menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ビューティ   /  
  4. イベント

「ディオール アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で

    Page:
  • 1
  • 2

ディオール(Dior) アート オブ カラー展」が日本へ。ディオール ビューティーのカラーへの情熱と歴史を紐解く展覧会が、2018年4月12日(木)から21日(土)まで東京・神宮前のSO-CAL LINK GALLERYで開催される。

「アート オブ カラー」とは?

ディオールの「アート オブ カラー」とは、12色のカラーをインスピレーションに作り出したアーティストやクリエイターたちの作品を収めたアートブック。書籍の中には、ディオール メイクアップ ディレクター ピーター・フィリップスの作品をはじめ、これまでディオール ビューティーの歴史を刻んできたアーティストの作品、クロード・モネやパブロ・ピカソといった有名芸術家の作品、さらには日本になじみ深い浮世絵までが一緒に収録されている。

ディオールとアートの関係

実は、ディオールとアートの関係性は古く、ムッシュー(クリスチャン・ディオール)の時代まで遡る。彼は「自身の作品の配色や色選びには、哲学的、科学的な理論の影響は受けていない」と話していたが、美術史への造詣が深く、特に19世紀後半から20世紀初期にかけての近代芸術運動を好んだ。中でも、彼の心を刺激したのは、キュビズムやドイツ表現主義の一派「ブラウエ ライター」。

オートクチュール コレクションデビューのずっと前、1928年には芸術家の友人たちとともに、アートギャラリーをパリに構えたほど、アートに関心が高かった。

ブランド設立以降、ファッションシーンで第一線を引っ張てきたディオールであるが、同時にアートとの関係性も育んできた。その中でも「アート オブ カラー」は、“アートの切り口からビューティーの歴史を紐解く”というメゾンにとっての新しい試み。

2016年10月に刊行されて以降、ニューヨーク、アルル、ドバイ、ソウル、上海と世界中の都市で「アート オブ カラー」にまつわる展覧会が行われ、2018年4月ついにここ東京で最終章を迎える。

ディオール ビューティーの歴史

そもそもディオールが、ビューティー部門での活躍をスタートしたのは1949年。フランス・パリのアヴェニュー・モンテーニュ本店で口紅「ルージュ ディオール」<限定品>を発売したのが始まりだ。

深い紅色で染め上げられたリップは、当時のディオール ニュールックと相性抜群。絶対的なフェミニニティを体現するものとして、一躍注目を浴びた。

1967年にセルジュ・ルタンスがアーティスティック イメージディレクターに就任し、10年以上に渡ってディオール ビューティーを引っ張ってきた。その後、1980年にティエンが抜擢されアーティスティック イメージディレクターへ。そして今日、ディオール ビューティーの素晴らしさを表現するのはピーター・フィリップス。ディオール ビューティーの歴史は、3人の歴代アーティストによって築き上げられてきた。

「アート オブ カラー」展のみどころ

東京で行われる「アート オブ カラー」展では、3人の歴代アーティスティック ディレクターにフォーカス。写真、映像、音源と3つの視点から彼らの作品を紹介し、色の解釈について紐解いていく。

会場は大きく3つのブースに分けられていて、入口を抜けるとまず出迎えてくれるのは、現在のディオールを引っ張るピーターの作品群。メゾンのアイコン「ルージュ ディオール 99」にオマージュを捧げた、新作チークからインスピレーションを得た「赤」の3部作が最初のもてなしだ。

会場内へ歩みを進めると様々な色に出会うことが出来る。女性たちを輝かせたいと願う、ピーターの純粋な思いを捉えることが出来るだろう。

続くのはティエン。パリ・オペラ座のフェイス デザイナーからキャリアをスタートさせ、バレエ作品を数多く手がけたティエンは、ピーターとはまた一味違った色の解釈と、メイクアップの遊び心に気づかせてくれる。

Photos(23枚)

「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像1 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像2 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像3 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像4 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像5 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像6 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像7 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像8 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像9 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像10 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像11 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像12 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像13 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像14 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像15 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像16 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像17 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像18 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像19 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像20 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像21 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像22 「ディオール  アート オブ カラー」ビューティの歴史を“12色のカラー”で紐解く展覧会が東京で 画像23

関連ニュース

キーワードから探す

ブランドプロフィール

関連用語

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト31選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
原宿の古着屋ベスト31選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
箱根のおすすめ美術館情報 - 展覧会の開催スケジュール&展示アート作品も
箱根のおすすめ美術館情報 - 展覧会の開催スケジュール&展示アート作品も
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品
“新版画”を楽しめる展覧会2021〈東京ほか〉川瀬巴水や吉田博など、美術館での開催情報&展示作品

スケジュール

アネッサ21年夏“トーンアップ”も叶う薬用美白UVジェル、ラベンダーピンクカラーで美肌補正
2021.6.21(月)
アネッサ21年夏“トーンアップ”も叶う薬用美白UVジェル、ラベンダーピンクカラーで美肌補正
RMK21年夏コスメ第2弾、60年代着想の“ポップ”なカラフルリップグロス&寒色ネイル
2021.6.21(月)
RMK21年夏コスメ第2弾、60年代着想の“ポップ”なカラフルリップグロス&寒色ネイル
クレ・ド・ポー ボーテ21年夏“洗うたびにうるおう”濃密泡洗顔&クレンジングウォーター
2021.6.21(月)
クレ・ド・ポー ボーテ21年夏“洗うたびにうるおう”濃密泡洗顔&クレンジングウォーター
エリクシール21年夏の薬用美白美容液「スポットクリアセラム WT」速攻ケアで“つや玉”輝く肌へ
2021.6.21(月)
エリクシール21年夏の薬用美白美容液「スポットクリアセラム WT」速攻ケアで“つや玉”輝く肌へ
“ポップなメンズコスメ”ボッチャン新作、“ぷるぷる”モチ肌シートマスク&1dayネイル
2021.6.21(月)
“ポップなメンズコスメ”ボッチャン新作、“ぷるぷる”モチ肌シートマスク&1dayネイル
 スケジュール一覧