ホーム > ニュース > 映画 > アニメ映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』静野孔文&瀬下寛之の描く、3部作シリーズ第2章

アニメ映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』静野孔文&瀬下寛之の描く、3部作シリーズ第2章

史上初、3部作で描かれることが決定した“アニメーション映画”としての「ゴジラ」。第1章『GODZILLA 怪獣惑星』の公開日に合わせて、第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が2018年5月よりロードショーされることが決定した。

第1章『GODZILLA 怪獣惑星』では人類が帰還してから2万年が経過し、ゴジラを頂点とする生態系に変わり果てた地球を舞台に、ゴジラに正面攻撃を仕掛けるホバー部隊による空中戦、大地を焼き尽くす爆撃戦など、人類とゴジラの死闘が繰り広げられていた。続く第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』では、都市機構がすべて荒廃したはずの2万年後の地球に遺された“都市”が何を示すのかが暴かれる。

映画『GODZILLA 怪獣惑星』、小説『GODZILLA 怪獣黙示録』で湧き出た“謎”が、本作で明かされるのか。『GODZILLA 怪獣惑星』の中で、人類が密かに開発していた対ゴジラ決戦兵器「メカゴジラ」とは一体何なのか。今後、明らかになる作品情報に目が離せない。

なお、第1章から引き続き、監督は、『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』でシリーズ最高63.1億円の興行収入を叩きだした静野孔文と、TVアニメ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』などで知られるCG作品の名手・瀬下寛之の2人が務める。

【詳細】
『GODZILLA 決戦機動増殖都市』 
公開時期:2018年5月全国公開
監督:静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス)
制作:ポリゴン・ピクチュアズ
©2018 TOHO CO., LTD.

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

アニメ映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』静野孔文&瀬下寛之の描く、3部作シリーズ第2章 画像1

ニュースデータ

日時:2017-11-17 12:00