menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”

特別展「開館50周年 超・名品 展」が、神戸の兵庫県立美術館にて2020年6月2日(火)から6月7日(日)まで開催される。尚、観覧には事前予約が必要。

“名品”とは何だろう?

柳瀬正夢《五月の朝と朝飯前の私》1923年 油彩・キャンバス 武蔵野美術大学 美術館・図書館 蔵
柳瀬正夢《五月の朝と朝飯前の私》1923年 油彩・キャンバス 武蔵野美術大学 美術館・図書館 蔵

美術に対する捉え方は、時とともに変化する。新たな名作が発見されることがあれば、解釈が変わることで評価が高まることもあり、逆に“オーラ”が減ることで評価の核心が捉えづらくなることもある。「開館50周年 超・名品 展」は、日本の近代絵画約100点を通して、美術作品の「名品」とは何か、そしてどのような可能性を持つかに迫る展覧会だ。

名品は時代とともに

和田三造《南風》1907年 油彩・キャンバス 東京国立近代美術館 蔵 重要文化財
和田三造《南風》1907年 油彩・キャンバス 東京国立近代美術館 蔵 重要文化財

何を「名品」とするかは、時代とともに変化してきた。本展では、今のわたしたちにとっても身近な焼き豆腐を描いた高橋由一《豆腐》や、重要文化財である和田三造《南風》など、調査や研究により再評価された作品や、変わらぬ魅力を発し続ける作品などを中心に展示する。

大正期の作家像と作品

佐伯祐三《リュクサンブール公園》1927年 油彩・キャンバス 田辺市立美術館 蔵
佐伯祐三《リュクサンブール公園》1927年 油彩・キャンバス 田辺市立美術館 蔵

また大正期からは、個性派の作家や、1980年代中盤以降の研究で評価を高めた新しい傾向の作品を紹介。柳瀬正夢の《五月の朝と朝飯前の私》や、パリでの生活のなかで描かれた佐伯祐三《リュクサンブール公園》などとともに、作品と作家像の関係性へも光をあてる。

大衆に支持された昭和の“名品”

安井仲治《公園》1936年 ゼラチンシルバープリント・紙 個人蔵(兵庫県立美術館寄託)
安井仲治《公園》1936年 ゼラチンシルバープリント・紙 個人蔵(兵庫県立美術館寄託)

続く昭和期には、大衆に支持されることで巨匠や大家が現れることとなった。会場では、着物を着た女性を緻密に描いた安井曾太郎《座像》といった絵画のみならず、安井仲治《公園》など当時大衆の人気を集めた写真や版画もおり交ぜて紹介する。

名品の“現在”

草間彌生《No.B White》1959年 油彩・キャンバス 千葉市美術館 蔵
草間彌生《No.B White》1959年 油彩・キャンバス 千葉市美術館 蔵

さらに展覧会の終盤では、草間彌生の《No.B White》や、日本のポップアートの代表作ともいえる篠原有司男《女の祭》など、戦後から1970年代までの作品を展示。ある作品を「名品」と呼ぶこと自体、美術における権威を生み出し、それを維持してしまう。そうしたなかで本展は、「名品」という言葉を超えて、作品へと直に向き合うことができる機会を提供してくれるだろう。

展覧会概要

特別展「開館50周年 超・名品 展」
会期:2020年6月2日(火)~6月7日(日)〈事前予約制〉
※観覧には兵庫県立美術館公式ウェブサイトにて事前予約が必要。詳細は公式ウェブサイトに記載。
※兵庫県立美術館は2020年3月20日(金)から臨時休館していたが、6月2日(火)以降再開。
会場:兵庫県立美術館 企画展示室
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
開館時間:10:00〜18:00※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日
観覧料:一般 1,300円、大学生 900円、70歳以上 650円、障がい者 一般 300円 / 大学生 200円、高校生以下 無料
※価格はいずれも税込
※70歳以上および障がい者は、会期中の当日、館内券売所でのみ販売
※障がい者1名につき、介護の方1名は無料
※コレクション展は別途観覧料が必要(本展とあわせて観覧する場合は割引あり)
※主な販売場所:阪神(当日一般のみ)、近鉄主要駅、JTB レジャーチケット(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ 当日券 0253241)

【問い合わせ先】
兵庫県立美術館
TEL:078-262-0901(代)

Photos(9枚)

特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真1 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真2 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真3 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真4 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真5 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真6 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真7 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真8 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真9

Photos(9枚)

特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真1 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真2 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真3 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真4 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真5 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真6 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真7 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真8 特別展「超・名品 展」兵庫県立美術館で、草間彌生など日本の近代作品約100点から探る“名品とは?”|写真9

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
2022.2.5(土)~2022.2.27(日) 開催予定
現代日本の工芸美を探る「和巧絶佳展」パナソニック汐留美術館で、舘鼻則孝ら12人の作家を紹介
アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介
2022.1.29(土)~2022.4.10(日)
アーティゾン美術館のコレクション展 - 古代から印象派、現代まで、所蔵作品の代表作約170点を紹介
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
2022.1.26(水)~2022.4.17(日)
「再開記念展 松岡コレクションの真髄」東京・松岡美術館で - 東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の名品を紹介
コンセプチュアル・アーティスト、松澤宥の回顧展が長野県立美術館で - 言語による作品や「プサイの部屋」再現
2022.2.2(水)~2022.3.21(月) 開催予定
コンセプチュアル・アーティスト、松澤宥の回顧展が長野県立美術館で - 言語による作品や「プサイの部屋」再現
埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目
2022.2.5(土)~2022.5.15(日) 開催予定
埼玉県立近代美術館の開館40周年記念展 - 美術館の活動の歴史を紹介、黒川紀章による建築にも着目

スケジュール

堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
2022.1.19(水)~2022.2.20(日)
堀清英の写真展が銀座シャネル・ネクサス・ホールで、アレン・ギンズバーグ着想の作品や初公開の新作など
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
2022.1.19(水)~2022.3.27(日)
企画展「シンガポール・スタイル1850-1950」福岡で、東南アジアで開花したファッションの変遷
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
2022.1.21(金)~2022.3.25(金)
展覧会「THE HEROES ⼑剣×浮世絵」東京ほかで、ボストン美術館所蔵の武者絵&名⼑を一挙公開
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
2022.1.21(金)~2022.3.27(日)
「ムーミンコミックス展」長崎県美術館で、トーベ・ヤンソンのスケッチや弟ラルスの原画など約280点
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
2022.1.22(土)~2022.3.13(日)
企画展「ミニマル/コンセプチュアル」愛知県美術館で、60-70年代の美術動向を18作家の活動から紹介
 スケジュール一覧