menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察

グループ展「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」が、国立新美術館 企画展示室2Eにて2020年1月11日(土)から2月16日(日)まで開催される。なお、開催日のうち初日の1月11日(土)は無料で入場可能だ。

“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品

佐藤 雅晴《福島尾行》2018  個人蔵
佐藤 雅晴《福島尾行》2018 個人蔵

「DOMANI・明日展」は、若手アーティスト育成のため、文化庁が実施している「新進芸術家海外研修制度(在研)」の成果発表の場として掲載される展覧会。22回目を迎える今回は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催年冒頭に、国が展開する「日本博2020」のプログラムに参画する特別版として開催される。

藤岡 亜弥《川はゆく》2017
藤岡 亜弥《川はゆく》2017

「傷ついた風景の向こうに / Landscapes in Our Age: Scarred and Reborn」をテーマに掲げ、多世代から精選した、国際的に知名度の高い作家から新進作家まで11名の作品が会場に集う。

石内 都《Scars#26 illness 1961》1999 東京国立近代美術館蔵
石内 都《Scars#26 illness 1961》1999 東京国立近代美術館蔵

展覧会は、石内都の「傷跡」シリーズを展示するプロローグからはじまり、5つのテーマを経てエピローグを迎える。特に大きなテーマとなるのは、日本が、世界が経験したなんらかの被災。例えば、長崎の歴史の影に光を当て、作家自身の過去をさかのぼった森淳一の《山影》や、「原爆ドーム」を目印に数々の写真家が名作を残した広島の爆心地まわりを、「川」からとらえた藤岡亜弥の写真作品などだ。

森 淳一《山影》(部分)2018 撮影:宮島径
森 淳一《山影》(部分)2018 撮影:宮島径

また、こうした戦争や環境問題のような人為的災い、地震や風水害といった天災により生じた“傷痕”だけでなく、作家の死後もなお人々の心傷ついても生き残り、再生・継続する力強い姿を映し出す作品も展示。これら作品から、過去を見つめ直し、時間の経過を感じることで、自分にとっての“明日”を考察していく。

【詳細概要】

DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに
会期:2020年1月11日(土)~2月16日(日)
休館日:毎週火曜日(2月11日(火・祝)は開館、12日(水)は休館)
開館時間:10:00~18:00、毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
観覧料:一般 1,000円(800円)、大学生 500円(300円)
※価格は税込み
※( )内は前売および20名以上の 団体料金(団体券は国立新美術館でのみ販売)
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料
※障害者手帳持参で(付添1名含む)入場無料
※前売券は、展覧会ホームページ、ローソンチケット(Lコード:32559)、イープラスで購入可。(2019年12月1日(日)から2020年1月10日(金)までの販売。以降は当日券のみの取扱い。手数料がかかる場合あり。
※国立新美術館で同時開催中の展覧会および公募展のチケット、またはサントリー美術館、森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)提示の場合、団体料金で観覧可。

Photos(10枚)

国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像1 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像2 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像3 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像4 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像5 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像6 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像7 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像8 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像9 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像10

Photos(10枚)

国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像1 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像2 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像3 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像4 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像5 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像6 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像7 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像8 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像9 国立新美術館「DOMANI・明日展2020」“傷痕と再生”11人の有名・気鋭作家の作品から明日を考察 画像10

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
苺デザートビュッフェ特集<2021全国版>予約必至、東京・大阪ほか高級ホテルや人気レストランのプラン
苺デザートビュッフェ特集<2021全国版>予約必至、東京・大阪ほか高級ホテルや人気レストランのプラン
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
<2021年>おすすめ音楽アーティスト、スポティファイが選ぶ注目株を人気楽曲と共に紹介
<2021年>おすすめ音楽アーティスト、スポティファイが選ぶ注目株を人気楽曲と共に紹介

スケジュール

特集展示「東アジアを駆け抜けた身体」千葉・国立歴史民俗博物館で、日本・台湾の“近代化とスポーツ”を辿る
2021.1.26(火)~2021.3.14(日)
特集展示「東アジアを駆け抜けた身体」千葉・国立歴史民俗博物館で、日本・台湾の“近代化とスポーツ”を辿る
風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開
2021.1.26(火)~2021.3.28(日)
風景画家・吉田博の展覧会が東京都美術館で - 水の流れ、光の移ろいを捉える木版画を一挙公開
「こわくて、たのしいスイスの絵本展」神戸ファッション美術館で、“グリム童話”の挿絵など作品約150点
2021.1.30(土)~2021.3.28(日)
「こわくて、たのしいスイスの絵本展」神戸ファッション美術館で、“グリム童話”の挿絵など作品約150点
岐阜県美術館「1894 Visions ロートレックとその時代」展、絵画など約200点から探る世紀末
2021.1.30(土)~2021.3.14(日)
岐阜県美術館「1894 Visions ロートレックとその時代」展、絵画など約200点から探る世紀末
金沢・国立工芸館「うちにこんなのあったら展」ドレッサーや富本憲吉など、デザイン&工芸の作品約150点
2021.1.30(土)~2021.4.15(木)
金沢・国立工芸館「うちにこんなのあったら展」ドレッサーや富本憲吉など、デザイン&工芸の作品約150点
 スケジュール一覧