ホーム > ニュース > 映画 > ソフィア・コッポラ監督作、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』

ソフィア・コッポラ監督作、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』

ソフィア・コッポラ監督最新作の映画『The Beguiled/ビガイルド欲望のめざめ』が、2018年2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開となる。

ソフィア・コッポラの新境地、ダークな女性像を描く

ソフィア・コッポラ監督の長編劇映画第6作目となる『The Beguiled/ビガイルド欲望のめざめ』は、1966年にトーマス・P・カリナンが発表した同名小説「The Beguiled」を原作にしている。物語の舞台は、南北戦争期アメリカの男子禁制の女学園。負傷した北軍兵士を女学園にかくまったことから、性へ過敏になった女性たちに競争心が芽生え、学園内の均衡が崩れていくというスリラーが描かれている。

1971年にドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演の『白い肌の異常な夜』として映画化されているが、『The Beguiled/ビガイルド欲望のめざめ』ではシーゲル監督の作品とは異なり、“女性の登場人物の視点から描いた作品”だとしている。また、これまでのソフィアの作品に見られた、女性のポップでガーリーな魅力とは一転して、女性のダークな一面を垣間見ることができるという。

ニコール・キッドマンら豪華キャスト

キャスト陣にはソフィア映画史上最も豪華ともいえる面々が集まった。女学院の園長役にニコール・キッドマン、小悪魔な生徒役にエル・ファニング、恋に恋する純粋な教師役をキルスティン・ダンストを起用。そして、負傷兵役をコリン・ファレルが演じる。

2017年5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭では、ソフィア・コッポラが監督賞を受賞。また、女学園の校長を演じたニコール・キッドマンが第70回記念名誉賞に輝いている。

ストーリー

アメリカ南部の世間から隔絶された女子寄宿学園に暮らす美しき女性7人。ある日、負傷した北部の敵兵に遭遇し屋敷へと運び手当をする。女性に対し紳士的でかつ美しい男性と触
れ合う中で、誰もが彼に心を奪われていく。しかし、次第に彼女たちは情欲と危険な嫉妬に支配されてしまう。秩序を守るか、欲望を取るか、彼女たちが最後に下した決断とは―

作品詳細

『The Beguiled/ビガイルド欲望のめざめ』
公開日:2018年2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開
監督:ソフィア・コッポラ
キャスト:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニング
2017/アメリカ/93分/英語/ヨーロッパビスタ/ドルビーデジタル/原題:The Beguiled
提供:東北新社配給
©2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

ソフィア・コッポラ監督作、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 画像1
ソフィア・コッポラ監督作、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 画像2
ソフィア・コッポラ監督作、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 画像3
ソフィア・コッポラ監督作、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 画像4
ソフィア・コッポラ監督作、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 画像5

ニュースデータ

日時:2017-11-24 17:00