール

ジム・ジャームッシュの特集上映が渋谷・吉祥寺・池袋ほか全国で、初期3部作から最新作まで12本
2021.9.18(土)~2021.10.1(金)
ジム・ジャームッシュの特集上映が渋谷・吉祥寺・池袋ほか全国で、初期3部作から最新作まで12本
「第13回 下北沢映画祭」ジャンルレスな映画コンペ&『街の上で』『ざわざわ下北沢』を特別上映
2021.9.18(土)~2021.9.20(月)
「第13回 下北沢映画祭」ジャンルレスな映画コンペ&『街の上で』『ざわざわ下北沢』を特別上映
映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチがスパイに、核戦争を回避せよ
2021.9.23(木)
映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチがスパイに、核戦争を回避せよ
ムロツヨシ初主演、映画『マイ・ダディ』娘を男手ひとつで育てる牧師の“愛”の物語
2021.9.23(木)
ムロツヨシ初主演、映画『マイ・ダディ』娘を男手ひとつで育てる牧師の“愛”の物語
映画『オアシス:ネブワース1996』オアシス“伝説の野外ライブ”を追体験できるドキュメンタリー
2021.9.23(木)
映画『オアシス:ネブワース1996』オアシス“伝説の野外ライブ”を追体験できるドキュメンタリー
 スケジュール一覧