menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. インタビュー

映画『空母いぶき』かわぐちかいじ原作コミック実写化、西島秀俊&佐々木蔵之介が危機に立ち向かう自衛官に

かわぐちかいじのベストセラーコミック『空母いぶき』が実写映画化され、2019年5月24日(金)に全国で公開される。西島秀俊、佐々木蔵之介が共演。

かわぐちかいじの累計500万部突破コミックを実写化

原作『空母いぶき』は、『沈黙の艦隊』『ジパング』など話題作を手掛けてきたかわぐちかいじによる、累計500万部突破のベストセラーコミック。2014年より『ビッグコミック』にて連載がスタートし現在も継続中の人気作だ。

オリジナルのストーリーで綴る、熱き戦い

西島秀俊 インタビュー|写真1

映画化に伴い、映画『空母いぶき』ではオリジナルの設定で展開。航空機搭載型護衛艦《いぶき》とその乗員たちを中心に、政府、メディア、そして国民たちが、それぞれの立場・思いで、この国が保ち続けた“平和”を守ろうとする熱き闘いを繰り広げる。

そのとき、彼らは何を考えどのような選択をするのか…。この映画が捉えるのは、登場人物一人一人の決断が作る「明日の日本の姿」である。

ストーリー

20XX年12月23日未明ー日本を未曾有の事態が襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸。わが国の領土が占領された。

直ちに現場へ駆けつけたのは、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》率いる第5護衛隊群。艦長・秋津竜太一佐(西島秀俊)と副長・新波歳也二佐(佐々木蔵之介)率いる第5護衛隊群が、現場海域へと向かうと、待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には、敵の空母艦隊の姿も。

想定を越えた戦闘状態に突入していく中、政府はついに「防衛出動」を発令。ここから、戦後日本が経験したことのない24時間から始まる。息もつかせぬ、手に汗握るドラマの先に待っているものとは…。

西島秀俊×佐々木蔵之介が共演

西島秀俊 インタビュー|写真3

主演・西島秀俊と佐々木蔵之介は対象的なキャラクターで描かれる。『人魚の眠る家』『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の西島秀俊が演じるのは、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「空母いぶき」の艦長・秋津竜太一佐。元航空自衛隊のエースパイロットでありながら、最年少の一佐として海上自衛隊に転属し艦長に抜擢。平和のためには武力の行使も辞さないという覚悟を貫いている。

西島秀俊 インタビュー|写真2

一方、『嘘八百』『超高速!参勤交代 リターンズ』の佐々木蔵之介が演じる、新波歳也は海上自衛隊一筋。正当防衛以外の攻撃は封印することを信念にもち「空母いぶき」の副長として秋津の下につく。

苦悩の中で対立する2人だが、実は防衛大学同期でトップを争った古くからの仲間だった。

西島秀俊×佐々木蔵之介にインタビュー

映画『空母いぶき』の公開に先駆け、西島秀俊×佐々木蔵之介にインタビューを行った。

西島秀俊 インタビュー|写真13

Q.西島さんは、演じられた艦長・秋津竜太をどのような人物だと捉えていますか。

西島:秋津は元エースパイロット。実際に空自(=航空自衛隊)の方に色々とお話を聞く機会があったのですが、優秀なパイロットの条件を尋ねてみると、「判断力が早い」こと、そして「素直」であることが条件として挙がってきました。

音速で飛んでいる中で判断をする必要がある。求められるのは、ベストな判断を時間をかけてくだすよりも、ベターな判断を瞬時にくだすこと。そして、上手くいくことを信じて進む、どんな状況でも落ち着いて素直にまっすぐものを見れることが大切だと知りました。

ですから、元パイロットとしてのまっすぐさ、素直さが出ればいいなと。

同時に、秋津は、普通の空自の人とは違う“超人”なのですから。いま起きていることではなく、もっと先を見て常に行動している。すごく特殊な人間であることをうまく表現しようと思いました。

西島秀俊 インタビュー|写真8

Q.秋津竜太を堀り下げていく中で見つけた、彼の魅力は?

