menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など

展覧会「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」が、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて2019年10月12日(土)から12月23日(月)まで開催される。

リヒテンシュタイン侯爵家の絵画や陶磁器

ペーテル・パウル・ルーベンスと工房 《ペルセウスとアンドロメダ》 1622年以降、油彩・キャンヴァス、所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
ペーテル・パウル・ルーベンスと工房 《ペルセウスとアンドロメダ》 1622年以降、油彩・キャンヴァス、所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」は、世界で唯一、君主である侯爵家の家名が国名となっているリヒテンシュタインの、個人コレクションが一堂に会する貴重な機会。500年以上前から収集活動を始めたリヒテンシュタイン侯爵家による、世界屈指のコレクションから、優雅な至宝が展示される。

ヤン・ブリューゲル(父)《市場への道》 1604年、油彩・銅板、
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
ヤン・ブリューゲル(父)《市場への道》 1604年、油彩・銅板、
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

展示されるのは、リヒテンシュタイン侯爵家秘蔵のルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)を含む北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画と、ヨーロッパでも有数の貴族の趣向が色濃く反映された、ウィーン窯を中心とする陶磁器、合計約130点だ。

クラーナハ(父)やルーベンスの宗教画など

ルーカス・クラーナハ(父)《聖バルバラ》 1520年以降、油彩・板、所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
ルーカス・クラーナハ(父)《聖バルバラ》 1520年以降、油彩・板、所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

会場には、クラーナハ(父)の《聖バルバラ》 やルーベンスの《聖母を花で飾る聖アンナ》をはじめとする宗教画や、ルネサンス期に再び芸術の主題として取り上げられるようになった神話画、事実に基づいて象徴的に描かれた歴史画が集結。アルプスの雄大な山々を描いた、風景画も登場する。

花を題材にした絵画や作品

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー 《磁器の花瓶の花、燭台、銀器》 1839年、油彩・板、所蔵:リヒテンシュタイン 侯爵家コレクョン、ファドゥーツ/ウィーン
フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー 《磁器の花瓶の花、燭台、銀器》 1839年、油彩・板、所蔵:リヒテンシュタイン 侯爵家コレクョン、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

ヨーロッパの静物画の中で、特に人気の主題とされていたのは“花”。“花”を描いた静物画は、銅版画や磁器の絵柄として描かれたものも含めて、数多く収蔵されている。鮮やかな色彩で描かれた、フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーの《磁器の花瓶の花、燭台、銀器》 は、細やかな描写によって様々な質感を描き分けているのが見て取れる。みずみずしく鮮やかな花々、東洋の衣装を感じさせる花瓶、下に置かれた白いジャスミンの花などを印象的に表現している。

華やかな磁器

ウィーン窯・帝国磁器製作所、ゾルゲンタール時代(1784-1805)
《カウニッツ=リートベルク侯ヴェンツェル・アントンの肖像のある嗅煙草入》 1785年頃、磁器、
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
ウィーン窯・帝国磁器製作所、ゾルゲンタール時代(1784-1805)
《カウニッツ=リートベルク侯ヴェンツェル・アントンの肖像のある嗅煙草入》 1785年頃、磁器、
所蔵:リヒテンシュタイン侯爵家コレクション、ファドゥーツ/ウィーン
© LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

さらに、中国や日本など、東洋から流入した磁器も登場。東洋風の彩色や模様に、ヨーロッパ人の好みに合わせて金属装飾を施した、華やかな意匠の作品を揃える。さらに、ウィーンの磁器工房で製作された磁器からは、技巧を凝らした優美なデザインを感じ取ることができる。細やかな装飾を施した、嗅煙草入れ、カップ&ソーサーなどが展示される。

【詳細】
建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展
開催期間:2019年10月12日(土)~12月23日(月)
※10月15日(火)、11月12日(火)、12月3日(火)のみ休館
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで) ※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
料金:一般 1,600円(1,400円)、大学・高校生 1,000円(800円)、中学・小学生 700円(500円)
※( )内は前売・団体料金
※団体は20名以上。
※学生券を購入する場合は、学生証の提示が必要(小学生は除く)。
※未就学児は入場無料。
※前売券は2019年10月11日(金)まで販売。

Photos(17枚)

「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像1 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像2 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像3 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像4 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像5 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像6 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像7 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像8 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像9 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像10 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像11 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像12 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像13 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像14 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像15 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像16 「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」渋谷で、ルーベンスやクラーナハの油彩画など 画像17

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト33選-人気店や名店を網羅
原宿の古着屋ベスト33選-人気店や名店を網羅
代官山の古着屋 20選 - ヨーロッパ&アメリカ ヴィンテージのお店を総特集
代官山の古着屋 20選 - ヨーロッパ&アメリカ ヴィンテージのお店を総特集
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内・都内近郊おでかけ情報 - デートや観光にも最適なおすすめイベントスケジュール
東京都内・都内近郊おでかけ情報 - デートや観光にも最適なおすすめイベントスケジュール
渋谷・原宿・表参道周辺のおでかけ美術館・ギャラリー&公園イベント情報スケジュール
渋谷・原宿・表参道周辺のおでかけ美術館・ギャラリー&公園イベント情報スケジュール

スケジュール

『くまのプーさん』の絵画展示販売会「HUNNY展」東京・大阪・福岡・愛知で開催
8月22日(木)~8月26日(月)開催
『くまのプーさん』の絵画展示販売会「HUNNY展」東京・大阪・福岡・愛知で開催
展覧会「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」京都文化博物館で、“キモカワ”な日本美術の名品など
8月25日(日)~9月29日(日)開催
展覧会「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」京都文化博物館で、“キモカワ”な日本美術の名品など
企画展「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」京都で、英泉・広重の初摺版画
8月27日(火)~10月20日(日)開催
企画展「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」京都で、英泉・広重の初摺版画
「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」東京・大阪で、ウィーン世紀末芸術の主要作品来日
8月27日(火)~12月8日(日)開催
「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」東京・大阪で、ウィーン世紀末芸術の主要作品来日
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」大阪・国立民族学博物館で、人魚・龍・天狗のアートや民族資料
8月29日(木)~11月26日(火)開催
特別展「驚異と怪異―想像界の生きものたち」大阪・国立民族学博物館で、人魚・龍・天狗のアートや民族資料
 スケジュール一覧