西島:「何か大きな一線を超えるときは、自分の責任にする」という意識があるように僕は捉えました。同じ男として信頼できるなと思いました。

秋津は一切説明しないので、作中では、周りの人たちから「何でこの人、急にこんなこと言うんだろ」って思われています。しかし、パイロットに重責を負わせるとき、誰かに大きなハードルを越えてもらうとき。否応なく超えなくちゃいけない一線になる前に、自分が命令することで責任を自分で負う人物だと感じていました。

佐々木:あのプレッシャーは大変だと思いますよ。海自の中で一人だけ空自の出身。「なんでそんな決断するの?」っていうジャッジをじっとやり続けなくてはいけない。

すごい役と格闘しているなって見ていましたが、動じないところが西島さんの素晴らしいところ。いつも冷静沈着ですよ。ストンと立ってくれている。やはり艦長であり、座長だなと思いました。

Photos(20枚)

西島秀俊 インタビュー|写真1 西島秀俊 インタビュー|写真2 西島秀俊 インタビュー|写真3 西島秀俊 インタビュー|写真4 西島秀俊 インタビュー|写真5 西島秀俊 インタビュー|写真6 西島秀俊 インタビュー|写真7 西島秀俊 インタビュー|写真8 西島秀俊 インタビュー|写真9 西島秀俊 インタビュー|写真10 西島秀俊 インタビュー|写真11 西島秀俊 インタビュー|写真12 西島秀俊 インタビュー|写真13 西島秀俊 インタビュー|写真14 西島秀俊 インタビュー|写真15 西島秀俊 インタビュー|写真16 西島秀俊 インタビュー|写真17 西島秀俊 インタビュー|写真18 西島秀俊 インタビュー|写真19 西島秀俊 インタビュー|写真20

関連ニュース

キーワードから探す

関連用語

ピックアップ

映画『前科者』岸善幸監督で人気漫画が実写化、有村架純が犯罪者と向き合う“保護司”に&森田剛も出演
2022.1.28(金)
映画『前科者』岸善幸監督で人気漫画が実写化、有村架純が犯罪者と向き合う“保護司”に&森田剛も出演
2022年公開予定の映画<洋画編>人気アニメ&マーベル最新作や話題の実写化ミステリー
2022年公開予定の映画<洋画編>人気アニメ&マーベル最新作や話題の実写化ミステリー
映画『ミラクルシティコザ』桐谷健太が伝説のロックンローラーに?!70年代沖縄へタイムスリップ
2022.2.4(金) 公開予定
映画『ミラクルシティコザ』桐谷健太が伝説のロックンローラーに?!70年代沖縄へタイムスリップ
2022年公開予定の「ミステリー・サスペンス映画」どんでん返しが待ち構える?!話題の洋画&邦画
2022年公開予定の「ミステリー・サスペンス映画」どんでん返しが待ち構える?!話題の洋画&邦画
映画『コーダ あいのうた』家族の中で“一人だけ”健聴者の少女は「歌うこと」を夢見た、爽快な感動作
2022.1.21(金)
映画『コーダ あいのうた』家族の中で“一人だけ”健聴者の少女は「歌うこと」を夢見た、爽快な感動作

スケジュール

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』“音だけ”で真実を暴くサスペンススリラー、ピエール・ニネ主演
2022.1.21(金)
映画『ブラックボックス:音声分析捜査』“音だけ”で真実を暴くサスペンススリラー、ピエール・ニネ主演
映画『コーダ あいのうた』家族の中で“一人だけ”健聴者の少女は「歌うこと」を夢見た、爽快な感動作
2022.1.21(金)
映画『コーダ あいのうた』家族の中で“一人だけ”健聴者の少女は「歌うこと」を夢見た、爽快な感動作
映画『真夜中乙女戦争』主演キンプリ永瀬廉×池田エライザ×柄本佑、作家Fの小説「真夜中乙女戦争」映画化
2022.1.21(金)
映画『真夜中乙女戦争』主演キンプリ永瀬廉×池田エライザ×柄本佑、作家Fの小説「真夜中乙女戦争」映画化
映画『前科者』岸善幸監督で人気漫画が実写化、有村架純が犯罪者と向き合う“保護司”に&森田剛も出演
2022.1.28(金)
映画『前科者』岸善幸監督で人気漫画が実写化、有村架純が犯罪者と向き合う“保護司”に&森田剛も出演
映画『ノイズ』藤原竜也×松山ケンイチW主演、孤島が舞台のサスペンス漫画が実写化へ
2022.1.28(金)
映画『ノイズ』藤原竜也×松山ケンイチW主演、孤島が舞台のサスペンス漫画が実写化へ
 スケジュール一覧